【 更新情報 】

スポンサードリンク

アンダーアーマーの歴史

アンダーアーマーの歴史を知っていますか?実はアメリカのブランドです。

メリーランド州のボルチモアで生まれ設立10年で急成長した会社です。創業者はメリーランド大学のアメリカン・フットボールの選手であったケビン・ブランクです。ブランド名の由来はあたかも自分の皮膚の下に「第二の皮膚」がるような密着した、アスリートの鎧をイメージしているそうです。

そもそもはケビン・ブランクがアメフトの練習中にコットンの練習着では汗でベトベトして非常に動きづらい。というところからスタートして、「選手の能力を最大限に発揮できるような、もっと高機能なウェアを開発したい」という熱い思いが実現したのです。

現在のアンダーアーマーの契約選手はゴルフでは伊澤利光、谷口拓也、増田伸洋など。野球ではそうそうたるメンバーで阿倍慎之助、福留孝介、多村仁、新垣渚、中島裕之などです。スキーでも皆川賢太郎なども契約しています。

アンダーアーマー、ゴルフ編

アンダーアーマーは野球やサッカー、などいろいろなスポーツ選手、アスリートが着用していますが、ゴルフ部門でも非常に需要が高くなってきました。

現在では、アンダーアーマーの公式ホームページを見てみると伊沢利光さんがメインキャラクターに起用されていますね。谷口拓也もサブ的に起用されています。

ホームページを見てびっくりしました。それは、デジタルカタログの出来の良さにです。マウスでドラッグ&ドロップすると本当にカタログをめくっているようにスムーズに、次々とページをめくれるのです。この気持ちよさはやってみないとわかりませんよ。「アンダーアーマー カタログ」で検索するとすぐに見れますので、是非、やってみてください。

野球編のカタログでは、西武ライオンズの中島選手が起用されています。それと、巨人の阿部慎之介捕手も乗っていました。それと、今シーズンの去就が注目されている、福留選手も登場します。アンダーアーマーのカタログを見ていて、思うのは、とにかく豪華の一言です。お金かけてますねえ!!

アンダーアーマーに激安はあり得ない!?

アンダーアーマーに激安を求めてはいけません。

せめて、安売りを求めてアウトレットなどを探すのが賢明でしょう。最近では郊外に大型アウトレットモールが続々とオープンしています。やはり、足で稼ぐのが昔からの1番の方法でしょう。

そんな面倒くさいことはごめんだという人は「アンダーアーマー 楽天」で探すのが良いかも。やはり、楽天かと思う人も多いでしょうが、楽天をなめてはいけませんよ。ゴールドギア、ジャージ、バッティンググローブなどありとあらゆるものが買えますからね。

アンダーアーマーの写真を見ていると、モデルのマネキンか本物の人間がきているのかはわかりませんが、すごくいい筋肉をしていますよね。あれはちょっと間違ったら、つっこんでしまいかねない、筋肉です。たまに笑いそうになります。ただ、顔や腕は写っていません。本当にアンダーアーマーだけしか写っていません。おもしろいですね。
こんな事を書いていたら、また新しいアンダーアーマーが欲しくなってきました。次はウォームアップジャケットでも買おうかな。

アンダーアーマーに安売りさえあれば?!

アンダーアーマーって安売りしませんが、モノは間違いなく1番だと思っています。冬になると寒さ対策でアンダーアーマーを購入する人が良くいますが、私なんかは1年中、着用しています。

私は野球にサッカーにゴルフにとスポーツ大好き人間ですが、スポーツをする時は必ずアンダーアーマーにお世話になります。まだ、いろいろ試していた頃は、ミズノのブレスサーモやスポーツデポやスポーツオーソリティなどのアンダーウエァを試しましたがどれもぱっとせず、結局アンダーアーマーになりました。安売りで売っている、スポーツデポやスポーツオーソリティでも良かったんですが、あのフィット感がやはり最高ですね。


今年もアンダーアーマーの福袋、欲しかったんですが、結局、モノはすでに揃っているので買いに行かず。あ〜、横着な自分に嫌気がさします。アンダーアーマーの福袋、今年はどんなだったか、買った人は教えてくださいな!
P R