ダイエット効果が4倍になる成長ホルモン活用法(Part1)

April 09 [Sat], 2011, 15:50


内臓脂肪は、
たんにスタイルを悪くするだけのものではありません。


アディポサイトカインという、
体にさまざまな悪影響を及ぼす悪玉ホルモンを
つくりだすのです。


そんな内臓脂肪を落とすには、
脂肪を消費する有酸素運動を定期的に継続して行うことが必要です。


寝る前にコミック


だからこそダイエットを目指す人たちは
有酸素運動を行うのですが、
有酸素運動だけでは
なかなか結果が出ないと感じている人が
多いのも事実だと思います。


私たちが一日に消費している
エネルギーの約70%は基礎代謝です。


ということは、運動で消費されるのは、
多く見積もっても全体の30%だということです。


じつはここに、
運動だけではなかなかやせない理由があるのです。

                                 
皆さんは運動によって消費されるエネルギーが
どのくらいかご存じでしょうか。


30分間ウオーキングをした場合の消費エネルギーは、
140キロカロリーと先に述べましたが、
これをジョギングに変えてもスピードにもよりますが
消費エネルギーは160キロカロリー程度にしかなりません。


モバイルNewtype


しかも、この140キロカロリーが、
すべて脂肪の燃焼につながるわけではありません。


有酸素運動をした場合、
糖と脂肪の消費される割合は一対一なので、
脂肪が燃焼宇されるのは140キロカロリーの半分、
70キロカロリーだけです。


70キロカロリーとは、
脂肪の量にするとどのくらいかというと、
脂肪は1グラム約9キロカロリーなので、
わずか8グラムです。


さらに、
その脂肪もすぐに燃焼されるわけではありません。


有酸素運動で脂肪が燃焼するには時間がかかります。


なぜなら、
脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されてからでないと
燃焼されないからです。


よく有酸素運動は、
30分以上継続して行わないと
脂肪燃焼がないといわれますが、
それは、この「分解」が行われるまでに
時間がかかってしまうからなのです。


ところが、この分解を速める秘策が一つだけあります。


それは、「成長ホルモン」を出すことです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gomi0309
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gomi0309/index1_0.rdf