長く服用する事で効果のある、不妊治療の漢方とは?

October 17 [Wed], 2012, 11:02

不妊症の治療に使われる漢方薬は、長く服用し続ける事によって効果が現れて来る物ですので、服用したからと言って直ぐに効果が期待出来る物ではありません。

これには、他の病気の治療で使用する全ての漢方薬に当てはまります。

『継続は力なり』と言うことわざがありますが、漢方薬も同じく、長い期間継続して飲み続ける事によって、その効果が発揮されるのです。

私達の身体は、代謝の働きによって、約4か月〜6か月で体質が変化すると、東洋医学では言われています。

漢方薬も同じで、個人差はあるものの4か月〜6か月でその効果が実感できると言われています。

不妊の種類を知って、ご自身に合った漢方を

August 29 [Wed], 2012, 8:01

不妊症に悩んでいる女性の方は、大きく分けて4つの体質(タイプ)に分けることが出来ます。

脾臓の働きが弱い女性の方は、脾臓では消化酵素を作る働きをしているため、脾臓の働きが弱いと消化機能も弱まり、必要な栄養素を摂取する事が出来ず、体力が低下気味になってしまいます。

肝臓の働きが弱い女性の方は、ストレスによってホルモンのバランスが崩れてしまい、肝臓本来の働きである毒素を体外に排出する機能が弱まってしまい、排出されない毒素が身体に残ったままとなってしまいます。

腎臓が弱い女性の方は、不規則な生活や食生活、睡眠不足によって、慢性的に体力不足や疲れを感じてしまいます。

その結果、生命を維持して行くエネルギーが足りなくなってしまうのです。

不妊症だけではない!?心身のバランスを整えてくれる漢方薬

July 18 [Wed], 2012, 10:59

漢方薬は、中国が漢の時代であった時に、仏教と共に日本に伝わったとされています。

漢方薬の原料である生薬は、植物や動物、鉱物から抽出された物で、それを煎じて個人に合わせて調合し、服用します。

漢方薬が使われる東洋医学では、『気・血・水』と呼ばれる考え方があり、このバランスが崩れてしまう事によって、身体の調子が崩れてしまうだけでなく、病気の原因となると考えられています。

気は、精神的なエネルギーの事を指し、血は、血流や血液の事を指します。

水は、血液以外の身体を構成している体液の事を指します。

この『気・血・水』のバランスを崩さないために、使用されるのが漢方薬であり、身体のバランスや調子を整えて、病気に罹りにくくしてくれるのも漢方薬の特徴です。