塩原温泉 ホテル八峰苑(栃木)

August 06 [Mon], 2007, 17:43
塩原温泉郷の塩釜地区にあるホテルです。今まで、このホテルがあることすら知りませんでしたが、自遊人の温泉パスポートに載っていましたので、タダだから行ってみました。
正直、塩原温泉郷全体的にごまちゃんにとってはアウェイというイメージです。仙台に住んでいても、東京にいても、ちょうど中間的な感じですからね〜。
到着してみると、駐車場がかなり狭くちょいと驚いてしまった。もう少し大きな駐車場をイメージしていたのですが、斜面に無理やり車を止める感じで少し怖かったです。
車から降りると、川のせせらぎが聞こえて、とてもいいところだな〜と思いました。
早速お風呂!って思い、外を歩いていた宿の人に聞いてみると、「日帰り入浴は午後2時からですよ〜。パスポートにも書いてあったのにな。」って言われてしまった。そういえば、午後5時まで入浴可とは見ていたが、何時からOKかを良く見ていなかった。
そこで、塩原グリーンビレッジに最初行って、また戻ってくることにしました。なにやってるんだかね〜。



日帰り入浴
料金:800円(今回は自遊人パスポートで無料)
時間:14時〜17時
[どちらも自遊人パスポート参照]

訪問日:平成19年6月16日(土) 快晴

*平成19年8月21日追記
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ホテル八峰苑」からの依頼により、当初掲載していた写真は全て削除してあります。
宿側に大変ご迷惑おおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
再度戻ってくると、気持ちよく迎えてくれました。正直、タダ風呂もらいにきていて、時間を間違えていて少し恥ずかしかったです。まあ、そんなことがありましたが、とりあえずお風呂に行きました。

まず、ここのお風呂構成は、男女別内湯×1。女性専用露天×1。家族風呂(内湯)×1。貸切露天風呂×1。となっているようです。

まずは、男女別の内湯。脱衣所が狭い。あまり大きな旅館じゃないからかな〜。3人ぐらい着替えていたらアウトです。脱衣籠も10人分程度しか置いていませんでした。貴重品ロッカー無。洗面台とドライヤーは1つずつあります。

浴室に入ると、ものすごい湿度がこもっています。一瞬にして、眼鏡が曇ってしまい何もみえなくなりました。とにかく、見えるように眼鏡を拭いて浴室内を見渡すと、L字型の湯船が出迎えてくれました。この湯船。タイル張りでとくに大きな特徴はないのですが、湯口がちょっとかわっていましたよ。というのは、お湯が空気に触れないよう、湯船の底から湯がでてくる仕掛けになっています。写真をうまく撮ろうと努力はしたのですが、浴室内の湿度で見事に全滅でした。これはなかなかいい湯口ですよ。
お湯は何色と表現すればよいのかわかりませんが、最近、ペットボトルの緑茶が売っていますよね。そんな感じの色なのです。しかも、若干濁りが入った感じの色です。香りは金氣臭がします。見た目の印象はこれだけでした。そこで、湯船に入って驚いたのなんのって。湯船の中にものすごい湯花が沈んでいました。湯船に入り、少しかき混ぜただけであっというまにオレンジ色ともいえる湯の色になってしまいましたよ。湯花というより、配管の錆みたいな感じなので、人によっては気持ち悪いというでしょうね。かき混ぜて2分もたたないうちに、また湯船の底に沈んでいきます。この湯花は普通の湯花より重いみたいです。鉄分の他に、カルシウム分も入っているのか湯船の淵に構築物が少しできています。
このお風呂、全体的に浴室及び浴槽の清掃をどの程度しているのか少し疑問になります。もう少し、清潔感があるといいのですが。。。
ここの内湯のシャワーが面白い。といのは、シャワーの器具の取り付け位置が低すぎ。蛇口のローダウンは初めて見た気がします。

私はこの湯船しか入らなかったのですが、マネージャーは露天も楽しんできました。
写真だけで紹介。
まずは、女性専用露天。

続いて、女性専用内湯。


お湯は基本的に同じみたいですが、雰囲気が変わるのでよかったみたいですよ。
家族風呂ですが、元々、男湯だった所の一部を無理やり家族風呂に作った感じです。この家族風呂から見える川のせせらぎはなかなかいいですよ。

ここのお湯ですが、分析表をみて少し笑いそうでした。というのは、源泉名に「鹿の湯、大橋秀夫 混合源泉」と書いてあります。混合源泉なのはいいですが、源泉名に個人名がついていましたよ。これは、今まで経験ないな〜。

湯上がり後に、フロントで冷水のサービスがあります。湯上りの水ってうまいですよね〜。水分補給は、健康のためにもとても大事です。

主婦湿疹ですが、ここのお湯で治療効果は期待できそうもないですね。悪化する心配はなさそうですので、安心して入れるのではないでしょうか。
  • URL:http://yaplog.jp/gomagoma/archive/307
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ごまちゃん
ホテル八峰苑 御中

大変ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありません。
ブログ掲載されている画像はすべて削除いたしました。
August 21 [Tue], 2007, 21:51
ホテル八峰苑
先日おこし頂きありがとうございました。
御存知のとうり御風呂は御客様が裸で入るところですし、
貸切風呂以外はいつ他の御客様が入って来るかもしれませんね。
浴場でカメラを持っているだけで、他の御客様はいやがるでしょう。
許可なく浴場へのカメラの持込を
禁止していて掲示してしています。画像をごさくじょ下さい。
August 21 [Tue], 2007, 20:40
ごまちゃん
いい さま

是非行ってみてください。
内湯の家族風呂なら、ご夫婦で入れますよ。
自遊人の温泉パスポートももうすぐ期限がきれますね〜。私もあといくついけるやら。

August 09 [Thu], 2007, 15:05
いい
ここは未湯です。
ごまちゃんのレポを拝見し、自遊人で行きたいなと思っていますが。
もう期限がない。あせります。
August 09 [Thu], 2007, 10:45
きょうごまをは敬遠するはずだった。
August 06 [Mon], 2007, 18:25

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 遠刈田温泉 あづまや旅館(宮城) 再訪8 (2017年02月25日)
アイコン画像この辺の湯トラベラー
» 遠刈田温泉 あづまや旅館(宮城) 再訪8 (2017年02月24日)
アイコン画像ごまちゃん
» 山の神温泉 優香苑(岩手) (2016年12月17日)
アイコン画像kusakabe-dc
» 山の神温泉 優香苑(岩手) (2016年12月17日)
アイコン画像ごまちゃん
» 不忘の湯(宮城) 再訪3 (2016年12月11日)
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく