ゴルフのパッティング

January 22 [Tue], 2013, 5:18
ゴルフのパッティングというのは、グリップの握り方が基本です。

パッティングのグリップというのは人それぞれ違っているのですが、

一番多いのが、逆オーバーラッピングではないでしょうか。

逆オーバーラッピングというのは、オーバーラッピングの単純に逆のことになります。

右手の小指の上に、左手の人差し指を添えて握る方法です。

両手の親指をグリップの真ん中に合わせるのが基本です。

そしてパッティングをするときのゴルフのスタンスというのは、

まず、パッドまでのラインをターゲットラインといいますが、

ターゲットラインに対しては四角くなるように構えます。

そしてフェースについても、ターゲットラインをよく見て、きちんと性格に合わせることが大切です。

ボールの場所は、左の下くらいに合わせるといいでしょう。

ゴルフのパッティングでスライスやフックラインをするときには、カップを目指すだけでなく、

ターゲットラインに対して、スクエアにしっかりアドレスをとるようにしましょう。

力みすぎないようにして、グリップは軽めに握って、

ストロークをする時には、フェースの向きが不安定にならないように安定させることが大切です。

手首は、固定してストロークするといいでしょう。

グリップも軽く握ってくださいね。

ついつい力が入りすぎて、思っている方向にボールが進んでくれないこともあると思いますが、

力を抜いてパッティングしましょう。

いくらゴルフのアイアンの腕があってもパッティングが出来なければ意味がありません。

中古ゴルフクラブ 格安についてのお役立ち情報はこちらです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:golfputting
読者になる
2013年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる