【 更新情報 】

スポンサード リンク

タイガー・○ッズやアーニー・○ルスの安定した飛距離の源泉とは・・?


ドライバーで飛ばすために絶対に欠かせないポイントとは・・


それは第一に左手のコックです。


その次にダウンスイング時の「タメ」・・


この世の中には大きく2種類のゴルフスイングが存在していて、
一つは日本人のスイング、もう一つは欧米人のスイング。。


この2つの大きな違いは左手の使い方、タメを作るための左ひざの
軌道です。。


==>こちらで理想的なスイングの連続写真をチェックしてみてください。。



どうですか??今までの自分のスイングと比べて、

・左ひざの残り具合

・ボールを打つ瞬間の右手、左手の向き

・ボールを打った瞬間の両手首のくっつき具合

・左手は右手の上に重なるように「へ」の字を描くように・・

・フィニッシュ時の重心の位置、上半身ののけぞり方



などは参考になるでしょう。。


私はこれを見てすぐさま練習場に向かいました・・(笑)


柳原博志氏の提唱する直線運動上達法は、欧米トッププロと同じスイングを真似しなさい・・というものでは決してありません。


ゴルフで安定的に飛距離を得るスイングには共通点があり、
その共通項である最低限のスイングを身につけることにあります。。


直線運動上達法が我々に与えてくれるのは、飛距離やショットの安定感
だけではなく、ゴルフを心から楽しむ人生の喜びでしょう。。


==>直線運動ゴルフスイング上達法で美しいスイングを手に入れる法はコチラ!


柳原博志氏のゴルフ直線運動理論で飛距離が・・


ゴルフ雑誌でトッププロのスイング写真を見ると・・


「どうせプロのスイングはあまり参考になるはずないし・・」


と、誰しも思うのではないでしょうか?


ましてや、日本人プロと海外トッププロのスイングの決定的違い
など一生気づくことはないでしょう。。


しかし、胴長短足の日本人だからこそ、アーニー・○ルスやニック・ファ○ドの直線運動スイングで飛距離アップのヒントを得ることができるのです♪


==>柳原博志氏の直線運動上達法が一部公開されてます。。


何年もやっているのに上達しない。。


ゴルフは運動能力やセンスの問題。。
と考えるのはちょっと待ってください。


仮に、そうだとしても、こんなに練習しているのに一向にうまくならないのは
おかしいと思いませんか??


ただ、止まっているボールを打つだけ・・



こんな単純なスポーツなのに、なぜ遠くに飛ばないか?まっすぐ飛ばないか?

スイングがどこかおかしいのでは・・!??

こう考えるのが自然でしょう。。そう、、間違ったスイングをいくら練習しても
100は切れたとしても90はなかなか切ることができないのではないでしょうか?


==>こちらで、正しいスイングがあればゴルフは劇的に上達することを実感できます。。