昔からの消臭剤!ミョウバン水を使ってみよう!
2016.07.20 [Wed] 22:36

maru.jpg

もちろん、脇汗を制汗するのにミョウバンは効きます

ミョウバン水は、古くから天然のデオドラント剤として

世界各地で使用されていました。

現在でも誰でも自宅で簡単に作ることができます。

市販の消臭・制汗剤よりも効果が持続するという女性も多く、

朝出かける前にミョウバン水をつけ、

そのまま夜自宅に帰るまでのまる1日、

みごとに効果が持続する人も少なくないようです。


最近のオーガニック化粧品のブームも手伝って、

ミョウバン水は天然化粧品として、こ

こ数年ほど前から人気があります。


【菌の発生を抑える作用】

脇臭や足の臭いなどの体臭は、

汗などの分泌物を表皮の細菌が分解することに

よって発生します。

しかし、ミョウバンは水に溶けると酸性になるため、

細菌の増殖を抑制し、臭いを抑えることができます。

このように、ミョウバン水はワキガ対策にもなるのです。


【汗を抑える作用】

科学的根拠に欠けますが、ミョウバンは臭いの素となる

汗を抑える作用があります。


【臭いを消す作用】

臭いの原因である汗の成分はアルカリ性ですが、

酸性のミョウバンと化学反応することで臭いを

中和し消臭します。

とくに、悪臭の原因であるアンモニアはアルカリ性なので、

このミョウバンと強く反応するため臭いを消すことができます。


【肌を引き締める作用】

ミョウバンにはお肌を引き締める作用があります。

収斂作用によって肌を形成しているたんぱく質から

緻密な保護膜を作ることで、

お肌の表面にある角質層をツルツル、スベスベに

引き締めてくれます。


これらの効用のおかげでミョウバンは脇汗に効くのです。









ミョウバン水の作り方!これで手軽に消臭・制汗!
2016.07.20 [Wed] 22:38

ミョウバン水は、脇や足の臭いを消す消臭効果があります。

ミョウバン水原液 500mℓの作り方。

用意するもの
焼きミョウバン:15〜20g(大匙1杯で10g程度)
水道水:500mℓ

1)焼きミョウバンを容器に入れる。

2)400mℓの水を入れて良くかき混ぜる。

3)溶けきれないミョウバンが残っていますが よくかき混ぜてから
ペットボトルに残りの水 を入れてさらにかき混ぜる。

4)ペットボトルの蓋をきっちり締めて

良く振ってまぜて冷暗所に2〜3日放置すると 原液が完成します。


作り始めは 白く濁っていますが 徐々に溶けて無色透明になります。

水はミネラルウォーターでなく、水道水を使います。

ミョウバン水は 冷暗所保存しましょう。

使用する時は 原液を 10倍から30倍に薄めて使用して下さい。

肌が弱い人は 使い初めは薄めにして使用して下さい。

これで、脇や足の消臭に使えるミョウバン水のできあがりです。




副作用は怖くないの?ミョウバン水のデメリットは?
2016.07.20 [Wed] 22:42


薄めたミョウバン水には副作用はあまり考えられません。


焼きミョウバンには、消臭効果と制汗効果あります。

昔から消臭剤や制汗剤として使われています。


過剰にミョウバン成分を口から体内に取り入れると

あまり好ましくありません。


しかし、薄めた焼きミョウバンを数回、スプレーするだけであれば

あまり副作用は考えられません

気になるわきの汗やワキガをノックアウト!ミョウバン水のスゴワザ
2016.07.20 [Wed] 22:44

ミョウバンは、脇汗だけでなく、脇の臭いも

シャットアウトしてくれます。

このミョウバンを化学的に言うと、

カリウムや鉄、アルミニウムなどの

金属イオンが硫酸塩として結ばれた複塩のことです。

市販されているものは合成で作られたものですが、

自然界にも存在し、薬湯の成分としても有名です。

では、ミョウバンにはどのような効果があるのでしょうか?

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。

臭いの元となる細菌はアルカリ性を好みますが、

皮膚の表面をミョウバンで酸性にすることで

細菌の繁殖を抑えることができます。

そのうえ、抗菌作用だけでなく殺菌作用もあるため、

結果として臭いの軽減にも役立ちます。

また、ミョウバンはトラブル肌を

ケアする化粧水にも活用されるなど、

優れた収れん作用もあり、メカニズムに諸説ありますが、

制汗作用もあると言われています。

肌を収縮させることにより、汗の出を抑えることになるのです。

ミョウバンの消臭効果と制汗作用が優れているのです。


肌の黒ずみをなくしたい!ミョウバン水に効果あり!?
2016.07.20 [Wed] 22:45




残念ながら、ミョウバン水には肌の黒ずみを直してくれる

効果はありません。

ひざの黒ずみの原因は、刺激によるメラニン色素の沈着です。

メラニンは、紫外線や刺激から

お肌を守るために生成されます

通常は、お肌の新陳代謝であるターンーバーにより

自然になくなります。

ターンオーバーは、新しい細胞が生まれて、

角質となって落ちるまで 約28日の期間を言います。

但し、加齢や体調変化などでうまくいかなくなると、

色素沈着してシミや黒ずみになります。

日焼けによるシミも同じです。

ひざをついたりすることが多いとそれが刺激になります。

ですから、まず、そうした刺激をなくすことが重要です。

肌の黒ずみ徹底攻略!こうしてわきや鼻の黒ずみを治せ!
2016.07.20 [Wed] 22:47

肌の黒ずみに一番効くのは、ピーリングです。

肌の黒ずみの原因は主に3つが考えられます。

1 メラニンの生成と定着

2 ターンオーバーの乱れ

3 ホルモンバランスの乱れ

肌黒ずみを解消するには、ターンオーバーを正常化させることが大事であり、

効率的なのが、ピーリングなのです。

古い角質を溶かすことで、新しい皮膚が再生されやすくなります。

しかし、ただ単にピーリング剤を使えば良いと言うわけではありません。

毛穴パックよりも、肌への負担は少ないものの、

全く負荷が無いと言う訳ではないのです。

刺激に対して、乾燥しやすい肌状態になってしまうので、

ピーリングケアした後は、必ず保湿ケアをしましょう。



危険なクレンジングの誤り!その洗顔があなたの鼻の黒ずみを加速する
2016.07.20 [Wed] 22:47

毎日何度もクレンジングをするのは、

あまりよくありません。

クレンジングは1日1回で十分です。

必要な皮膚の脂分まで落としてしまうので

クレンジングのやり過ぎには注意すべきです。

肌にしっかりなじませれば

汚れが浮いてきちんと落ちるはずです。

むしろ、クレンジング後の保湿の方が大事です。

保湿剤を使ってきちんと肌をいたわってあげましょう。

鼻の黒ずみよりもニキビが気になるのなら、

皮膚科でのケミカルピーリングをするのもよいかもしれません。



気になるひざの黒ずみ いったいどうやったら白くなるの?
2016.07.20 [Wed] 22:54


洗う際にゴシゴシこすったりすると刺激で却って悪化します。

石鹸をよく泡立てて優しく丁寧に洗いましょう。

そして、十分にすすぎます

お風呂上がりは、ボディローションでたっぷりと保湿をします

こうした毎日の地道なケアの継続が美肌への道です

ひじやひざに美白化粧品を使ってもお金がかかるだけで、

ほとんど効果はありません

美白化粧品の成分は、メラニンの生成を邪魔する働きだからです。

しみや黒ずみの予防にはなりますが、

出来てしまったものを消すことは出来ないからです

ターンオーバーの活性化のために

十分な睡眠、 栄養バランス、適度な運動

この3つを心がけましょう。

まず、睡眠。

美肌に必要な新しい細胞は、睡眠中に作られます。

睡眠には深いノンレム睡眠と浅いレム睡眠があります。

新しい細胞はノンレム睡眠の間に作られます。

特にゴールデンタイムは夜10時から深夜2時です。

ですから、美肌のためには早寝早起きです。

次に栄養バランスです。

新しい細胞を作るためには栄養が必要です

お肌にいいのは、おもに以下です

ビタミンC・・淡色野菜

ベータカロチン・・緑黄色野菜

ビタミンE、ビタミンB群・・肉、魚、卵、大豆製品

ごはんや麺類などの炭水化物、甘いものを

減らしてこれらのものをとるようにしましょう

そして運動です。

美肌のためには、新陳代謝や血行促進も重要。

そのためには有酸素運動が効果的です。

ウォーキング、ジョギングなど

有酸素運動を15分以上する運動を習慣にしましょう。

⇒ あなたの鼻の黒ずみは大丈夫?



えっ!肌の黒ずみはニキビにも影響?いちご鼻とさよならしたければ〇〇
2016.07.20 [Wed] 22:55

鼻は、その皮膚環境からニキビができやすい箇所です。

鼻はニキビの原因となる皮脂が多く分泌される場所です。

しかし毛穴が比較的大きいので、

皮脂が詰まりにくいはずなのですが、

顔の中でも飛び出した形状となっているため、

つい手が触れて雑菌が

つきやすい上、紫外線の影響も受けやすいという

デメリットがあります。

これが、はなの黒ずみの原因となります。

さらにニキビができると目立つ場所なだけに、

ついファンデーションや

コンシーラーで隠してしまい、

皮脂と混ざって毛穴に詰まりがちです。

つまりニキビの菌(アクネ菌)が

繁殖するのに好都合な環境になっています。

また紫外線は活性酸素を含んでいるため、

ニキビを酸化させる作用もあります。

そうなると鼻の黒ずみにつながり、

いわゆる「イチゴ鼻」になってしまいます。

鼻にニキビ跡を作らないためには、

過剰な皮脂分泌を抑えることと、

UV対策をしっかりおこなうこと大事です。

紫外線はメラニンの生成定着につながるため、

鼻の黒ずみを促進してしまいます。