ご報告。

December 31 [Wed], 2014, 15:39

2014年11月1日のライブをもちまして、ごめんね漱石は解散し、活動は終了しました。
そして僕はこの日、完全にお笑いを辞めました。

ご報告担当 岩田です。

このブログにお付き合い頂いた方々、本当にありがとうございます。
途中から全然書かずすいません。書けませんでした。何を書いていいのだか。
それでもなにか書こうと思います。

ブログの管理人ページでは、アクセス数が見れるようになっているのですが。
9月以来まったく書いていないのに、毎日アクセスしてくれている誰かがいました。



芸人仲間か?親か?それともまだ解散のことを報告できてない誰かか?

改めてここでご報告したいと思います。



解散のきっかけは、僕がお笑いを辞めると伊藤君に言ったからです。

自分の年齢と、自分の能力と、今のお笑い芸人の状況を考えて、自分がお笑いの仕事でご飯を食べていくのは難しいと判断しました。


年齢。
ぼくは29歳、もうすぐ30歳になります。
このままお笑いを続けていくか、違う道に進むか考えることが多くなりました。お笑いをやってていいのか?
28歳まで、そんなことはほとんど考えたことはなかったのに、29歳になると考えるようになりました。
なんでかよくわかりませんが、そうでした。


能力。
みんなバカなんです。周りの芸人をみると、バカなこと言ったり、バカなことやったり、バカな顔をしたり。そんな芸人の姿を見てすごく面白いと思いながら、俺はバカじゃないのかもしれない?と思うことが多々ありました。
「よく練られたコントだ。」とか、「設定がいい。」とかどうでもいいんです。
「バカだったな〜!」でいいんです。
なかなかバカなことが思いつきませんでした。


今のお笑いの状況。
お笑い芸人の存在価値がなくなっていると、僕は思います。
ちょっと前まではお笑いを表現する場は舞台かテレビかしかなくて、舞台でネタをやる、テレビでおもしろいことをやる、ラジオでおもしろいことを言うのは芸人の仕事。おもしろい人といえば、芸人でした。
今は、誰でもお笑いを表現できます。
自分のラジオ番組ももてるし、ネット番組ももてます。面白いものが撮影できたらYouTubeに投稿すればいいし、面白いことを思いついたらツイッターにつぶやけます。
芸人ならもちろん、ネットでなにか表現したことのある人、ツイッターでつぶやいたりブログや日記を書いたことがある人は、見る側より表現する側のほうが何倍も楽しいことを知っていると思います。
そして、芸人よりも面白い動画を撮れる人、面白いことをつぶやける人、再生回数やリツイートを稼げる人がいっぱい存在しています。
じゃあお笑い芸人の価値ってなんだろう?
お笑いは求められてるんだと思います。
ただ、「お笑い」は芸人たちだけのものじゃなくなったんです。

お笑いブームは去ったわけじゃなく、形を変えて目の前にあったんです。
僕は、その競争の中で芸人をやっていくことをあきらめ、違う道を選択することにしました。


ごめんね漱石で活動した2年5ケ月は、刺激的な毎日でした。
その中で接した芸人のみんな、お客さん、そして相方の伊藤君、
一生忘れない出会いです。この人生に悔いはありません。楽しかった。ありがとう。


どんどん自分の遺書を書いているようで、怖くなりました。
これからも生きていきます!


やっぱり芸人の「お笑い」が一番おもしろいじゃん!とテレビのネタ番組が大ブームみたいな時代がまた来て欲しいと願っています。
いや、それは悔しいかな。どうだろうー
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ごめんね漱石
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ごめんね漱石
» ご報告。 (2015年01月28日)
大門
» ご報告。 (2015年01月18日)
N
» できるだけ告知。44 (2014年07月06日)
ごめんね漱石
» めざせ人気ブロガー。 (2014年02月08日)
石原さとみ
» めざせ人気ブロガー。 (2014年02月08日)
石原さとみ
» めざせ人気ブロガー。 (2014年02月08日)
ユエ
» ぼくらの同期。 (2014年02月02日)
ごめんね漱石
» ぼくらの同期。 (2014年02月01日)
ユエ
» ぼくらの同期。 (2014年01月29日)
ごめんね漱石
» できるだけ告知。26 (2013年09月27日)
ヤプミー!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gomennesouseki/index1_0.rdf