卒論4 

July 13 [Sun], 2008, 11:01
4.4. Procedure
To pick up about 20 extroverted and 20 introverted subjects, first, students in two
classrooms answer EPI. Second, researcher visits the two classrooms, when it is English class
for three weeks (9 classes each) to conduct classroom observation. Researcher takes note, who voluntary answered and so on (I’ll check what should be focused on when I observe.) After the observation finishes, researchers pick up about 20 extroverted students and 20 introverted students running EPI and the result from classroom observation. In the third week, the extroverted and introverted students are asked to participate in the oral interview and reading test. These tests are conducted on different day.
After evaluating these tests, to find out the relationships, SPSS is used. To investigate RQ from (1) to (4), the Pearson Correlation is carried out for extroversion and the overall speaking skills, each aspect of speaking skills (pronunciation, fluency, grammar) overall reading skills and each aspect of reading skills (grammar, vocabulary, comprehension). If there is not significant correlation, a chi-square test is run. In this analysis, all variables is divided into three according to the English tests and the degree of extroversion.


References

・Busch, D. (1982) Introversion-Extroversion and the EFL Proficiency of Japanese Students. Language Learning, 32. 109-132.
・Ellis, R. (1994). The study of Second Language Acquisition. pp.517-693.
・Miura, S. (三浦省五). (1983). 『英語学習の意欲』大修館:東京
・Shirahata, T., Muranoi, H., Tomita, Y., & Wakabayashi, S. (白畑知彦・村野井仁・冨田祐一・若林茂則). (1999). 『英語教育用語辞典』東京: 大修館
・Strong, M. (1983) Social Styles and the Second Language Acquisition of Spanish-Speaking Kindergartners. TESOL QUARTERLY. 17. 241-258.
・Suzuki, K. (鈴木清). (2002). 『人間理解の科学―心理学への招待―(第2版)』京都:ナカニシヤ出版.
・Wakamoto, N. (若本夏美). (2005) パーソナリティー要因が外国語学習に与える影響について:日本人英語学習者へのMyers-Briggs Type Indicator (MBTI)の利用可能性. 『同志社女子大学学術研究年報』56. 135-139.
(2007) 学習者の外向性特性と外国語学習:外向性は本当に愛されない要因なのか. 『同志社女子大学総合文化研究所紀要』24.185-189.
・Yashima, T. (八島智子). (1997) 外向性、内向性と外国語学習に関する一考察 −アメリカに留学する高校生の調査より. Language Laboratory, 34, 93-105.
(2003). 第二言語コミュニケーションと情意要因 「言語使用不安」と「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度」についての考察. 『関西大学外国語教育研究』5, 81-93.  
・日本英語検定協会 http://www.eiken.or.jp/about/index.html (2008年7月現在)



卒論3 

July 13 [Sun], 2008, 11:00
3. Purpose
The purpose of this study is to investigate learners’ extroversion-introversion with EPI plus classroom observation and find out whether there are any relationships between extroversion and English speaking skills (pronunciation, fluency, grammar, overall speaking skills) and reading skills (grammar, vocabulary, comprehension).


4. Method
4.1. Research Questions
Research questions are, as for extroverted learners and introverted learners,
(1) Which type of learners perform better in overall speaking skills?
(2) Which type of learners perform better in which aspect of speaking skills (pronunciation, fluency, grammar)?
(3) Which type of learners perform better in overall reading skills?
(4) Which type of learners perform better in which aspect of reading skills?

4.2. Subjects
40 second grade of junior high school students.

4.3. Materials
To measure extroversion-introversion, the major questionnaire EPI is used (but it costs a lot, and I’m finding short version of EPI or considering another questionnaire). To get certain data, researcher visits the subjects and conduct classroom observation. Researcher takes note or records the classes with a video camera if it’s possible.
Oral interview and reading tests are based on STEP. As for oral interview each subjects has an interview about for 10 minutes. In this interview, they are given a picture card and some short paragraph writing about the picture. Each variable is evaluated with 5 point scale. The interview is recorded with a video camera. As for reading test, subjects are asked to do STEP in 10 minutes. There are three kinds of questions; (1) fill in the blank with correct word: 5 questions, (2) put words to make a grammatical sentence in the order: 5 questions and (3) reading some paragraph and answer a few questions about the text: 2 texts and each have two or three questions. Every questions has one point, therefore 15 points is the highest score.

卒論2 

July 13 [Sun], 2008, 10:57
2. Previous Studies
Yashima (1997) investigated the correlation between extroversion and English proficiency (listening, writing, and speaking skills), and there was no correlation between extroversion and the three skills. She conducted two tests: as for listening and writing, Secondary Level English Proficiency Test (SLEP), and as for speaking, American who majored in TESL and taught English at university in Japan interviewed participants one by one for 10 or 15 minutes. Participants of the study were all Japanese high school students who studied abroad in America for one year, in addition their age, years of English learning experience, and motivation were controlled to be similar. She mentioned because of English learning environment in Japan, since English was a foreign language, learners had little chance to face the target language outside of English classes and they could not control their amount of input and output of the language by themselves.
Busch (1982) conducted two tests, YTEP and oral interview. As the results, extroversion had no positive correlation with any aspects of the tests, but had negative relationships with English pronunciation, grammars and vocabularies in the YTEP and grammars in the interview significantly. She concluded this is due to the characteristic of extroversion. One of the characteristics of extroversion is impulsiveness, so extroverted learners did not pay attention to making mistakes. She also found positive correlation of extroversion and overall speaking skills (pronunciation and fluency) in male learners, but did not found any correlation of these two in female learners. She explained this result that although the number of males was much less than females (17:63), “ the situation factor may also explain why introversion-extroversion was significant factor for males, but not females, in attaining oral proficiency. personality studies have shown that there are no basic, significant differences in personality between Japanese men and women (DeVos and Wagatsuma, 1970). However, role behavior allows men to be more dominant and assertive, while women have to find a means of self-expression indirectly within the structure of the female role.”(p.130) Wakamoto (2007) referenced to this that in Masculinity-Femininity community such as Japan, the “behavior role” means much more.
Yashima (2003) reviewed some previous studies dealt with English learners of native Japanese, including the studies noted above, and those studies had no positive correlation between extroversion and four skills, that is reading, speaking, listening, and writing. Then, she concluded that this result would be because of English education in Japan which had carried out little communicative classes. In such a learning environment, if students spoke English spontaneously, they would not be got few praise, therefore extroverted learners could not exert their characteristics. From her analysis, it can be said that more communicative classes are good to bring out good points of extroverted learners, which is speaking skill. The participants of Busch (1982), however, regardless of investigated more than twenty years ago, they attended communicative classes, and there were no significant difference between extroversion and introversion except for regroup by sex. Also, other studies which were investigated in naturalistic setting (e.g. Suter 1977) resulted in negative correlation between extroversion and English pronunciation skills, so whether learners have many opportunities to speak in English ( that means communicative class) or not is out of scope of this study.
This study uses eight variables ( pronunciation, fluency, grammar, overall speaking skills from oral interviews , and grammar, vocabulary, reading , and overall tests from STEP) in Busch (1982). In this study, reading is called comprehension because the results of STEP is called reading skills.

卒論 

July 13 [Sun], 2008, 10:55
お久しぶりです。
今日提出のリサーチデザインUPします。
コピペなので見にくいのはあいからずです。



Is Extroversion-Introversion Really Effect on English Speaking and Grammar Skills?

YAMAGUCHI, Sayaka


1. Introduction
Since the study of second/foreign language acquisition has carried out, many researchers
believed that extroversion-introversion, one of learners’ personalities, effects on the acquisition of target languages. Not only researchers, but also many language teachers think that more extroverted learners are good at learning the target language (Ellis, 1994; Wakamoto, 2007). This is one of the two major hypotheses of the relationship between second language (L2) learning and extroversion-introversion; basic interpersonal communication skill (BICS) termed by Cummins (1979), as speaking skills are widely researched (e.g. Yashima,1997, Busch 1982). The other one is called cognitive ability language proficiency (CALP), this is also termed by Cummins (1979), that is “the dimension of language proficiency that is related to literacy skills and involves a certain measure of metalinguistic awareness or ability to reflect on features of language outside immediate context” (Strong,1983, p.244) The study of Busch (1982) supports this hypothesis. Participants of her study who were introverted performed better pronunciation and also grammar, vocabulary and reading in YMCA test of English proficiency (YTEP).
Comparing with other studies deal with other learners’ factors, such as age, the number of the studies of extroversion-introversion is little. This is maybe because many studies of extroversion-introversion led to different results. The inconsistent results are due to using different materials to measure English proficiency and learners’ personality and dealing with different type of subjects; English as a foreign language (EFL) learners or English as a second language (ESL) learners. (Yashima, 2003; Wakamoto, 2007) And the biggest problem is those previous studies admitted only questionnaires, such as Eysenk Personality Inventory (EPI), to measure learners’ extroversion-introversion. Some researchers indicate the result from questionnaires is not able to represent learners’ behavior in language classroom. They assert when measuring learners’ extroversion-introversion, using questionnaire plus observation is needed. (Strong, 1983; Wakamoto, 2007). Therefore, this study tries to fix the problem and investigate whether extroversion-introversion really effect on English speaking skills grammar skills.

参考文献をずらっと。 

March 01 [Sat], 2008, 23:54

Brown, D. B. (2007). Principles of Language Learning and Teaching, 5th Edition
     (pp. 68-71). New York: Longman.
Horwitz, E. K., Horwitz, M. B. & Cope, J. (1986). Foreign Language Classroom
     Anxiety. Modern Language Journal, 70, 125-132
Katanoda, H. (1995). Anxiety and Second Language Learning. ARELE, 18, 135-144.
Lighbown, L. & Spada, N. (2006). How Languages are Learned, 3rd Edition (pp.10      9-136). Oxford: Oxford University Press.
MacIntyre, P. D., & Garder, R. C. (1989). Anxiety and Second Language Learning:      Toward a Theoretical Clarification. Language Learning, 39, 251-275.
Shirahata, T., Muranoi, H., Tomita, Y., & Wakabayashi, S. (白畑知彦・村野井仁・冨田      祐一・若林茂則). (1999). 『英語教育用語辞典』東京: 大修館
Tadokoro, M. (田所真生子). (2001). 外国語学習における学習者の情意要因に関する考察.『こ     とばの科学』14, 303-320.
Nakata, Y. (中田賀之). (1999).『堅固学習モティベーション―理論と実践―』 東京: リーベル出     版
Fujishima, H., Yamada, N., & Tsujihira, Y. (藤島寛・山田尚子・辻平治郎). (2005). 5因子     性格検査短縮版(FFPQ-50)の作成. 『パーソナリティ研究』13, 231-241.
Miura, S. (三浦省五). (1983). 『英語の学習意欲』東京: 大修館
Yashima, T. (八島智子). (2003). 第二言語コミュニケーションと情意要因  「言語使用不安」と     「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度」についての考察. 『関西大学外国語教育研      究』5, 81-93.  



参考HP
GTEC - 英語コミュニケーション能力を測定するオンラインテスト
http://www.benesse.co.jp/gtec/index.html (2008年2月現在)
文部科学省    
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122602/010.htm
(2008年2月現在)



あと、あとで整理してたらあと3つ追加で見つけました。汗
追加参考文献     
MacIntyre, P. D., and Charos, C. (1996). Personality, Attitudes, and Affect as Pre     dictors of Second Language Communication. Journal of Language and
     Social Pshychology, 15, 3-26.
Mochizuki, A. (Ed.). (望月昭彦). (編). (2001). 『新学習指導要領にもとづく英語科教育法』.       東京: 大修館.
Yashima, T. (八島智子). (1997). 外向性、内向性と外国語学習に関する一考察ーアメリカに留学     する高校生の調査より. Language Laboratory , 34, 93-105.  



以上!!

結果と考察の続きから 

March 01 [Sat], 2008, 23:26
Yashima(2003)からは「コミュニカティブな授業が増えると外向性は関与する」と考えられたが、それは実証されなかった。

(3)不安―年齢
負の相関があった(β=-.115)。(年齢が低いほど、不安は高くなる)
なんで負の相関があったのか?→年齢をあつかったせいもしれない。同じ大学2年生でも小学校4年生から英語学習を始めている人もいれば中学校に入ってから学習し始めた生徒もいる。この3年間の違いがもしかしたら不安を強める原因のひとつかもしれない。


(4)特徴的な生徒
もっとも不安の強い生徒(中学生・初級レベル)ともっとも不安の低い生徒(大学生・習熟度も上)を比べてみたら、英語学習にたいするモチベーションが違った。もっとも不安の強い生徒は英語学習の目的を「テストでいい点がとりたいため」と答え、一方不安の低い生徒は英語学科でチャットルーム(ネイティブの先生と英会話ができる教室)にも通い、目的をさがすために勉強していると前向きな姿勢がうかがえる。もしかしたら不安の強さはモチベーションかもしれないが本研究の取り扱う範囲を越えているため今後の研究に委ねたい。

(5)反省・・・汗
今回不安を測るのに使用したアンケートが自作であったため、その妥当性と信頼性が調査されておらず、もしかしたらしっかりと不安を測ることができていなかったかもしれない・・・!!ので、今後このようなマテリアルを使うときは慎重にせねぶぁ!!


リサーチクエスチョン2は・・・
統計の見方を間違えて、すべて相関関係がないと思っていたので重回帰はやりませんでした。非常に無念です。。。
いつも統計では*がつくと有意差があるよーってわかるけど、相関って*ではなくて数値を自分でみて判断するのね。今後気をつけます。

結論
Conclusion:今回は不安と習熟度、外向性、年齢に相関関係があるのかを調べたが、すべてのペアにおいてほんとーーーにちょっと相関が見られた。また外向性のところでも述べたようにYashima(2003)から考えられる外向性と習熟度に関わる変化はそれほど重要ではなかった。
Further study:今後の研究では、スピーキング能力、学習開始年齢、モチベーションが不安を強くする要因の候補にあがった。
教育への示唆:不安の強さと成績には関係がないことがわかった(中学生のカイ二乗検定の結果から)。そこでスピーキング活動への提案がありまーす。成績ではなくて不安の強さでグルーピングをすれば先生も生徒にあったスピーキング活動ができる。
たとえば、不安の強さでAnxiety, Moderate, Relaxグループを作った場合・・・Anxietyグループは日本人教師とALTが半々の割合でメインに指導。生徒も「〜って英語で何て言うんですか?」って日本語で質問OKだし、基本日本語の使用もOK。
Moderateグループは、日本人教師とALT両方いるけどALTがメインででも日本語の単語でわからないところは助けたり。
RelaxグループはALTだけで、辞書とか駆使して授業する・・・とかね。
本当に「たとえば」の話です。


こんな感じに終わりましたー。


28日はゼミ論発表会があり、一人持ち時間30分でまるでICETであるかのようにプレゼンしました。ちゃんと質疑応答もありましたー。こちらはICETの二倍の10分かん。。。汗
無事に終わってよかったー。思わず泣いてしまいました。
一年間おつかれさま☆

研究の方法 

March 01 [Sat], 2008, 22:50
リサーチ・クエスチョンズ
(1)不安と習熟度、不安と外向性、不安と年齢には相関関係があるのか
(2)もしも(1)で相関関係が複数あった場合、どの要因がとくに不安の強さに影響を及ぼすのか

被験者
中学2年生 23人
高校2年生 19人 (Super Language High School:SELHiに指定されている私立校。全員英語学科。普段は上位と下位クラスにわかれて授業。)
大学2年生 25人 (英語学科以外のかたにも協力してもらいました)
合計67人
全員海外に一年以上の滞在経験がない方です。(高2の中で一人4歳のときに一年間英語圏にいた生徒さんがいましたが、それから10年以上も経ち日本での英語教育を多く受けているので他の生徒さんと同等であると判断し被験者に入れました)

材料
相関関係を調べるにはすべての要因と不安の強さが数値化されている必要がある!そのため、3種類のアンケートを使用
@年齢を聞いたり、被験者さんの英語学習暦などを聞くもの
A外向性の強さを測定するもの→藤島・山田・辻平(2005)作成のBigFive短縮版で外向性を図る第二因子の10項目を抜粋
B不安の強さを測定するもの→Horwitz, Horwitz and Cope (1986)が使用した同研究者が作成したForeign Language Classroom Anxiety Scale(FLCAS:外国語の授業での不安を測るもの)の4,9,13,23,24,27,31番目の項目を基に(すべてスピーキングに関する質問)日本人学習者でも答えられるように自作。

※習熟度
中学生は英検やTOEICなど英語力を数値化するテストが行えなかったため、先生に英語の成績で初級、中級、上級の3グループにわけていただいた。
高校生は毎年GTEC for Studentsを受けているので、そのスコアを提供していただいた。
大学生はTOEIC IPを毎年受けているのでそのスコアをアンケートで記入していただいた。

データ分析
リサーチクエスチョン(1)
以下のすべての不安と要因のペアを単回帰分析にかけ相関関係を調べる
中学生 不安―外向性
高校生 不安―習熟度
    不安―外向性
大学生 不安―習熟度
    不安―外向性
全体  不安―年齢
中学生の習熟度が数値化でないため習熟度グループと不安の強さをカイ二乗検定にかけ、不安とグループに関係があるかを調べる。

リサーチクエスチョン(2)
(1)で相関があったものを重回帰分析にかける

結果と考察
すべてのペアに微量ながら相関関係があった。相関はβが1に近いほど強い相関があるといえるけど、今回の統計の結果一番1に近いものは高校生の不安ー習熟度のペアでその値も.300だったので、ほとんど相関がないと言ってもおかしくないと判断した。詳細は以下のとおり。

(1)不安―習熟度
高校生は正の相関があった(β=.300)。(習熟度が高くなればなるほど不安が強くなる)
大学生は負の相関があった(β=-.147)。(習熟度が高くなればなるほど不安が低くなる)
→この違いは高校生は英語力でクラスがわかれて授業してるため、上位のクラスにいる生徒は「周りの生徒は英語ができる」とバイアスがかかってしまいそれが逆にプレッシャーになったりしてしまうからかも。
中学生でカイ二乗検定をした結果、初級・中級・上級グループと不安の強さには有意差がなかったため、関係がないことがわかった。

なぜ強い相関が見られなかったのか??
→習熟度として扱ったテストのせいかもしれない。なぜならGTEC for studentsもTOEIC IPもスピーキング力を直接測っていないため。もしかしたらスピーキング能力であれば不安との相関がわかるかもしれない。

(2)不安―外向性
すべてのペアに負の相関があった。(外向性が高いほど不安が低くなる)
中学生 β=-.210
高校生 β=-.239
大学生 β=-.273
でも外向性が不安の強さを説明する可能性は40%(外向性の強さわかれば不安の強さもわかる・・・的なね)だったため、外向性と不安には関係がないと考えられる。(←発表会に来てくれたOBの方に統計の出力の結果を見てもらったら教えてくれた!でもゼミ論の発表の後だったから製本には間に合わず・・・しかーし、貴重な情報でした!!!)

なぜ強い相関がみられなかったのか?
→コミュニカティブな授業が主張されていても文法やパターンプラックティスなどのstructure-based instructionが使われている。まるで生徒の自発的な発言を奪っているようかにも思える。このような指導では生徒は最初から正しい英語を話そうとし、不安も強くなる。もっとコミュニカティブな授業が浸透したら外向性も何かしらの関係がでてくるかも。もしくは、コミュニカティブな授業の効力がまだ出てないかも?

Anxiety in English Classes in Japan 

March 01 [Sat], 2008, 22:02
ゼミ論が完成しました。
簡単にですが内容と結果を書きます。


タイトル
Anxiety in English Classes in Japan:
Do English Proficiency, Extroversion and Age Influence on Speaking Anxiety?
「日本の英語教育における(言語)不安
~習熟度、外向性、年齢は不安に影響を与えるのか〜

動機
不安は言語習得をさまたげる要因のひとつであることから、不安を軽減させることが習得を促進すると考えられる。Horwitz, Horwitz and Cope (1986)の研究では学習者は巣ピーキングに最も強く不安を感じることが明らかになった。またコミュニカティブな授業が主張されている今、生徒が英語を発話する機会が増えている。そこで本研究ではスピーキングにおける不安について扱うこととする。また、スピーキング活動の目的は英語で自分の考えを表現できるようにすることから、本研究では「自分の英語が通じないかもしれない」という学習者が感じる気持ちを「不安」と定義したい。
不安には学習者の性格、対話者、英語の習熟度(以下「習熟度」と呼ぶ)などさまざまな要因が考えられ(白畑・冨田・村野井・若林、1999:MacIntyre and Charos, 1996)、その中でもどの要因が最も不安の強さに影響を及ぼすのか調べるのは困難であると思われるが、本研究ではそのさまざまな要因の中から習熟度、外向性、年齢の3つをとりあげて、その中でも特に影響力のある要因を突き止めたい。不安は複雑でさまざまな要因から構成されているので、まず不安の強さと3つの要因がそれぞれ相関関係があるかを調べ、もしも相関関係があるものが複数あったら、次にその中でもどの要因が不安の強さに影響を与えているのかを調べたい。

先行研究
簡単に3つの要因を選らんだ理由をつらつらと・・・
@英語の習熟度が高いと不安は軽減されるようである。(katanoda, 1995)
AYashima (2003)は不安に関する先行研究を振り返った。
●不安の強さと内向性に関係があると結果が出た研究→バイリンガル環境で目標言語に常に触れている。(MacIntyre and Charos, 1996)
●習熟度と外向性には関係がない→日本人英語学習者を対象とした研究。(Yashima,1997)
    ↓
Yashima(2003)は「日本のように目標言語に触れる機会が少なく教室内でも自由意志による発話が必ずしも奨励されない環境では、外向的な性格要因は(習熟度に)関与しにくいと分析できる」(p.84)ってことはコミュニカティブな授業で発話が奨励される環境に変化したら性格も習熟度に関与してくるとも考えられる。
現行の学習指導要領ではコミュニケーション能力から「実践的」コミュニケーション能力の育成へと変わり、また平成15年には「英語が話せる日本人のための行動計画」が出た。しかもYashima(1997)の研究から10年経っているので、外向性はもしかしたら関与してるかも!!つまり、習熟度が高い=不安が軽減される(Katanoda,1995)、コミュニカティブな授業で外向性が関与するのであれば習熟度アップし不安の軽減につながるかも!つまり、外向性が高い=不安が低いとも考えられる。
B年齢が低いと不安は低いことが予想される。(Tadokoro, 2001)
→情意フィルター仮説:Krashenの提唱するもの。inputからoutputされる過程の中にLanguage Acquisition Device (LAD: 言語習得装置)がある。そんで、そのinput→LAD→outputの中に情意フィルターと呼ばれる心理的な障害があると考えられている。そのフィルターが高くなるとinputの量も少なくなりそれに呼応してoutputの量も減る。フィルターを高める原因のひとつとして不安がある。また年齢が若いとフィルターが低いとも考えられている。(望月、2001)つまり、年齢が低い=フィルターが低い、フィルターが低い=不安は少ないって考えられるじゃーん。あとは年齢に関してはLanguage egoとかね。しかも年齢って早期英語教育の議論がいろいろされているから注目すべきところ!

以上が3つの要因に関する主要な先行研究と今回の研究で取り上げた理由です。

さてさて。 

February 17 [Sun], 2008, 11:53
あと12時間でゼミ論提出締め切りね!!

みんな、もうちょっとで開放されるぞおおお!w

おひさしぶりーふ6 

December 26 [Wed], 2007, 3:30
B性格測定アンケート
最後にみなさん自身についてお聞きします。以下の項目に、「強くそう思う」なら4、「まあまあそう思う」なら3、「あまりそう思わない」なら2、「全くそう思わない」なら1に○をつけてください。この質問も学校の成績とは関係ありませんので、思った通りにお答え下さい。ご協力よろしくお願いします。
******************************************

1)大勢でわいわい騒ぐのが好きである。                        4 − 3 −2 − 1 


2)地味で目立つことはない。                               4 − 3 − 2 − 1


3)にぎやかな所が好きである。                             4 − 3 − 2 − 1


4)大勢の人の中にいるのが好きである。                        4 − 3 − 2 − 1


5)もの静かである。                                     4 − 3 − 2 − 1


6)人の上に立つことが多い。                                4 − 3 −2 − 1


7)人に指示を与えるような立場に立つことが多い。                 4 − 3 − 2 − 1


8)じっとしているのが嫌いである。                            4 − 3 − 2 − 1


9)―人から注目されるとうれしい。                           4 − 3 − 2 − 1


10)スポーツ観戦で我を忘れて応援することがある。                4 − 3 − 2 − 1

質問は以上です。どうもありがとうございました ! !

******************************************




こんな感じです。
まだまだ改善余地があります。

今日は実際にどのようなスピーキング活動を行っているのか聞いてきます。

被験者受け入れてくれますように。。。




あ、一日遅れですが、メリクリ☆
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ぐっさん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年2月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ダイエット-夏休みにデップリ太ってしまいました・・・来年の教育実習までには痩せたいどぇす。切実。。。
    ・映画-天使にラブソングを・・・がめちゃんこ好きです!!!!!
読者になる
夏休みまでは息子を被験者に
「2歳児から毎日一時間英語のインプットを与えると、一年後にはどれくらい英語を習得するのか」というテーマで進めていました
後期になってテーマを言語習得から教員に変えましたと思いきや!!テーマがころころと変り、最終的に「言語不安」に落ち着きました

なので、前に書いた日記には言語習得やバイリンガルなどに関連することや、今まで提出したリサーチデザインが載ってるので、興味があったらちょこっと見てみてください

wordをそのままコピペしてるので、非常に醜い・・・じゃなくて見にくいです
その辺はご勘弁を・・・
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる