年度末 

2009年03月31日(火) 15時45分
いなくなるとわかっていたのに。

残される方が辛いとわかっていたのに。





去っていく姿を見て、淋しさで胸がしめつけられた。




実感ないんだよね〜
なんて言って笑う君に僕は何を言えばいいのかわからなくなって、
憎まれ口なんかたたいて、かっこわるい最後にしてしまった。



もう一緒に働くことはきっとないんだなぁ



なんて、いなくなった後に思ったりして。
もっと素直に言えばよかった。










あなたがいたから1年間頑張れた。
あなたといたから1年間楽しかった。
あなたに見せたかったから1年間走ってこれた。
あなたに見て欲しかったから1年間笑ってこれた。
あなたがいたから…





1年間ありがとう。
本当にたくさんお世話になりました。









でも、








いないのがさみしい。
すごくすごく、さみしいよ。

今週から 

2009年02月24日(火) 18時06分
新しい生活2日目。


といっても、俺は何もしていないけれど。
新しいといっても、俺自身はプチ家出状態だけど。
荷物だけがその日の分だけ少しずつ足跡みたいに増えていって。



きっと今、すべてを話すと怒られると思うから、もう少しだけ自分で温めておくよ。
今はちょっと不思議な状態。
これでいいのかと聞かれると、ちょっと戸惑うところもあるけれど、

だから?


今はもう少しだけ様子見。

朝のちょっとしたドライブが一番、現実的で少し辛い。

明日は鬼の日 

2009年02月02日(月) 19時58分
さぁ、2月!

今日は子どものそばにたくさんいようと思って、頑張った。

…頑張った?

こう考えるのがもう、慣れて手抜きをしてる証拠じゃんね。

もっとできるもっとできる。

もっと子どもとふれ合える。

もっと子どもと分かり合える。

もっともっともっと…

優しいだけの先生にはなりたくないけど、もっと近くに。

嫌われるのを怖がってちゃ、近くにはいけない。

また 

2009年02月01日(日) 19時56分
またやってしまった。

また元に戻ってた。

しっかりとおれが手を引いていくと決めたのに。

またつかまるならつかまって、みたいに。

言われてハッとしてるようじゃまだまだダメじゃん。

覚悟も決意もあるのに、自分の性格ってやっかいだなぁ。

ようし、これからまた、仕切り直しだ!!!!!

ドタキャン日和 

2009年02月01日(日) 13時33分
とうとう終止符を切り出すと言って去っていったその顔には
決意と不安と恐怖がバランスとれないような、そんな感じだった。

がんばれ といっても無責任だろう
だいじょうぶ といっても無責任だろう
俺がついてる といっても無責任だろう
今から行くところは自分の手の届かない見えない空間
ボクにその固まった表情を崩すことはできなくて、ただ見送ることしかできなかった。

それっきり連絡がなくて、僕はボクなりにいろいろ考えた。
今何が起こっているのだろうと。
そこを支配しているのは
悲しみなのか、怒りなのか、それとも憎しみなのか。
何も見えないことがこんなにも苦しくて不安だなんて、
今までも見えなかったのになんか違う、この思い。
きっと、最後の君の表情が頭にはりついて離れないからだね。

どんな結末でも待ってるから って言ったのは自分では上出来だな。
何が支配して結末が変わろうとも、それを受け入れる準備はしておかないと。
寂しさがあふれて寄ってきても、
急な展開にバタバタしたとしても、
たとえ、言いようのない悲しみに負けて答えが変わってしまったとしても。

なんて書きながらコーヒーをすすって、カフェで一人時間潰し。
昔ならこんなことしようとも思わなかったな。
自分の中に根付いている感覚に少し驚きながら、もうすぐ答えがやってくる。

表情で気づけるといいな、僕のちょっと得意な分野だから。
さぁ、君はどんな顔してやってくるのだろう。

初診 

2009年01月30日(金) 19時12分
1月最後の一日は、こなした。

何かをやりたいと思ってやるのではなく、こなす。

最近、こんな感じに見舞われることが多い。

ダメだと思いながら、きっと…絶対4月よりも手を抜いているに違いない。

なんとかしようと思っても、どうすればいいのかわからなくって、
迷子の子猫ちゃん状態。

いかんなぁ、こんなこと言ってたら。
とりあえず、もう一回初心にかえらねば。…初心てなんだ?

きっとやりきってない感の自分に自信がなくなってきて、
自信がないからなかなかやりきる力が出てこなくて。

の、悪循環。

いかんいかん。


残りは、あと約30日。

ペットボトルマン 

2009年01月29日(木) 20時28分
これよかったから読んでみて

と渡された紙に書いてあったブログを読んで、

こうやって書き始めてる自分が嫌いだ。

感化されてるのがすごくわかって、
それはいいっちゃいいんだけど、
真似ばっかして自分がない感じになるのがすっごくイヤだ。

結局そこに書いてあったのは政治のことをテーマにした「ヒト」の話で、
共感できるところもありながら難しいところもあって、
いい
と言われたそのすべてを理解できてない感がなんだかむなしい。

ふぅん、あなたはそんなふうに思ったんだ。へー。
と斜めに構えてる自分がむなしい。
だって、そんなに真剣に考えてなかったし。

いや、それもなんか違くて、そりゃそんな風に思ったけど、
そんなにキレイに言葉にする術をもってなくて、若干反抗。
そんな自分がやたら小さく見えて、少し笑えてくる。

こんな自分の何が良いのかと、少し聞きたくなる。でも、少し聞きたくない。
どうしてそんなに素直にスッと入れて、コメントできるの?
何だかんだで、ホラ、あなたの方が感性がオープン。
お願い、そこにはずっと気づかないでね。気づかれた日が恐いから。
悔しさと寂しさと小ささと敗北感と情けなさが綺麗に列を作れずに並んでる。

こんな日は引き出しが多いと言われていて、実はヒトよりも少ない気がすごくする。
自分の感覚に合わないものは、
それはそれ。おれはおれ。   と切り捨てるし。
その中でどれだけたくさんの光を捨ててきたのだろうと振り返って
必死になってそいつらを入れる引き出しを増やそうとして
まだ入ってない引き出しに名札を貼ったら違うものがまた見えて
名前だけで何も入ってない引き出しが増えている。そんな時に感じる空虚感。

自分の引き出しにはない光を他にたくさん見て、その輝きをみてワオって思うなら、
自分自身は光のほとんどない空容器。

さぁ、何を入れようかな。こんな風に気づいたのが悔しいから、
やっぱ反抗して何も入れないとこっかな。


ほら、また取りこぼしそうだ。

沈みゆく中で 

2009年01月25日(日) 17時44分
生きる意味になれたら

そんなかっこいい言葉はきっと言えないけれど、
きっとこれから進もうとしている道は痛くて険しい茨の道だから
俺の歩いた後をついてこいと
俺の手をつかんで歩いてこいと。

本当はこれから直面する責任や現実に押し潰されそうになるときもあって
目を背けたくなることもあって
あなたの人生を少し以上背負った今だから投げ出しにくい
今ごめんと言ったらあなたはひとりぼっちになるんじゃないかとか
離れたらいろいろな部分がねじれ始めた世界をどれだけ元に戻せるかなって
考える時もある。
実は今日、あなたじゃなくてもいいんじゃないかとリアルに考えた時間があった。
年が同じくらいで性格はこんな感じで顔は…とか。
そしたら、
別れたってまだ若いし、恋愛中だし、きっと何とかなるよ
ではなく、
この道を進むなら未来はこうでなくてはいけない、
というwillではなくmustよりな見えないプレッシャーもないだろう、とか。

でも、出会えてよかったし、やっぱり放したくない。
むかつくしバカだし上から見てくるしやなとこなんていっぱいあるし。
でも、一緒に笑うのとか感動するのとか見てるものとか
あぁいいなぁって感じるんだもん。
俺にはきっといつまでたっても受け入れられないあいつのもつ過去。
腹がたつし引くし嫉妬するし自分に自信がなくなるしいいことなんてひとつもない。
でももう過ぎていったことだもんなぁってのも変えられないのもわかってて
そこをチクチクしてる自分が本当は大嫌い。

過去をグチャグチャ言うより今から俺が変えていく
あなたを信じる。だから俺を信じろ。
もっとしっかり手を引っ張ってあげないといけない。
覚悟はあるあると言いながら、本当はなくて手を差し出していないのは自分か?
ごめんね、口ばっかりだったかもしれない。
一緒にいきて死ぬまで一緒
隣でわらってくれないかな?今、すごく隣でわらってほしい。

かっこいいことを言う主人公に憧れているだけなのか

でも、見ながら思い描いていたのは間違いなくあなただった。

こんな状況になったら生きてほしいと。
自分よりも相手に生きてほしい。
生きろと伝えたい。

大切だから。


タイタニックを見て。

体験学習 

2009年01月24日(土) 0時26分
落ちた時は話してくれればいいよ
俺が、
何でそうなのかなー?何言ってんだよー!
って背中を押してあげるよ


それこそ、何言ってんだよ

何でそうなの?なんてわかんないから落ちてるわけで
なんで?わかんない。なんで?わかんないわかんないわかんない…
それ聞かれると「わかんない殻」に入っちゃう。
落ちた時は素直に話せなくて逃げたくて
どうしたと背中を押してもらいたいけど、
話そうとするところまでテンション上げるのにも
押したり引いたりしてほしいもので。
そんな自分に気づいてほしくて、見られたくなくて。

そんな自分が嫌で、何も知らない人のところへ逃げたくなる。
それがダメだと思い直して、
孤独を感じる。

なんで話かけてくれないの?
なんで見えてくれないの?
なんでわかってくれないの?
ねぇ、わかろうとしてくれてる?

相手からのベクトルがないことに不満や不安を
募らせてまた落ちて。

自分からは何一つ話そうとしないくせに。

…素直に話しかけられて素直に答えることもできないくせに。

超、悲劇の主人公。



コイツめんどくせぇ



いつも俺が話してるのは、
相手の気持ちを考えてるようで、
全然理解できてないんだなぁ



足助屋敷に行ってきました。

空言クエスト 

2009年01月21日(水) 19時22分
たとえばドラゴンクエストで、スライムと戦う主人公。
もちろん、画面には「敵があらわれた」
何も考えずに「敵」だという言葉とともに倒す。そしていつかレベルアップ。

そう、それが正しい。

スライムがなんで現れたのかも、スライムが良いものか悪いものかも関係ない。
もしかしたら、話をしたかったのかも。
もしかしたら、ただ見ていただけかも。
もしかしたら、つまずいてぶつかってきただけかも。

そう、そんなものは関係ない。

あちらの話は知らないから、こっちの見方で敵だから。
敵だと言っているから、敵だから。
逃げてたらレベルあがらんし。

 英雄か殺人鬼か  なんてよく言ったもんだ。
しょせんゲームの話。
でも、
ゲームよりも、むしろ世の中は残酷で。

不倫のドラマを見たらあなたはどう思う?
そりゃやっぱいかんでしょと、思うよね。
倫理にふさわしくないから「不倫」だし。
ダメだと言われているからいかんだろうし。

そう、それが正しい。

でもね、そこにある意味や時間や想いだってあって、
ダメだということもさんざわかっていて、
むしろ周りよりも悩んだし考えて、
それでも一緒にいたいという想い
そこにはそこのドラマがあって。

でも相手の相手を傷つけるじゃん、スライムとは違うよって

そう、それが正しい。

ただ、一緒になったからと元に戻れない状態にまで気づかずに進んできた状況、
時間が空回りしてクルクル狂狂と進んで気づいたら戻れない
戻りたいと思わせれない相手

そこに問題は…

そんな時に出会った、自分を成長させれると直感で信じれる相手

そこに問題は…

そんなこと言ったら見つけた時そのたびに取っ替えひっかえするんかいって
自分の、相手の、相手の相手の、「責任」という文字を背負ってないのかって
きっとスライムのように切り捨てられるのなんかわかってる。
ドラマをみて、かっこいいと思っても本気で望んでる人なんて
ほんのほんの一握り。

だってほら、不倫相手を悪者と設定して見せるのがドラマだから。
ハッピーエンドはいつも元に戻ってよかったねって。

悪役になりたいって思う人なんて、いないんだよ。

2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
☆最新コメント☆
アイコン画像MIKI
» 成長。静聴。整調。清聴。 (2009年01月05日)
アイコン画像MIKI
» 呼んでいいかな? (2008年11月04日)
アイコン画像SASUKE
» いま (2008年09月23日)
アイコン画像MIKI
» 久しぶりの長話。 (2008年04月28日)
アイコン画像ちぱこ
» 担任って、いいなぁ。 (2008年04月25日)
アイコン画像
» そんなこんなでいつのまにやら (2006年12月22日)
アイコン画像MIKI
» そんなこんなでいつのまにやら (2006年12月19日)
アイコン画像みつ
» 今夜の闇はいつもより暗い (2006年12月05日)
アイコン画像MIKI
» 今夜の闇はいつもより暗い (2006年11月30日)
アイコン画像MIKI
» ほ〜た〜る〜☆ (2006年06月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:golden-star
読者になる
Yapme!一覧
読者になる