ゴルフでボールが当たらない!つまらない初心者がなんと!?

September 16 [Fri], 2016, 12:44
時間の合間を見ては練習に励んでいるし、自分よりも上手い人たちにいろいろアドバイスをしてもらっているものの、ゴルフが上手くなる気配はちっともありませんでした。

せっかく良い位置までボールを運ぶことができても、アプローチで盛大にやらかしてしまい、グリーンを往復してしまうことも珍しくありませんでした。



ボールが当たらないせいで、楽しくラウンドできた試しなんて1度もなかったんですが、そんな僕でも100切を達成することができました。

まだ安定して100を切れるわけじゃないんですが、前半を40台前半で回れることが増えて、スコア100台をキープできそうなレベルに近づきつつあります。



以前はひどいトップやダフリで空振りしてしまうこともありましたが、今は多少はトップ・ダフリ気味になることがあっても、ほぼほぼ打点が安定するようになりました。
**
ドライバーでファーストショットを打てる機会も増えて、同伴者とスコアを争うゴルフの醍醐味を楽しめるようになったんですが、僕がどうやってゴルフ上達したのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。


当たらない・飛ばないゴルフ初心者がうまくなるには?

September 16 [Fri], 2016, 12:34
■細かいことを考えない!

僕が上達できなかった理由の一つは、スイング中にいろんな問題を考えすぎていたことでした。アドレスをした瞬間から、ボールの位置やグリップの握り方が正しいのか?なんて考えていましたし。

テイクバックを始めたときにも角度は大丈夫か?ひじが曲がっていないか?と気にし始め、トップの位置はこの辺で大丈夫か?ひじの角度は?と、頭を使いすぎていたんです。



これだけ頭を使っていたら、思うようにクラブを振れなくて当然です。試しにやってみてもらいたいんですが、考えながら箸を使ってみてください。おそらく上手く箸が使えなくなると思います。

ゴルフスイングはもっとシンプルに考えてシンプルに振らないとダメなんです。考えすぎているうちは、絶対にゴルフは上手くなりません。



■我流の練習はNG

あと、ゴルフが上手くなりたかったら、やっぱり我流の練習はやめておいたほうが良いです。ゴルフに関する情報はたくさんあって、情報不足で悩むことはないものの、逆に、たくさんの情報の中で溺れてしまいがちです。

初心者のうちは、必要なもの・不要なもの区別することなんてできないし、「これとこれを組み合わせたら上手くいくんじゃないか?」みたいなアイデアも、ほぼ失敗します。



失敗をするたびに着実に悪い癖が身についてしまうので、我流の練習は、よほどの実力と運がなければ、まず上手くいくことはないんです。

ゴルフが上手くなりたいと思ったら絶対に誰かに教わるべきです。ゴルフがちょっと上手い人とか、近所のレッスン教室ではなくて、実績のあるレッスンプロに習うべきです。



■絶対に誰かに教わるべき

僕がゴルフ上達できたのは、小原大二郎さんというレッスンプロが作成したDVDのおかげです。本当ならば直接習いたかったものの、時間や場所的な問題、それにお金が高くで無理でした。

そもそも小原さんは数千人のアマチュアゴルファーを100切させてきたことが評判で、今は予約がいっぱいでレッスンを受けたくても受けられない人が大勢いるんだとか。そういう人のために作られたのが、僕も使ったレッスンDVDなんです。



DVDだけで本当にゴルフが上手くなるんだろうか?という不安はあったんですが、返金保証がついていたので、それを当てにして申し込んだんです。

すると、前評判の通りに練習内容は非常にシンプルで1週間ですべての練習が済んでしまいます。あとは同じ練習を毎週繰り返していくだけという内容なんです。



言われた通りに、今までの知識や経験は忘れて、クラブの握り方や構え方など、ゼロから練習しなおした結果、ボールの弾道がみるみる安定するようになりました。

おかげさまで今は、意図しないスライスやフックが出ることもなく、ほぼほぼまっすぐ前に飛んでくれます。7番アイアンでフルスイングすれば120ヤードは飛ばせるようになりました。



各クラブのふり幅を調整して距離感を合わせていけるようになったので、コースマネジメントをしながらラウンドする楽しさを味わえるようになりました。

僕のゴルフを短期間でレベルアップしてくれたレッスンDVDがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓







ゴルフでアイアンもドライバーも当たらない原因と対策

September 16 [Fri], 2016, 12:30
シャフトの長いドライバーになるとそれだけ、軌道がぶれやすくなるので、あたりが薄くなったり当たらなくなってしまいがちです。
クラブを短く持てば多少はあたりが良くなるものの、それは付け焼刃にすぎません。抜本的な問題を改善しなければ、あたりの悪さはこれからも続きます。

ではドライバーもアイアンもキチンと当てるようにするにどうすれば良いのか?というと、逆算して考えていくのが良いんです。正しいインパクトを生み出すために、その前の動作はどうあるべきか?というのを考えていくんです。
自分で答えを探っていっても良いですが、小原大二郎さんのDVDを見ればすでに答えが用意されています。しかも、どんな風に練習をすれば良いのかまで、わかります。

後は紹介されている通りに練習をしていけば、クラブに左右されることなく安定した打点を生み出せるようになりますよ。

ゴルフをやっている人

September 15 [Thu], 2016, 16:48
兄弟や会社の先輩など、気心の知れた人と行けば、まったく問題ないでしょう。ゴルフをやっている人は、プロのレベルでも常に上達を目指し、打ちっ放しで汗を流すものですから、周りに経験者がいれば、同行者の探すのに困ってしまうという事も少ないでしょう。
先に紹介したように、クラブも貸してもらえるところが多いですし、手袋などが売店で売っているところもあります。
ですから、本当に気軽にお試しで行くということも、出来てしまうわけです。ちなみに、練習場のボールは飛距離が飛ばないと言われていますが、練習場は変なクセを解消するとか、スイングを確かめるという目的で行く場所なので、それにおいてもまったく問題が無いでしょう。
ここで、しっかりと練習してコースを目指してくださいね。
ゴルフスイング振り切るコツ