ライダーカップ米国主将にデービス・ラブIII  メンバー選出法も変更

February 26 [Thu], 2015, 12:16
2016年9月にミネソタ州のヘーゼルティンナショナルGCで開催される米国選抜と欧州選抜の対抗戦「ライダーカップ」。米プロゴルフ協会(PGA)は24日(火)、米国選抜のキャプテンにデービス・ラブIIIの選出を発表した。
「再びライダーカップタイトルを手にするべく、米国選抜のキャプテンに選ばれたことを誇りと思うとともに、すごく興奮している」。プレーヤーとして04年までに6回の出場経験を持つラブIIIは、12年に続くキャプテン再任となる。(アイアンセット最安値

近年、米国選抜の戦況は深刻だ。1995年からの10試合で2勝8敗と大きく負け越しており、最後の勝利は08年にまでさかのぼる。14年の前回大会も5ポイント差をつけられる屈辱的な大敗。キャプテンを務めたトム・ワトソンとメンバーとの不和も表沙汰になるなど、結果以上に後味の悪さを残した。(テーラーメイド R15

チームの立て直しを図るため、12人の出場選手の選考方法も変更された。3枠だったキャプテン推薦を4枠に拡大。その発表日も明確化され、フェデックスカップのプレーオフ第3戦「BMW選手権」終了後に3人、最終戦「ツアー選手権byコカ・コーラ」終了後に最後の1人を選出する。

キャプテン推薦の発表を『9月』と幅を持たせて表記していた14年は、ワトソンがプレーオフ第2戦後に推薦選手3人を発表。その後の第3戦、最終戦を連覇して年間王者に輝いたビリー・ホーシェルをメンバーに加えられない選考を疑問視する声も多かった。

欧州選抜は、ダレン・クラーク(北アイルランド)のキャプテン就任が発表されている。