速効!ゴルフ飛距離アップ術のドライバーの飛ばし方の秘訣とは? 

September 25 [Sun], 2016, 12:53
ドライバーでジャストミートしてもボールが飛んでいかない。
一生懸命振っても、同伴者から50ヤードもおいていかれる。


そんな悩みを持っている方も多いと思います。


ゴルフは飛距離じゃないと言いながらも、
友達に置いていかれると、
ゴルフの楽しさが半減してしまいますよね。


でも、ドライバーが飛ばないのは、
あなたが一生懸命に振ろうとするのが
原因なのかもしれません。


なぜかというと、腕を振ろうとして力を入れるほど、
ヘッドスピードが減速するからです。


ヘッドスピードを加速させるためには、
グリップをやや緩めに握って、
トップスイングからインパクトにかけて
グリップを強くしていきます。


腕は加速させるのではなく、
減速させていった方が
ヘッドライトは加速していきます。


でも、それだけでは、
飛距離や方向性は安定しません。


何故なら、ヘッドスピードが上がっても、
ボールに力が伝わらなければ、
ボールは飛んで行かないからです。


ボールに力を伝えるためには、
ダウンスイングからフォローにかけての、
腕や肩の使い方が重要になります。


そこで、あなたのドライバーの飛距離アップのために、
おすすめの教材があります。


それが、再現性の高いスイングで飛距離アップが望めるので
口コミで評判の「速効!ゴルフ飛距離アップ術」です。


この教材を実践していけば、
正しい腕や肩の動きが身に付いて、
左ひじが引けたり、
アウトサイドインのスイングを矯正できます。


この教材は、
ドライバーの飛距離180ヤードだったのが
2年で平均飛距離280ヤードまで伸ばしたという
吉本 巧プロの飛ばし方のノウハウが詰まっています。


いくら振っても飛距離が出ない、

スライスで悩んでいる、

練習しても、上手くならないし、飛ばない

などでお悩みの方におすすめの教材です。


「速効!ゴルフ飛距離アップ術」の内容について詳しく知りたい方は、
購入者のレビューも載っているので、
こちらをチェックしてみてください。
  ↓    ↓    ↓
速効!ゴルフ飛距離アップ術