絶対ゴルフコースを大切にする

June 07 [Fri], 2013, 12:18
  自分のショットで芝生が削れてしまいましら、目土を入れなければなりません。ゴルフ場では、すべてのプレーヤーが公平にプレーできるように、プレーヤーはコースを傷つけたり、汚したりしないように配慮が必要です。バンカー内の足跡や窪みは、プレーヤー自身がならさなければいけません。ゴルフコースを大切にすることもゴルフをたしなむ者が弁えていなければならないマナーです。グリーン上にボールの衝撃で生じた損傷、いわゆるボールマークは、必ず入念に直してください。スパイク、ピン、ゼクシオゴルフ用品、あるいはボールの取り扱いなどにより、グリーンやホールを傷つけないよう注意を払いましょう。

  また、カートで芝などを傷つけないよう取り扱いに注意しましょう。ゼクシオMP700ドライバーなどの素振りで芝を傷つけないようにしましょう。しかしながら、フェアウエイを傷つけたまま放置して、次のプレーへ移ることは、ゴルフ初心者と言えども、ゴルフをする資質が疑われるところです。ゴルフコースを大切にすることは、マナーと言うよりは義務に近いものがあります。さらには、タバコの吸い殻、ガム、あるいは紙くずなどを投げ捨てたり、唾を吐いたりしないようにしましょう。ゴルフ初心者では、ディボット跡を作ってしまうのはやむを得ないことでしょう。

    削られたままのターフは枯れ果てた挙句にゴミになってしまいます。フェアウエイを汚すだけでなく、後から来る人たちのプレーの妨害にもなります。思い通りにならないからと言って、腹立ちまぎれにテーラーメイドバーナー2.0ヘッドを地面に叩きつけるなど、恥ずべき行為でコースを傷つけてはいけないのは。

テーラーメイドバーナー2.0アイアン4 -9PAS
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:golfhometeste
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/golfhometeste/index1_0.rdf