ゴルフインパクトの瞬間 ハンドファーストが正解?

October 20 [Thu], 2016, 13:03
ゴルフで納得のいく形でインパクトさせることができず、トップしたりスライスが連発していたものの、今は良い角度でまっすぐボールを打ち出せるようになりました。

どうすればインパクトの瞬間ががっちり決まるのか?徹底的に調べて研究をした結果、乾いた打音で鋭いボールをバシバシ飛ばせるようになりました。



スイング幅と距離感がだいたいつかめるようになったので、アプローチの精度も格段に上がり、パーを出せることも増えてきたんですが、僕が一体、どんな練習をしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。




■インパクトの瞬間の姿勢

インパクトの瞬間はどんな姿勢になっているのが理想なのかというと、ハンドファーストはNGです。ハーフスイングする場合でも、肩の動きと合わせる必要があるので、手が先行するのは、正しいインパクトは言えません。

クラブがボールにミートする直前の姿勢はまず、綱引きをイメージすると良いです。誰かにクラブが後ろから引っ張られていて、前に引き付けるようなイメージです。



上半身の力だけで引き付けることはできないので、確実に下半身にも力が入ります。この時、スイングの軸を意識しなければいけないので、結果的に左側に壁ができたように見えます。

軸がしっかりしていれば、急にクラブから手を離されても、体勢が崩れることはありません。体重が左足にしっかり乗った状態で、クラブがボールに向かって勢いよく進んでくるはずです。



これが正しいインパクトの瞬間です。下半身の力を左足でしっかり支えておいて、ちょっと遅れてクラブを振り下ろすと、結果的にボールとヘッドがぴったり一致するようになります。



■てっとり早く上達するには?

左足に体重を乗せたままバックスイングしてインパクトの瞬間の感覚を養うのも良い練習ですが、ただ、ゴルフスイングは一部分を最適化したからと言って、劇的にスイングが良くなるわけじゃありません。

同じように、悪い癖を一つ治したからといって、ボールの軌道がいきなり安定するわけじゃないんです。一部に修正を加えると、違う箇所に思わぬ影響を与えることになるからです。



ゴルフがなかなか上達しない人にありがちなのは、悪い癖を治す為に必死になっていることです。次から次へと問題が噴出して、手におえない状態になっているんです。

てっとり早くゴルフが上手くなりたいと思ったら、悪い癖を治す為に時間を使うべきじゃありません。もっと根本的な部分から練習をやり直したほうが良いんです。



上達を阻んでいる原因が、意外と基本的な部分に潜んでいるので、基本動作から徹底的に見直していくほうが、結果的により速くゴルフは上達できるんです。




■インパクトから逆算する

僕がゴルフでスキルアップできたのは、インパクトから逆算して正しい動作を徹底的に絞り込んだというレッスンDVDを使ったからです。

数千人のゴルファーのスイングフォームを分析し、正しいフォームを作るために本当に必要なものだけを厳選したというレッスン方法に従って練習をしていったら、みるみるスイングが安定してきました。



最初はもちろん、このDVDで本当に上達できるのか?と不安があったものの、返金保証がついていたので、それを当てにして使ってみたんです。

練習内容はイメージしていたよりもずっとわかりやすくて、実際にクラブを振った時にも、難しいことは考えずに、すぐに再現することができました。



1週間で一通りの練習メニューを終わらせられるようになっていて、後は同じ練習を毎週繰り返して精度を上げていくような感じです。

おかげさまで、特に難しい技術を覚えたわけじゃないのに、体重移動もスムーズにできるようになり、自然とインパクトの瞬間が整うようになりました。



よほどコース状況が悪くない限り、打点を大きく外してしまうことがなくなり、いつでも思い切りクラブを振りぬけるようになりました。


僕のゴルフを短期間で一気に100切できるほどレベルアップしてくれたレッスンDVDがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓









小原大二郎さんの7日間シングルプログラムとは?

October 20 [Thu], 2016, 12:59
小原大二郎さんの7日間シングルプログラムを通じて練習をしていくと、結果としてスイングの軌道が楕円軌道になります。クラブヘッドが地面近くをほぼ平行に走る距離が長くなります。
つまり、上下に打点がずれる幅がうんと狭くなるので、ボールの芯をとらえやすくなり、ミスショットが生まれる頻度が激減します。

それに、ヘッドがもっとも地面に近づくのがボールをインパクトさせた後、つまりボールの先になるので、きれいなターフをとれるようになります。
フェースの向きとか、インサイドアウトの軌道とか、そんなこと意識しなくても、勝手にヘッドが良い方向を向いてくれるので、意図しない回転に悩まされることもなくなります。