ゴルフ上達で100切りできるドライバーのスイングのコツなどゴルフ上達法を分かりやすい説明でご紹介。

«おすすめサイト | Main | ゴルフ上達のコツ»
ゴルフクラブを選ぶ時のコツ
ゴルフクラブを選ぶ時、このクラブはどんな用途でどの様な使い方をされるべきクラブなのかと言う事をきちんと認識しておくと言う事はとても大切な事だと思います。

その中でも特に「ドライバー」「FW(フェアウェイウッド)」等は種類、使い方共に多様化してきている為に基本的な事はせめてきちんと把握しておく様にしておきましょう。

まずゴルフクラブを選ぶ時の要素としての知識ですが、以下の様な知識は基本的な事ですので覚えておく様にしましょう。

・ロフト
・フェース角
・シャフト
・ヘッド
・バランス
・ソール
・重量

等です。これらはゴルフ用語ですので是非覚えておきましょう。

一昔前と違って今は特にドライバーの技術進歩と言う物は目覚ましい物があると思います。
もし今ドライバーの飛距離が伸びないと悩んでいるあなた!ドライバーを最新の物に思い切って買い替えてみるのはいかがでしょうか?もしかしたら一気に解決してくれちゃうかも知れませんよ。

では今の最新ドライバーの傾向を挙げてみたいと思います。最近作られているドライバーはチタンを使っている物が多く、軽量と言う特徴を生かしてヘッドを大型にしています。

これにより今までとはスイートエリアが確実に広がった事を実感出来ると思います。次に低スピンになる様な構造になっていて、高い弾道で飛距離が出る様になっています。

こう言った情報をもとにしてゴルフカタログやゴルフ雑誌を見ると別の視点からみる事が出来て面白いかもしれませんよ。

 
Posted at 09:59 / ゴルフクラブ選びのコツ / この記事のURL
コメント(0)
ゴルフクラブを選ぶコツ
ゴルフクラブの選び方のコツは、身長や体型に合わせることとゴルフヘッド及びシャフトのバランスが重要となります。

ゴルフクラブは専門ショップでヘッドスピードを測定してスピン量を測定し、じっくりとアドバイスを聞いて購入する事がおすすめです。
いきつけのお店をつくり、ゴルフクラブについて良く知っている店員さんに相談しましょう。

上達するレベルに合わせて必要なゴルフクラブを揃えていけばよいでしょう。クラブは大別するとウッドとアイアン、そしてパターに分類できます。

ウッドには、ドライバーとフェアウェイウッド(FW)とがあり、ドライバーは第一打目に使うためのクラブで距離が出しやく、フェアウェイウッドは主に2打目以降に使うためのものです。

アイアンは、ウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブです。

パターはボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使います。グ リーンに乗ったら、カップに沈めるまでパターでプレーします。

ゴルフを始めるのに必要なゴルフクラブセットを選ぶ場合には、6番アイアンのカーボンシャフトから始めていくのが無難です。ゴルフのルールでクラブは「14本以内なら何本でもOK」ですが、初めはハーフセット(1、4ウッド、5、7、9アイアン、サンドウェッジ、パター)を揃えれば十分コースデビューできます。

初心者の方はゴルフショップの店員さんに、自分に合ったクラブを選んでもらい実際に試打してみる。構えた時のフィーリングやボールを打った感覚が良ければ、まず自分に合っていると言って良いと思います。

中級者の方は今まで使っていたゴルフクラブで「最近ボールがフックしてしまう」とか「妙にスライスしてしまう」等の問題点があると思いますが、それはボールを掴まえる事に慣れてきた結果であると思います。

それを矯正する為に安易にゴルフクラブを変えてしまう人もいるかと思いますが、私の経験上で言わせて頂ければゴルフクラブで重要な部分はシャフトであると考えられると思います。

ボールを掴まえるのが上手になってくると若干ヘッドスピードが上がりそれに伴いスピン量も増して来ます。クラブ全体を変えるのではなくヘッドはそのままにしてシャフトを変える事をお勧めします。

但しそのクラブのバランス等があるので熟練のゴルフショップの店員さんに相談した方が良いでしょう。

また、若い方は体力や力があるので、シャフトを硬くしたり、若干重量がある物を使ったりした方が良いと思われます。ヘッドスピードが45以上ある人はSRシャフト以上を使うべきだし、45以下の人はSRシャフト以下を使った方が良いでしょう。

 
Posted at 09:29 / ゴルフクラブ選びのコツ / この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント

 
 Powered by yaplog!