【 更新情報 】

おすすめ情報

粗大ゴミ収集

 地球温暖化の問題が取り上げられるようになってから、環境問題に本格的に取り組む企業が増えています。

 それに伴い、経費面においても企業が環境問題に取り組むためにどれくらいの費用がかかるのか、またその効果がどのようにあったのかが注目されるようになりました。

 地球の環境を守ることは、お金もかかります。

これは徐々に問題となってきました。

粗大ゴミを収集する際にかかる回収費用や、リサイクル費用などが、新しい商品を買った時の方が安価に手に入るということも現実の問題として挙げられます。

環境問題を考えてリサイクルやゴミの収集に力を入れている企業に対してそれらにかかる費用をデータとして数字化することにより環境や社会的道義を果たしている証明がISO14001です。

ISO14001は、環境問題に真面目に取り組んでいることを証明する国際規格です。

このような国際的にも信頼が置ける証明を企業が取得することで、粗大ゴミの収集におけるその後の処理方法に対する取り組みなどにも意識改革が行われるのではないかと思われます。

粗大ゴミ引き取り業者

今の世の中、二酸化炭素による環境問題に始まり、それが原因となっている地球温暖化問題が地球規模で対応を迫られています。

粗大ゴミを回収する業者においても、回収だけでなくそのゴミをどう処分するかが企業努力として問題となっています。

関東近郊にエリアがある粗大ゴミ回収の業者である「パワーセラー」は、軽トラ1台分から2トントラック1台分まで粗大ゴミの回収を対応し、また安価になるようにパック価格で提供しています。

粗大ゴミを回収するだけでなく、地球温暖化の問題にも自社あげて取り組み、回収した粗大ゴミを自ら「ハンマーショップ」という名前のリサイクルショップで販売をしております。

これは、環境を考えたリユースの考えでお客様に提供しています。

リサイクルの率を上げるためにも粗大ゴミをどう分別するかによって環境に与える影響も差が出てくるわけです。

環境にやさしくしていく気持ちを持って粗大ゴミの分別に関わることがリサイクルの第一歩だと考えられています。

また、遠方の人には、便利なオークションの代行業務も行っています。

不要となった粗大ゴミを安価に回収することにより、環境問題となっている一般の人の不法ゴミ投棄も減るのではないかと思われます。

粗大ゴミの回収について

 家庭や事業所から出る粗大ゴミの処分が環境に与える影響が大きく、各都道府県でも問題になっています。

ゴミロードと呼ばれる道があったり、生活ゴミを家に溜め込むゴミ屋敷と呼ばれる問題などが年々増えてきました。

これらの問題は、周りの住人や環境に悪影響を与えるだけでなく、それらを取り締まる各市町村の役所の対応も問題となります。

警察のようには踏み込めない問題があり、解決できないまま周りの環境に我慢を強いる問題となるケースが多くメディアにも沢山取り上げられるようになりました。

東京の世田谷区では、こういった粗大ゴミに対して色々対策を講じています。

環境に影響を与える粗大ゴミの回収については、以下の取り決めがあります。

粗大ゴミを持込する際は、世田谷区に住居があり、各家庭で不要となった約30cm角以上のゴミが対象となります。

また、ゴミを引き取りに来てもらうより持ち込みの方が割安となります。家庭以外の事業活動による粗大ゴミは回収も持ち込みも出来ないために、各事業者の責任において処分をしないといけません。

持ち込みする際は、必ず事前に申し込み先に、電話にて申し込みを完了してから持ち込む必要があります。

持ち込み可能な曜日と時間もありますので、事前にホームページなどで調べてから行動される方が良いと思います。

粗大ゴミは、手数料が200円と収集する場合の約半額で済みます。

沢山の粗大ゴミがある家庭は持ち込みをされた方が安く済みます。

環境問題と節約を考えた上でも持ち込みを利用する価値があると思います。

遺品の回収

遺品の回収に関する問題は、人それぞれ事情が異なるために色々なケースがあります。

それぞれご事情が異なり様々なケースが考えられます。

大量の遺品のために、何から手をつけていいのかが分からないとか、ゴミなのか遺品として残しておくべきなのかも残された者にとっては大きな問題だと思います。

また、一人暮らしをしていために、掃除もままならず廃棄するゴミの量が多く手におえない場合や、部屋の異臭がひどく近隣の環境に悪影響を及ぼしている為に、消臭作業も行わないといけない場合もあります。

このような問題が起きた場合は、業者にお願いするのが一番です。

業者に頼むことにより、的確な作業でゴミと遺品の区別も出来ますし、何より相談の上で作業をしていただけるので、故人との大切な思い出の物もきちんと残すことが出来ます。

また、周りの環境に配慮した回収を行ってくれますので、ゴミとして放置することなく異臭などの問題も消臭作業により解決されます。

また、最近は使える家電製品をリユースという形で再利用しているところもあり、環境問題になっている地球温暖化に対して真剣に考えて作業している業者もいます。

環境に対してこれだけ問題になっている昨今、遺品回収を行っている業者の中でも環境に配慮して業務を行っている業者に対しては政府からの援助が与えられても良いのではないかと思います。

遺品の処理

最近、遺品処理が問題になっています。

家族に看取られること無く孤独死を迎えた人は、その遺品までもゴミのように扱われ引き取り手がいないというのが現実です。

住宅のオーナーなどは、その処分に困りゴミとして扱うことの出来ない個人の遺品に手をこまねいている人も多いと聞きます。

そのような問題が起きた場合は、遺品を処理してくれる民間の業者に頼むと良いでしょう。

関東近郊に拠点を置く遺品処理の業者である「ジョイサービス」では、以下のことを注意しながら遺品の処理を取り扱っています。

その1遺品をゴミとして扱うことなく故人との思い出を大切にします。
その2即時見積もり、金額保障。
その3作業スタッフの迅速かつ的確な作業。
その4毀損事故などの問題が生じた場合の素早い損害対応。
その5近隣地域の環境に配慮し作業は最後まで徹底的に行いゴミひとつ残しません。
その6親身になる気配りと問題が起こった場合の的確なアドバイス。
その7お客様からの依頼後の追加サービス。
その8埼玉県、さいたま市、東京都の許可を受けた産業廃棄物収集運搬業者であり、各種団体からの許可も受諾。

孤独死を迎えた後の部屋は、なかなか借り手がつかないと聞きます。

まわりの環境に与える影響も大きいのだと思います。

家族とのかかわりを避けて生きていく人が増えていくなか、このような問題も平行して増加傾向になっていくものと思います。

遺品の処分

亡くなった方の遺品を処分する際に遺品をゴミとして扱うのではなく、故人の思い出を大切にしながら遺品の処分が出来れば故人にとっても残された家族にとっても悔いの残らない方法だと思います。

遺品を処分するために整理をしていると、故人の家族に対する深い思いが分かる場合があります。

故人と家族のかかわりは様々ですが、親が子供に対する深い愛情など一概にゴミとして扱えないものが多数あります。

問題なのは、故人の遺品が大量にある場合です。

量によっては家族では処分できないことがあります。

また、そのままにしておくと、いつの間にか環境を汚染するゴミ化になる恐れもありそこから汚臭などの環境問題も引き起こす場合があります。

また、一人暮らしの為、ひっそりと孤独死を迎える人も近年増えていると言います。

何ヶ月もそのままで異臭などの環境問題が近隣から引き起こった後から、調べると亡くなっている場合があります。

故人の遺品も引き取り手が無い場合は、業者によって処分されます。

業者の多くは、ゴミとして扱うのではなく必ず御祓いをしてから処分するらしいです。

このような遺品は勿論再利用されることはありませんので、こういった孤独死が増えていくと処分できないゴミとなった遺品が増えてやがて環境問題を引き起こすことになるのではないでしょうか。

家族とのかかわりを捨てた人が増えてくる事も懸念されている昨今、孤独死ゆえの大量のゴミが温暖化などの環境問題に拍車をかけるようになるかも知れません。

引越ゴミ

 引越しの際に大量に排出される引越ゴミなどを処理してくれる便利屋さんが各地に点在します。

 関東近郊を対応している「ゴミ片付けの便利屋さん」では、引越ゴミからゴミ屋敷片付け処分まで取り扱っています。

 引越ゴミの不法投棄やゴミ屋敷の存在も地域にとっては、大きな環境問題となっています。テレビの報道でも必ずと言っていいほど各地にゴミ屋敷が存在し、その対応に市町村が苦慮している姿がよく放映されています。

 大量のゴミから出てくる汚臭や大量の虫が近隣の住宅にも影響し、生活環境を汚染していく深刻な環境問題になっています。

 家庭などから出てくる大量のゴミ処理も町の便利屋さんにお願いするのも適切な処理をすることが出来き、環境問題にも配慮することが可能なので適切だと思われます。

 また、三重県にある「株式会社益生小型運送」では、配送業務の他に引越市の際に出てくる引越ゴミの対応から、産業廃棄物の処理まで業務を行っています。

 産業廃棄物では、会社を移転する際に出てくる引越ゴミや機密文書の処理、工場や飲食店から出る産業廃棄物まで対応しており、環境問題に配慮してリサイクルにも力を入れています。

 これらの産業廃棄物の処理の流れとしては、まずは無料で見積もりをした後に料金が決定しますので、こういった産業廃棄物を取り扱う業者にいくつか見積もりをお願いした後に決めるのもいいかもしれません。

 また、産業廃棄物が適切に処理をする業者であるか見極めることも環境問題を考えていく上で必要不可欠です。

事業ゴミの処分

事業を運営していく上で必ず考えていかないといけないのが、毎日排出される一般廃棄物や産業廃棄物です。

それらの事業ゴミの中には、有害物質を含むものもありますし、外部に漏らしてはいけない書類から顧客情報が流出する危険もあります。

それらの事業ゴミ処理方法を誤ってしまうと個人情報が流出したり環境問題である環境汚染にもつながってきます。

定期的に事業ゴミの収集を頼みたいとか、会社を引越しするので引越しの際に出てくる引越ゴミを処理してほしい時には産業廃棄物や引越ゴミを取り扱う業者にお願いするのが得策です。

きちんとした処理をすることで問題になっている環境問題への取り組みも会社として評価されるはずです。

また、産業廃棄物は、会社や家庭から排出される一般廃棄物とは異なり、処理方法には制約があり居住の市町村では引き取ってもらうことが出来ません。

その上でも事業ゴミの処理は専門業者に任せることが適切だといえます。

愛知県にあるWACOグループでは会社、工場などから排出される産業廃棄物の回収と処理を自社のマニフェストに基づき徹底した管理の基に処理を行っています。

WACOのホームページによると、環境問題に真正面から取り組む活動として産業廃棄物や引越ゴミなどの一般産業廃棄物をゴミとして処理をするわけでなく、リサイクル商品として処理できるように日々取り組んでおり少しでも環境問題に役立てるように会社として活動を行っています。

しかしながら、引越ゴミなどの不法投棄が報道されるとこういった産業廃棄物や引越ゴミを取り扱っている業者にも疑いの目を向けられることもあり、やり切れないとの記載があります。

環境問題に取り組んでいる会社が増え続けていけば問題解決にもなると思います。

不用品の処理、回収なら

 不用品の処理や回収を行っている業者は、大手の引越し業者から町の便利屋まで数多く存在します。

 北海道から九州地方まで対応している「パワートラッシュ」では、インターネットでの見積もりも行い、大量のゴミからちょっとしたゴミまでを取り扱っています。

 また環境問題も真剣に取り組む企業であり、ゴミとして取り扱われている不用品に対して資金面でも惜しまず投資しています。

 パワートラッシュのような企業は最近増えており、企業が環境問題にどのように取り組んでいるか、またどのくらいお金をかけているか、その結果どのような効果があったのかが注目されるようになりました。問題なのは、環境を守っていくためにはそれなりのお金がかかることです。

 ゴミと同様になった不用品からリサイクル商品を作るにも矛盾していますが新規に商品を作るよりも経費がかかるといわれています。

 環境保全問題は、これからも必要不可欠な問題です。ゴミとなった物をリサイクルし適正に処理することで、企業の知名度が上がり環境やお客様への役に立てるように数値化されたデータが企業の貢献度として発表されるようになれば環境への取り組み方も変わってくるでしょう。

不用品の引き取り業者

 大量にゴミなどの不用品が出た場合に、問題なのはそのゴミの処分をどうするかです。

まだまだ使える物だけど、自分には不要になってしまった不用品は、もし他の誰かが必要であれば使ってほしいと思う人もいるでしょう。

また、新品でなくても再生して使えるものであれば使いたい人もいると思います。

現在は、環境のことを考えてゴミを増やさない生活をしたいと考えている人もいるでしょう。

全国展開をしている「フォレント」では、環境問題のことを考えて再使用、再資源化、再価値化の3つをモットーにお客様からのゴミとして出た不用品を買い取りし、資源として活かす事業をしています。

フォレントを利用している人もゴミを減らせる買い物が出来て環境問題の小さな手助けになります。

またフォレントでは、どうしてもゴミにしかならないものを蘇らせる技術を持っています。たとえば車のタイヤから椅子を作るなどの高度な技術です。

これらの記述を活かしていけば環境問題も軽減されるはずです。

不用品を取り扱っている業者は、環境問題のことも考えてゴミの引取りを行ってほしいものです。
P R