ゴールドカードのメリット2 

April 26 [Sun], 2009, 18:12
 旅行保険のほかには、ショッピング保険というものもあります。
ショッピング保険とは、そのゴールドカードで購入したものが故障した場合などに、商品の代金を返金してもらえるといった保険です。
このほか、カード会社によっては「リターンプロテクション」などの名称で、商品を返品できるところもあります。

 商品によっては、ショッピング保険が下りない商品もあるので必ずしも完璧な保険ではないですが、高い商品を買う場合に、店舗が提供する保証プログラムに入らなくてもカードの保険があてにできるので安心ですね。

 このほかにも、カード会社ごとで色々な特典や優待を提供しているようです。
例えば、24時間年中無休で医師などに無料相談できる電話サービス「ドクターコール24」、
最高1000万円までの犯罪被害傷害保険「ライフアクシデントケア制度」、
税務・年金・資産運用などについての相談ができる「暮らしのお金相談ダイヤル」、
最高50万円のスポーツ賠償責任保険(任意)、
ステッカーが貼ってある全国約13万台のタクシーで利用できる「UFJCard/NICOS タクシーチケット
希望の場所から空港間を、タクシーまたはハイヤーで、格安な定額料金で送迎する「エアポート送迎サービス」、
海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス
といったようなサービスがなどがあります。

 このほか、一般には公表せずに、ゴールド会員にだけ個別で案内する特典もあります。
個別で案内する特典などは実際にその会社のゴールド会員になってみないと分からない部分もあるので、ゴールド会員が書いているブログなどの口コミ情報などで調べてみてはいかがでしょう。

ゴールドカードのメリット1 

April 25 [Sat], 2009, 19:53
 ゴールドカードのメリットですが、ポイント付与率の高さ、そして一般カードよりも付帯サービスが充実していることなどです。

 ゴールドカードならではのサービスとしてよく知られているのが、国内空港の有料ラウンジを無料で利用できること
ラウンジにはコピーやFAX、無線LAN設備が整い、フリードリンクなどのサービスもあります。
 空港ラウンジを無料で使えれば、搭乗時間まで時間を有効に利用でき、中途半端な時間に空港に着いてしまい、どこでどうやって過ごしたらいいのか困ることもないですよね。
出張で飛行機を使うことの多いビジネスマンにとってはうれしいサービスですよね。

 また、旅行保険が一般カードより手厚くなっています。
旅行や出張や度に旅行保険に加入するのは手続きが面倒だし、回数が多くなれば費用の負担も大きくなってきます。
しかしカードの旅行保険を使えば、わざわざ旅行や出張のたびに旅行保険に加入する必要はありませんよね。

 一般カードの旅行保険は、補償の条件が「そのカードで料金を支払った場合」となっていることが多いですが、ゴールドカードの場合は、そのカードで決済した場合以外でも保険が下りるものも多いので、自分が入会したいカードの条件をチェックしてみてください。
また保険の最高補償額も、一般カードより高額に設定されています。

提携カードとプロパーカードって? 

April 24 [Fri], 2009, 19:36
 提携カードとは、クレジットカード会社が、他の企業や団体と提携して発行するクレジットカードので、逆に、クレジットカード会社自身が自分で発行する自社ブランドのカードを「プロパーカード」といいます。
 
 さまざまな数え切れないほど多くのクレジットカードが世間にはありますが、そのほとんどが「提携カード」です。

 提携カードの典型としては、百貨店、ガソリンスタンド、ホテル、航空会社などで募集しているクレジットカードで、提携元となる企業が提供する機能や特典(店舗が発行するポイントカードや銀行のキャッシュカードなど)を受けられるため、ユーザーにとって「持つメリット」が分かりやすいのが特徴です。

 提携カードに比べるとプロパーカードのメリットは分かりにくいですが、例えばA航空会社で発行した提携カードを、ライバルの別のB航空会社で使うのはちょっと気まずい気がしますよね。
三越で買い物をするのに高島屋の提携カードでは買いにくい、ということもありませんか。
そういったことを気にしなくても、どこでも気兼ねなく使える点はプロパーカードのメリットですね。

 また将来的にステイタスのあるカードを持ちたいなと思っている場合は、プロパーカードの利用が大前提となります。
例えば「三井住友VISAプラチナカード」や「JCB The Class」やといったステイタスカードは、三井住友カードやJCBのプロパーカードを利用している優良ユーザーにしか申し込みができないという事実もあります。

ステイタスカードとは 

April 23 [Thu], 2009, 20:16
 ステイタスカードとは、優良顧客を対象に発行される高グレードのクレジットカードのことで、一般的にはゴールドカード以上のグレードを持つカードのことです。

 また、若者向けに年会費が安く設定されている、「DCゴールドカードヴァン」、「三井住友VISAヤングゴールドカード」といったゴールドカードに準ずるサービスを受けられるカードも発行されており、これらもステイタスカードに分類されています。

 例外として、アメリカン・エキスプレスの一般カード(通称「アメックス・グリーン」)や、ダイナースクラブの一般カードは、サービス内容や付帯保険、年会費などが他社のゴールドカード並みであるため、ステイタスカードに分類されることが多いようです。
 
 三井住友カードの「三井住友VISAプラチナカード」、ジェーシービーの「JCB The Class」といった、一般にプラチナカードと呼ばれている、ゴールドカードよりも、さらに上のグレードのカードもあります。

ゴールドカードって必要? 

April 22 [Wed], 2009, 9:52
 一般カードを何年も使い続けていると、「ゴールドカード会員になりませんか」というダイレクトメールを受け取ったことがありませんか。またゴールドカードユーザーだと「プラチナカード会員になりませんか」というインビテーション(招待)が来ることもあるかもしれませんね。

 世の中、ある程度の年齢になり、社会的な立場、地位が上がり、責任のある役職になってくると「今よりも、ちょっといいカードを使ってみたい」と思う人が増えてくるようです。

 また、自分の身近な人がゴールドカードやプラチナカードといったカードを使っていると、自分でも持ってみたいなと思ってくるようです。しかし、ゴールドカードやプラチナカードは一般カードよりも年会費が高いもの。「持ってみたいな」と、1度は検討したものの、年会費を考えると、「やっぱりやめておこう」という人も多いでしょう。

 「俺は現金主義だからカードなんて使わないよ」という人や、「カードのステイタスで見栄なんか張りたくないよ」という人にとって、ゴールドカードの高い年会費はまるっきり無駄でしかないものですね。
 実際、年会費無料のカードは世の中にたくさんあるのだから、とりあえず一枚はクレジットカードを持ってようか、というのなら、年会費無料のカードで充分ですね。

 しかし、カードの必要性は人それぞれ違うもの。
カード会社が提供するサービスや特典が自分のニーズに合っており、しかもある程度の頻度でカードを使っているなら、実は年会費を払ってでも、それだけのメリットがあるものです。
 特に、出張などで飛行機やホテルを多用するビジネスマンの場合、結果として“オトク”になることもありますね。

 ゴールドカードを持つことで、ユーザーはどんなメリットを得られるのか? ここでは、ステイタスカードの魅力について、ゴールドカードを中心に紹介していきたいと思います。