悲しみ 

2005年12月17日(土) 23時25分

この痛みに満ちた心は何だろう
ひどく 自分が遠い場所に居る 気がするのは何故だろう
世界が黒く見える
ただの黒

誰もこの苦しみを分かってくれない
誰も気付いてくれない
誰か――助けて

涙が出てこない
もうずっと流していない
いっそ泣き喚けばよいのに

今日は 

2005年12月08日(木) 16時15分
うわっ全然更新して無かったよ!
受験生だから当たり前かな?

今日は何があったかって
火事がありました
ええ!!?

何か近く(それほどでもないけれど)で火事があったらしく、昼ごろに煙の臭いがぷんぷんしてきました
皆、窓際の人たちはもちろん即座に反応し「臭いね」とか「火事?」とか言ってましたが、うちのクラスの宇宙人3人組みの一人(笑うところ)が「焼き芋じゃない?」と仰りました
ええ!?焼き芋!?
さすが宇宙人!言う事が人じゃない!!

 

2005年11月05日(土) 11時15分

明るい太陽は心の闇を照らし

いつしか辺りは輝き

美しく世界を照らしていた

海の波はとどまる事をしらず流れる

静かに そっと いつしか力強く

強い波は風に変わり

私を包み込む風は 蒼い旋風となっていた

まれな詩。 

2005年10月22日(土) 17時01分

諦めていた現実
目を背けていた世界
そんな暗闇で何も掴めなかった私を引き寄せたのはあなただった
私は死んでいたのを蘇らせたのはあなただった
だから今度はあなたの力になりたい

ねえ知ってる 私はあなたに救われた
あなたが私の笑顔を作ってくれる
そばにいる それだけで私は幸せ
隣で微笑んでくれてるだけで私は幸せ

だからこれからはあなたと一緒の世界を作りたい
世界一だいすきなあなただから
これからもずっと一緒だよ

詩詩詩 

2005年10月21日(金) 0時03分
あのころの僕達は その時を生きていた
その時を生きて 自分自身を生きていた
僕達はもう戻れないのだろうか あの時に
どんなに叫んでも嘆いても過去を振り返るだけ
昔には 戻れない
もう 戻れないんだ

あのころの僕達へ
決して後悔しない今の自分を生きろ
たとえどんなに裏切られても その身が朽ち果てても
いつか 永遠に報われるときが来るだろう
だから 今の僕達のように 逃げないで

疲れますた 

2005年10月20日(木) 19時22分
えっとストレス溜まっております
つまり毒吐きます(え)
↓↓↓↓↓↓下は毒吐きにより反転↓↓↓↓


っていうか私のクラスはいい子が多すぎるんです
つまり私が嫌いな子が居てもだれも苛めてくれないんです(言い方酷っ
いや、皆は知らないだけかもしれません。彼女の本性を
彼女(以降Sさん)は表面上はいい子なんです。ですが二年のころは苛められていたぶりっ子です。今は隠してますが・・・・
でも私やAちゃんはその子のすぐ近くにいるので、その子の性格が分かります
Aチャンは優しい子なので、ちょっと嫌な性格でも許します(と言うより気にしない
ですが私はそんなに優しい心を持ち合わせておりません(断言)
私は一般ピーポーです。鬼です。嫉妬と憎悪で作られた生き物です<え
Sちゃんのどこがむかつくかというと、まあ根本的にぶりっ子です
そんでもって男好き、八方美人(表面だけ)男に色目を使い、媚を売ります
私はそんな子が大嫌いです!!!!それでも私は近づかないようにしたり、気にしないようにしていました。
ですが、彼女は学校からの帰り道に一緒に帰る人がいません。ついに私が帰ってる子達に入り込んできました。なんの承諾もなしに・・・(激怒
もしも、あの表面上の性格(悪魔)で私の友達が騙されてしまうかと思うと心配です。。。。。
というより私の心のオアシスを汚さないで欲しいです・・・!!!
いいえ、クラスの子達も誰もが皆気づくでしょう!
あの子は嫌な子だ、と・・・・・
その日まで我慢します〜↓

tesuto 

2005年10月17日(月) 23時00分
てすとですた。バレーの。。。
球技大会近いのでバレー練習を学校全体でやってるとです
球技大会の癖に競技がバレーしかないとはどういうことじゃと裏拳ツッコミしたいんですけど
バレーは苦手だと思っておりますた。いつもは3回しか続かないトスも
バレーのテストでは40秒間に26回できました
レシーブも27回できますた(´ゝ`)ノシ

外出 

2005年10月16日(日) 19時20分
今日はイ○ンに買い物に行きました
本当は友達と遊びに行く予定だったのですが、キャンセルされてしまい。。。
お店では楽譜を買いました
●幻想即興曲
●夢
●シチリアーノ
●ユーモレスク
●ラ・カンパネラ
●革命
まあ色々入っていたのでヨカッタッス

だれも知らない墓所 

2005年10月15日(土) 13時17分


長い夢を見た―――

そこに存在するのは懐かしい面影
皆がこちらを見つめている 記念写真のように
彼らの時代は輝いていて全てが美しかった

彼らと出かけた秘密基地の山も
小さい頃 夜 川に出かけ 初めて知った蛍も
全てが鮮明に覚えている

この記憶は誰のものだろう

いつかあの世界に行けるとしたら
それは私が物事を考えられなくなったときだろう

もしもこれが私の記憶ならば

また彼らに会いたい
昔に戻れなくても ひと時でも一緒に居たい

彼らの時代は輝いていたのだから
今の私に光を照らすだろうか

ガッコ。。。 

2005年10月14日(金) 22時07分
今日も学校でした。
給食当番最後なのに、今週は二日間しかやってないから来週もやれ、だそうです(泣)
いや、今日はつかれますた。。。

放課後皆で遊んでたらノリで掲示物を貼る事になって

「センセー、ここに貼っていいですね〜?」
「はい〜。ってオルガンに乗るの?」
「はい、よっこいしょ・・・」

はい、案の定オルガンは倒れました
バタン!

いったー

私は手をついたけど、ひざを内出血・・・。でももっと重症なのはオルガン

きゃあーオルガンのねじが6本とれたー

先生がねじをみて悲鳴をあげています。
友達はそのへんに散らばった画鋲を拾ってくれました(いい子達・・
私はいつからこんなにドジになったんでしょう・・・
前はこんなミスをする子ではありませんでした。
そんでもって今日塾で、
足痒いなぁとか思って無意識に掻いたらそこは内出血したアザですた

いててててててって!!

いや声を上げるまえに痛さに頭を抱えました
例えると箪笥に小指をぶつけた痛さ・・・
ぶつけた箇所も痛いけど、何より自分のせいだという誰も責められない精神的ダメージ
ああ、今日は変な日
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:going-next
読者になる
Yapme!一覧
読者になる