実践英会話エキサイティングな一日

July 15 [Mon], 2013, 21:07
アメリカへ向かった初日の鮮明な思い出話。27歳の時、仕事を退職し、経験したかったアメリカ留学へ。もちろん、全て一人旅。初日は、名古屋からポートランドを経由し、デンバーへ向かう移動のみであったが、私にとっては大きな冒険。名古屋からポートランドまではデルタ航空でのフライトであったが、担当のフライトアテンダントはもちろんアメリカ人。何とか食事の選択や、飲み物の注文などをクリアした。ポートランドからデンバーへ向かう際は、隣に座ったアメリカ人女性(年配の方)から、日本人ですか?から始まり、いろいろと話しかけられたが、これも何とかクリアした。日本で勉強した「小林克也のアメリ缶」は実践的な良い教材だと感じながら、デンバーに到着。しかし、迎えに来るはずの宿泊予定のホリデーインのバスが来ていない。こんな事はよくあるという話を、航空チケットを購入したJTBの方が言っていたのを思い出す。空港内に戻ると、運よく各ホテルへの直通回線があり、ホリデーインを見つけ、早速電話した。「今日予約しているXXXと言いますが、迎えのシャトルが来ていません。バス停4番で待っているので、シャトルをお願いします。」と。通じた様で、「直ぐにシャトルで迎えに行きます。」との事。その間、とても不安な気持ちであったが、その約20分後、ホリデーインのシャトルが来て、無事、ホテルに辿り着くことができた。今でも鮮明な記憶が残っている、エキサイティングな初日であった。
http://www.thedizzyrooster.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:口太郎
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gooddaysun/index1_0.rdf