ハイブリッド クラブ 活用術

May 27 [Mon], 2013, 16:44



ハイブリッドはロング? ゴルフクラブ 販売アイアンとフェアウェイウッドの中間的なクラブでヘッドは 写真のような形をしている。シャフトの長さはフェアウェイウッドより短くほぼロング?アイアン並みだが、ヘッドの重心深度はアイアンとフェアウェイウッドの中間的なデザインで、とにかく、打ち易いクラブだから、近年急激に人気が高まった。

ボールがアイアンよりも高く上がるので、グリーンに落ちて止まり易いボールが打てるだけでなく、ラフからでも打ちやすいという特徴もあるのでユーティリティークラブとも呼ばれる。タイトリストゴルフクラブアイアンよりもボールが高く上がるのは重心深度が深いためだが、よりスピンがかかるという特徴があるので、インテンショナルにスライスボールを打ったりするのにも適したクラブである。


また、多少ダフリ気味のショットでも、払うような打ち方であればクラブヘッドが滑りますから、そうしたスイングの人には適したテーラーメイド r11s ドライバークラブということが言える。ただし、一方で 打ち損じるとアイアンよりも左右に大きくぶれてしまう可能性が高くなるというデメリットもあるので そうした点を良く考慮してコース?マネジメントをしたいものだ。また、グリーン?エッジからのチップ?ショットで転がしたい時などに使うという活用方法もある。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/golfoutlet2013/index1_0.rdf