勤続年数が関わるゴールドカードの審査 

2013年11月29日(金) 22時12分
ゴールドカードの審査の動向ですが、勤続年数が大きなテーマになります。収入額というものが重要になるのがカード審査ですが、安定している事も重要です。1年だけ収入が良いだけでは意味がありません。長期的に収入が良い状況が長く続かなければいけないわけです。


では、ゴールドカードの勤続年数というものですが、どれくらいが目安になるのかを考えてみましょう。まず一般カードは1年以上と言われています。ですので、そえよりも長い勤続年数が必要になる事は確実です。

【3年から5年が目安】
ゴールドカードの審査の突破に必要な勤続年数は3年から5年と言われています。長ければ長いほどいいわけですが、3年以上あればゴールドカードは作れるケースが増えてきます。

実は、ゴールドカードの勤続年数については少し基準が下がりつつあります。3年程度あれば審査を突破できるケースも多いので安心してください。難しいカードは無理ですが、平均的なゴールドカードは3年程度でも作成できるようになりました。

ただ、難しいタイプになれば勤続年数が5年以上という事もあります。プラチナカードに匹敵するゴールドカードの場合は、7年以上の基準を持っているものも少なくはありません。インターネットなどで自分が欲しいクレジットカードの難易度をチェックしてください。そちらから必要な勤続年数を想定しても良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マツイ
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる