疲れた 

2011年10月04日(火) 1時59分
おかんに身辺をきれいにしろと言われる

僕が女といるとこを見た近所の人に何か言われたらしい

この人の短絡的な思考から湧いて出る発言と
いかに人が見聞きしたものからしか価値観を醸成できないかを感じさせる思考回路は、

結局ずっとこのままで

まぁしかしまだ実害がないから構わないといったところなのだろうか


そしてそういうとこで育った僕が引きこもらりにもならずに済んだのは
そこら辺に違和感を自覚していたからだろう


親という存在は
自分の持つ価値観とそれに基づく行動が
子供に与える影響に無自覚で

自覚した気になって
取り繕っている事を
子供に見透かされることにも気付かないのではないか

あー 

2010年08月03日(火) 19時54分
ストレスのたまり方がはんぱない

なんで世の中ってこういう感じなんだろう

だから大きな政府とか社会主義とか、僕は大嫌いなんだ

バカな奴なんていなくなればいいんだ

いてもいいけど、それなら僕の前から消えてくれないか

あんな無気力なバカに直接金をばらまくような国で、何が資本主義なのか

成果主義が金儲けじゃなくスキルアップでも構わないが、何の成果もないバカに無意味に金をくれてやるのが下策でなく何だと言うのだろうか

あのバカを社会主義的政策の生んだゴミだと考えてしまう僕は、やはり面倒見のよさに自信がない

あー、1ヶ月も経ってないのに、この体たらく


やはり、面倒見のよさなら女性だな

新しく入ってくる足さんにすげー期待している


当たりのやわらかさが大切だと思う

棋聖戦挑決(振って振って) 

2010年04月29日(木) 2時40分
後手番の渡辺竜王が、一手損角換わりから四間に振って、さらに向い飛車に振り直すという、よく分からない作戦。


深浦王位は手堅く指しただけで完勝。


竜王を獲得してからも渡辺は棋風改造を繰り返してきたが、対居飛車の後手番での主戦を振り飛車にしようとしてるんだろうか。


「自分は居飛車しか指さないので」


というセリフが好きなんだが。


相居飛車の後手というのは、プロには窮屈なのかもしれない。

それが将来のジリ貧に結び付くのを見越して振り飛車を試しているのなら、この先はどんな棋士になるんだろうか。


先後を問わず居飛車しか指さないヘボアマとしては、


「相居飛車の後手番余裕でした(キリッ」


とかいつまでも期待してるんだが。


とはいえ、幅を拡げるための振り飛車であって、後手振り飛車はメインにならないんだろうな。

城山三郎 

2010年04月09日(金) 5時42分
おもしろすぎる


なんつーか、どれを読んでもハズレる気がしない


僕が生まれる前に書かれたものでもすごく新鮮だし、なにより風景がビシビシと伝わってくる


宮城谷にしろ吉村にしろ、あるいは城山もそうなんだけど、高校生くらいまでに読んでおくべきだった。


否、ものを知るのに遅すぎるって事はないんだけど。

人生の岐路に立つまでに然るべき思考の材料がないと、羊が彷徨うのは当然といえる。


今の日本の田舎には社会を構成する要素の大幅な組み替えが必要だメェ〜

今のまま人材を殺してちゃ、伸び代があるだけでいつまでも伸びないんだメェ〜

佐賀県民のような反中央の肥前魂を鳥取県民も持つべきなのだ

恐い 

2010年03月12日(金) 23時54分
全然可愛いと思わなかった女が好みに思えてくるのは、恋ですか。

あるいは感情的な弱り目から、近くにいる人に安易に依存しようとしているだけですか。


今の僕には欠かせず、とても大事な人だけど、もしこれ以上にくっついて、いつか傷つける形で遠ざけるのかと思うと、憂鬱を通り越して暗澹とした気持ちになります。


僕の葛藤に気付いてるのかどうか、彼女はいつものように優しく、それに浸って落ち着きを保ってる自分がもう少し果断ならばと少し寂しくなります。


Lee COWBOY 

2010年02月15日(月) 20時33分
やたらとカウボーイ・ジャケットが捨て値で楽天に出てるので、37年モデルを購入。

トリプル・ステッチとかドーナツ・ボタンの刻印とか、Leeの復刻らしい仕上がり。

右綾織りなのは意外だった。

別に細かい作りに不満はないのだが、胸ポケのフラップにピス・ネームが付いてない。


オリジナルに付いてなかったからなんだろうけど、なんつーか間抜けだ。


いらないLeeのパンツからピスを外して、縫い付けてみようか。

そう思ってナロー・カットの尻ポケのピスを見ると、レーヨンの縫い付けでなく、生地に直接刺繍してある。


これは知らなかった。


しかしまあ、直接ピス・ネームを刺繍って。

そんなのアリなんだろうか。


コストのもんだいなんだろうか。

ポーツマスの旗 読了 

2010年01月24日(日) 2時53分
全権としてアメリカに到着するまで、過去の経緯を辿るのを退屈な気分で読んでいたが、ポーツマスに入港してウィッテとの会議が始まり俄然のめり込んだ。

決裂しそうな会議の最終盤、ウィッテと小村の妥協案に、ロシア皇帝の僅かな譲歩と日本政府の大幅な譲歩が加わって、劇的に妥結を迎える。

日本側の随行員たちが喜ぶ姿が描き出される一方、小村の具体的な感情や感慨には触れられていない。

吉村昭の小説家としての真摯な部分が垣間見える。



若い頃に大黒屋光太夫を読んだだけで、吉村昭の小説は殆ど知らない状態だった。

きっかけになったのはその頃に読み漁っていた城山三郎との対談本。すぐに幾つかの文庫本を楽天で注文した。


本が届いて最初に驚いたのは著者紹介を眺めた時で、彼は数年前に鬼籍に入っていた。


僕が吉村昭をまともに認識した時、吉村昭はもういなかったのだ。

知っている人を亡くした時の喪失感とは違う、不思議な淋しさを感じた。


文庫化された作品は多いようなので、吉村昭の小説を満喫する事が出来そうである。

理屈が曲がる。 

2009年12月15日(火) 16時36分
先週末、中国の副首席の習さんとの会見を天皇陛下のスケジュールにネジ込んだ旨のニュースを見る。

折しも民主党の小沢幹事長が党関係者600人余を中国へ随行していた最中だった。

通常は、天皇陛下との面会には1ヶ月以上前には日程調整を打診するルールになっており、そのルールにのっとってさえいればいかなる国の元首、首脳にも面会に応じる、事になっているらしい。


訪中していた民主党の議員たち全てが胡錦濤と握手し写真撮影をする映像と、官房長官が宮内庁にゴリ押しする様が表裏の画のように感じられた。


そして無性に小沢に腹が立ってきた。


小沢の訪中は毎年のことであり、小沢という政治家個人のライフワークだ。

今年は多くの新人議員を含む大陣容で中国へ渡り、議員みなに胡錦濤と握手をさせた。


その握手の見返りが、習副首席の天皇陛下への面会だというのがまぁ凡その小沢の取り引きであろうか。


しかし、胡錦濤と握手した議員の支持者の何割がその握手に喜ぶのだろう。


そもそも小沢は政府特使などでなく、一政治家として訪中している。


それが中国から韓国へ渡って、日本による植民地支配を謝罪してきたのだ。


この人はたかだか政党の幹事長であるだけで、いつから日本国を代表するようになったのか。


なぜ、政府外の単なる与党幹部が宮内庁長官をけしからんなどと言うコメントをわざわざ会見を開いて行うのか。



天皇陛下のスケジュールは宮内庁が内閣官房と調整するべきもので、与党幹事長には関係のない事だ。


やっぱり僕は小沢が嫌いだし、きちんと処理できない官房長官は不向きなんだと思うし、何より積極的に配慮しない中国に腹が立った。

鼻が真っ赤 

2009年12月05日(土) 12時27分
トナカイではない。


鼻炎の季節だ。

例年どおり、エスタックのソフトニスキャップを購入。

1日に3回の用法だが、まぁ飲んでも2回。



というのが通例だったが、今年は何かオカシイ。


鼻水が止まらない。


しかも、恐ろしいほどサラサラなのだ。


シャバシャバと言ってもいい。


おかげさまで、鼻をかんでも空振りする。


なかなかしんどい

誤解 

2009年11月23日(月) 17時17分
てっきり、来年の大河が坂の上の雲なんだと思っていた。


次の日曜から年末までがその第一部なんだそうな。


気付かなければスルースキルを発揮してしまう場面だった。


3ヵ年で三部作らしいので、第一部の終わりから第二部の始まりまでおそらく11ヶ月。


第二部の直前に第一部の総集編か何かを放送するのだろうが、間延びする感覚は拭えないんじゃないか。


軍人の物語をドラマ化するのに、間延びって。


録りだめして一挙に放送したほうが、視聴する側としては感動できそうなもんだが。


ちなみに、僕は司馬は結構好きだが、坂の上の雲は読んでいない。


買い揃えて読み込んでいた日露戦争物語と、秋山兄弟や東郷平八郎に関する本を斜め読みした程度の知識しか持っていないが、ドラマを楽しく観るのに必要なぐらいの事は分かっているつもりだし、だからドラマも楽しみにしてる。


そんな感じだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レーズン愛好家
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1982年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-劇作家の書いた小説おもしろ。
    ・映画-何を見ても、それなりにおもしろ。と感じる。
読者になる
サブカルで飯食えないし。

ニュース解説は池上彰と宮崎哲弥だけでよし。
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像腰痛アドバイザー
» バーガーから釣り針、おにぎりからボルト (2008年03月19日)
アイコン画像まっそん
» バーガーから釣り針、おにぎりからボルト (2008年02月29日)
アイコン画像イタチ マサムネ
» 遠赤靴下すげえ (2008年02月22日)
アイコン画像佳奈美
» 遠赤靴下すげえ (2008年02月20日)
Yapme!一覧
読者になる