クリーニングについて 

July 18 [Sun], 2010, 16:01
クリーニングも必要な資格があるようです。

クリーニング師
クリーニング師(くりーにんぐし、英語 英Cleaning Master)とは、クリーニング師試験に合格した者である。
クリーニング師は『クリーニング業法』に基づいてドライクリーニング クリーニング店でアイロンがけ、しみ抜きなどを行う者で必ずクリーニング店に1人置かなければばらないことになっている。
各都道府県によって違う
衛生法規に関する知識
公衆衛生に関する知識
洗たく物の処理に関する知識及び技能
中学校又はこれに準ずる学校を卒業した者、中等教育学校の前期課程を終了した者、上記と同等以上の学力があると認められる者
クリーニング師研修は業務に従事した後1年以内に研修を受け、その後、都道府県知事が指定したクリーニング師の資質向上を図るための研修を受けなくてはならない
(WIKIPEDIAより抜粋)

廃棄物あれこれ 

July 18 [Sun], 2010, 15:59
廃棄物もリサイクルされるものがあります。
リサイクル可能なものも最近は中国の工場で処理されたりが多いようですね。

廃棄物
廃棄物(はいきぶつ、Waste)とは、不要になり廃棄の対象となった物および既に廃棄された無価物を指す。また、近年、リサイクル可能な有価物に関しては、取引価格が上昇しており、日本においては、中国等への輸出が急増し、国内リサイクル産業へ打撃を与えている。

ここで「不要物」については、「占有者が自ら、利用し、又は他人に有償で売却することができないために不要になった物」との解釈が厚生省(当時)環境衛生局環境整備課長通知[2]により示されており、有価物は廃棄物ではないと判断される。 循環型社会形成推進基本法においては、有価・無価を問わず「廃棄物等」とする。
(WIKIPEDIAより抜粋)

不要品処理 

July 18 [Sun], 2010, 15:57
処理場というと地域のごみ処理センターを思い浮かべますが。
処理できなかったゴミ類は埋め立てられます。

最終処分場
最終処分場(さいしゅうしょぶんじょう、英: Final Landfill Site)は、不要品のうちリユース(再利用)、リサイクル(再資源化、サーマルリサイクルを含む)が困難なものを処分するための施設のこと。ごみ処分場、ごみ埋立地、埋立処分場などとも呼ばれる。
日本では廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法、廃掃法と略される)に定められた構造基準と維持管理基準に基づいて設置・運営され、同法に定められた廃棄物の区分に従い埋立処分される。埋立が進行し満杯になったら終了し、その後廃止される。なお放射性廃棄物は同法の対象外であるため、対象物に含まれない。
最終処分には海洋投棄と土壌還元があるが、2007年度より海洋投棄は原則禁止となった(海面埋立は土壌還元に含まれる)
(WIKIPEDIAより抜粋)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:只今充電中
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる