(無題) 

July 16 [Wed], 2008, 23:36
またびょーきになっちゃったかもよ
境界線、わかんねー
孤独感
キャッチボール、なにそれ
治った診断されてても
結局 人格障害


あーまだ負けていけないのに

常夜灯のした 

July 11 [Fri], 2008, 23:47
彼は暗闇に呟く

生きていたくない

私は黙っていた
黙って手を繋いだ

私達には向かわなくてはいけない 現実がある
同じ空間にいようとも全く違う 現状がある
逃げることも出来なくて
息苦しい毎日も ある

私も そうだ
生きていたくない

だけど貴方と見た花火がとても綺麗で
秋に飲んだ珈琲と 本が印象的で

毎回次の季節をなぞり直して生きている

来年も生き延びたいから 現在を記憶しながら


彼もまた それを知っているから
今だけは弱音を聞いてあげたい
朝日の気配を待ちながら 手を握り続けよう

明日もまた生きてしまう 彼と私

わかっているのに
絡まる蔦は苦しいだけ、だね
でも生きよう
未来を全部あげるよ
一緒に生きよう
わたしは
貴方と生きたい
こんな我が儘、許してね

(無題) 

July 04 [Fri], 2008, 23:40
君に差し出せたものなんて
ほんの少しだった

叱咤も 激励も
何もかもが微量だった



でも与えたい言葉はぜんぶ 伝えたよ
だからもういいの
それで君が選んだ道を 愛すから

君より 愛してあげるよ

(無題) 

June 25 [Wed], 2008, 17:42
恋愛なんて綺麗なものじゃない。だけど薄汚れたものでもない。
歌だって、しっかり届く場合とそうでない場合がある。
そんなに浮かれてもいなくて、そんなに絶望しているわけでもない。
この気持ちは自身だけのもの、だから手におえない。
海が満たされても砂漠は無くならない。
結局はひとりで解決できて、その上でようやく愛ができるんじゃないの?
この気持ちはあなたなんかで解決できない!
外に出たらひとり、じゃないか。

(無題) 

June 23 [Mon], 2008, 20:48
久しぶりに、私なんかいらないんだ。
と、思った。
だけど。

必要だよ、と

時計の短針がどれほど進んだかわからなくなるほど

長い時間をかけて

泣きわめく私を抱き締めて

髪を撫でてくれた彼がいた

初めて、信じられる人に出会えて
それが彼でよかったと思った。


欲張りな私は。
彼以外に場所がないことを嘆いてしまうけど。
友達がいるから頑張るね。
みなさん。
あと半年ぐらい逢えない日々が続くけど、
私を受け入れて。

しごと 

June 22 [Sun], 2008, 9:09
あぁ辞めたい
と 思うこともある

だけど にげるのは
しないと約束したんだ

できない自分
要領が悪く
理解力 皆無
人見知り
みんな 仲がいいのね



逃げないと 約束しました
だからここにいるよ
どんなに苦痛だとしても
生きていくと誓ったんだ

(無題) 

June 14 [Sat], 2008, 22:57
ママ、私をみて
ジャングルジムの上で
いつまで口笛を吹かせるつもり?



母親と逢っていないなぁ。
元々、親娘みたいな関係じゃなかった。
いつも貴方はヒステリックで怖かった。
だけど大切な母だったね。
19まで、生きてきて、5年しか一緒に住まなかった。
その間抱かれた事は無くて、今更ながら悲しかったり。
いつも貴方は躊躇して、それから怒鳴ってた。
私の大切なお母さん。
ほんとは弱いくせに、強がってばかり。
やっぱり私もおんなじで。
血の繋がりより育てた人が同じなだけだ。
もう言えないけど、抱っこされたかったよ。
ママ。

(無題) 

June 10 [Tue], 2008, 22:55
ほんとは
破裂するかもしれない予感に苛まれてる
不安が ぷつぷつ と
泡立つ
その細やかな音に苛立つ
からだのど真ん中から
大きく泡立つ

知らないふり
してあげよう

家のクワズイモに話しかけよう

すがる手なんていらないんだ

切り落としたい

恋人がいてもまだ渇く

誰か、と叫びたい






明日は少し長く寝よう

(無題) 

June 02 [Mon], 2008, 23:49
わりとギリギリラインにいると考えがまとまんない


誰かを想うことで逃げ道を作っている


のらくらとかわしても


胸のしこりとれないし


あーあ


この心臓の嫌な感覚


はらはらだか、どきどきだか


なくなってくれないかなぁ?

(無題) 

May 14 [Wed], 2008, 1:38
24時間何時でも電話してこいよ、なんて。
かっこいーね。
でもまだしない。

アイスコーヒーを持っていったら、机の上を指差した。
見たらこの前の写真だった。
さりげなく、かっこつけず、話しも少しだけ。
小さい約束で女の子がどれだけよろこぶか知ってるんだね。
扱い方が慣れていて、すごく楽。
流れに身を任せてても結果にすんなり行き着くから。
あー、大人。
昔の彼みたい。


パパが好きかもしれない。
逢うだけで嬉しくて、でもそっけなくしてしまう。
ほっぺた熱い。
あー、余裕ねーよ。
手玉にとるの疲れたから、手玉にとられたかったんだー。
恋してて、愛してくれる人もいて。
しあわせねー。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ごま
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1989年5月9日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる