ゴルフ 通販言うことなのである

June 03 [Mon], 2013, 17:04

 どちらの選択をしたかによって、その後の行動に対する制約と罰則は、以下の通り大きく異なってくるので、その点は確り整理して理解し、要点を覚えて欲しい。

ここまでの説明に関してはなるほどと思って見ている人が多いと思うが、当該ルールには 実は 知らないと 間違い易い点、そして、かなり不合理と思われる点や 納得し難い点が幾つかあるので、そうしたものの中から重要と思われるものを 以下に説明しよう。例えば、ゴルフクラブ販売裁定集 17/1-2 には 「プレーヤーが相手 (または同伴競技者) に旗竿に付き添ってもらいたいと依頼したのに相手 (または同伴競技者) がこれを断った場合、何らかの救済がプレーヤーに与えられるか」 と言う質問に対し 「救済はない」 という回答が記載されているのである。

つまり、激安ゼクシオゴルフクラブ同伴競技者に対して ボールをマークして欲しい という依頼と ピンにアテンドして欲しい という依頼は 別次元の依頼で、前者に対する対応は must だが、後者に対する対応は may とスタジオセレクト ニューポート2言うことなのである。

 加えて、付き添い人が同伴競技者の場合、意図的に抜かなかった場合を除き、スコッティキャメロン スタジオセレクト ニューポート2ピンが抜けずにボールが ピンに当たった時は (付き添い人の不注意によるケースも含め) アテンドを 同伴競技者に依頼してプレーしたプレーヤーには 2打罰が科されるが、アテンドした競技者に罰則の適用はないとなっている。