タイトリスト712 mb回転させながら腕をゆっくり

August 12 [Mon], 2013, 12:13
右のイラストの右肩の動きに注目して欲しい。特に、(a) トップ、(b) インパクト、(c) フォロースルーにおける左右の肩の動きの大きさとタイミングである。

また、ダフり は多くの場合、ボールをすくい上げようとする体や腕の動きが原因になっているものだ。タイトリスト712 mbチップ・ショットでもアイアンのフル・スイングでも、ボールを右手で すくい上げようとすれば、ダフりかトップになる可能性が極めて高くなるから ボールをすくい上げようとするのではなく、肩をレベルに回転させながら腕をゆっくりダウン・ブローに振って、クラブのロフトでボールを上げるイメージを常 に持つようにすると良いだろう。

ボールを アイアンのフェースの芯で捕らえるためには ボールがスタンスの中央タイトリスト712アイアン(背骨のラインに合わせて) より あまり左に行かないように置いて 肩が地面に対して平行に近くなる (右肩が下がり過ぎない) ように構えると良いだろう。ショートゲームでは、特に、その点に注意を払って ボールが スタンスの中央より左に行かないようにしよう。

チップ・ショットやピッチ・ショットのダフりを減らすためには アプローチGolf712ironsjp.com・ショットの基本の構えや動作について 一度 良く復習しておくと良いだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:golfclubsja
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/golfclubsja/index1_0.rdf