ゴールドカードの入会における審査の動向

2013年11月29日(金) 23時01分
ゴールドカードに入会することを狙っている方も多いはずです。一般的なカードよりも使い勝手が良いことも多いからです。クレジットカードを定期的に利用する方にとっては、ゴールドカードを使う事がかなりおすすめです。

しかし、ゴールドカードは誰でも作ることができません。一般カードよりも厳しい審査というものが待っています。簡単に作ることができない事もありますので、その内容を知ることからはじめましょう。あらかじめ知っておけば、うまく対処できるはずです。

そもそも、ゴールドカードについては、時代を大きく反映します。その時代によって、条件が大幅に変わる事もあるわけです。たとえば、年収もあるでしょう。バブル時代とデフレ時代では、年収が大きく異なっているわけです。

ですので、昔の基準でゴールドカードの審査を考えてはいけません。実際に審査条件を変えたゴールドカードもあります。厳しくしたカード自体はほとんどありません。ほとんどのカードが審査基準を下げるなどの対応をしていますので、作りやすい状況が続いていることは覚えておきましょう。

また、カードによって大きく異なるのが審査条件です。ゴールドカードごとに詳しく状況を確認することも大切です。さらに、カードのサービス内容によっても審査条件を推測できますので、サービスについても注視していただきたいです。

勤続年数が関わるゴールドカードの審査

2013年11月29日(金) 22時12分
ゴールドカードの審査の動向ですが、勤続年数が大きなテーマになります。収入額というものが重要になるのがカード審査ですが、安定している事も重要です。1年だけ収入が良いだけでは意味がありません。長期的に収入が良い状況が長く続かなければいけないわけです。


では、ゴールドカードの勤続年数というものですが、どれくらいが目安になるのかを考えてみましょう。まず一般カードは1年以上と言われています。ですので、そえよりも長い勤続年数が必要になる事は確実です。

【3年から5年が目安】
ゴールドカードの審査の突破に必要な勤続年数は3年から5年と言われています。長ければ長いほどいいわけですが、3年以上あればゴールドカードは作れるケースが増えてきます。

実は、ゴールドカードの勤続年数については少し基準が下がりつつあります。3年程度あれば審査を突破できるケースも多いので安心してください。難しいカードは無理ですが、平均的なゴールドカードは3年程度でも作成できるようになりました。

ただ、難しいタイプになれば勤続年数が5年以上という事もあります。プラチナカードに匹敵するゴールドカードの場合は、7年以上の基準を持っているものも少なくはありません。インターネットなどで自分が欲しいクレジットカードの難易度をチェックしてください。そちらから必要な勤続年数を想定しても良いでしょう。

勤続年数とゴールドカードの審査の詳細

2013年11月28日(木) 21時10分
勤続年数とゴールドカードについて前の記事で述べましたが、もう少し詳しく解説させていただきます。カードのタイプと勤続年数と審査の関わり合いについての情報を紹介します。

【年会費が2,000円から3,000円のゴールドカード】
勤続年数が1年未満でも突破できる可能性があります。年会費から見ても良く分かるように、ほとんど一般カードと同等の機能しかありません。ですので、勤続年数についてもあまりうれしくありません。機能としてもうまみはありませんが、イメージ的にゴールドカードを持っておきたい方にはおすすめのタイプになります。

【若者限定ゴールドカード】
ゴールドカードの中には若者限定タイプもあります。(JCB GOLD EXTAGEなど。)いわゆる20代を中心にしたゴールドカードです。審査の動向が変わりまして、以前が30代からというゴールドカードも多かったですが、最近では20代が持てるようになりました、その一因が、この若者向けのゴールドカードになります。


20代中心のカードになりますので、勤続年数はやはり少なめで問題ありません。年会費が安いタイプと同じように1年程度でも審査を突破できる可能性は高いです。



【本格的なゴールドカード】
高級タイプのゴールドカードになります。こちらはそう簡単にクレジットカードを作ることはできません。勤続年数についても厳しくなります。勤続年数は3年から5年以上になります。自営業の方は5年以上とされる事も多いです。


以上のように、タイプによって必要とされる勤続年数に違いがありますので、カードの申し込み時には気をつけてください。

JCBの新しいゴールドカードはこちらへ
新ゴールドカード!JCBゴールド プレミア

ゴールドカードの審査と利用状況の金額

2013年11月27日(水) 21時43分
ゴールドカードについてチェックしていただきたいのが、現在クレジットカードで利用している金額です。ショッピング枠やキャッシング枠の利用状況というものになります。実はそちらの金額についても、ゴールドカードの審査に多いにかかわってきますので、注意してください。

【クレジットヒストリーについて】
ゴールドカードの審査で注目されるのが、クレジットヒストリーというものになります。そちらにより、ショッピング枠やキャッシング枠の利用状況がしっかりと分かってしまいます。大きな金額を利用している場合には、危険視されて審査落ちになる可能性も多いです。

中には、致命的なマイナス情報がクレジットヒストリーに記載される事もあります。そちらがあるとどんなカードが作れない事もあります。ゴールドカードどころか一般カードも作れない事もあります。クレジットヒストリーについて意識してください。クレジットカードを申し込む時には、利用料金を減らすといった努力も必要です。

とくに、貸金業法の改正もありました。年収の3分の1を超える借り入れもできなくなりましたので、まずはキャッシング枠の利用を減らしてください。出来れば、ゼロにして審査を受けましょう。

ゴールドカードの審査とクレヒスの詳しい内容

2013年11月26日(火) 23時55分
クレヒスとは、クレジットヒストリーの事です。略して使われることが多いです。クレヒスという言葉で使っている方も多いので、覚えておきましょう。

では、ゴールドカードの審査を考える上でクレヒスについて、もう少し詳しくチェックしてみましょう。いわゆるカードなどの利用実績が書かれているのですが、まず24カ月に渡るクレジットカードの利用状況が記載されます。

【返済状況も記載】
クレヒスで特に重要になるのが、返済状況になります。返済がしっかりとお婚われているかを確認する事も出来ます。予定通りで予定金額なら問題ありません。しかし、返済されなかったり、返済金が足りなかったりした時もその情報が記載されます。

そういったマイナス情報が記載されると、ゴールドカードの作製は難しいと思ってください。カード会社が警戒して審査落ちにしてしまいます。


【カード申し込み数も記載】
クレヒスには、カード申し込み数というものも記載されます。カード申し込み数があまりに多いことになると、カード業者は警戒します。それだけカードが必要になるということは、生活が苦しいなどの理由があると思われるからです。

カード申し込み数については、約6カ月間は情報が残ると言われていますので、ゴールドカード審査の前にはカード審査の申し込みをなるべく受けないでください。期間を空けてから申し込みしましょう。

ゴールドカードの審査と年収の診断

2013年11月25日(月) 22時41分
ゴールドカードの審査条件には、必ず年収というものが関わってきます。しかし、考えてみれば年収は自己申告制になります。カード業者には、年収を正確に調べることは基本的にはできません。


ただ、さまざまな情報から一定の額を想定して判断しています。年収額については、少しでも高く思われた方が良いので、どういった条件なら良い結果が出るのかをチェックしてみましょう。

【年齢】
年齢については、やはり高い方が年収は高いと思われています。年功序列型の社会ですので、やはり20代よりは30代となるわけです。30代半ばくらいになると、ゴールドカードがかなり作成しやすくなります。

【勤務先の事業規模】
勤務先については、中小よりは、大企業のほうが評価されます。それだけ収入が高いという事が判断されます。またボーナスなども安定して支給されるなどのイメージがあるので高評価になりやすいです。

【勤務形態】
・正規雇用
・非正規雇用

以上の二つのタイプの雇用形態があるのですが、もちろん正規雇用のほうが年収は高いと判定されます。ゴールドカードの審査には必ず正規雇用であることが必要とされるケースもあります。中堅のゴールドカードからは確実ですので、把握しておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マツイ
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる