なかなか上手くいかない 

August 19 [Sun], 2007, 18:17



先日学童で万場の盆踊りにいった。
私たちもバザーをやったのだが、これでもか・・・というくらい、お客さんが来て、
めちゃくちゃ売れた!
おもしろかったな〜〜。

その日息子が友達のうちに泊まりたいという。その子の家は
両親ともにすし屋を営んでいて、ずっと、働いてる。
夜も遅く、夜中の1時とか、2時まで働いているそうで、
朝も早くから店にでていくそうだ。
家にはおばあちゃんがいて、帰ってくるのは何時でもいいという。
11時くらいまで、私はおきているから・・・って。
それをいいことに祭りにいって、そのあと、温泉に行ったとのこと。

で次ぎの日は、遊びにいくから・・・とお金を渡せといってくる。
「も〜〜、早くしろって。」「うるさい。ばか、くそやろう。」「しね!!」
(そこまで、言うか!!!!!)

んも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
むかつく!!!!!!

昨日から、ずっとあそんでいるので、今日は5時に帰って来い、といい、自分も納得したくせに、
「おくれるかもしれん」とごまかす。

ほんと、どう対処していいのか、わからん。
くそむかつく。


ほんと、なかなか上手く行かない。

がんばっている 

July 22 [Sun], 2007, 18:13
最近、というか、あれから、とにかく頑張っている。

子どもたちに、だんなに、
気持よく、楽しく、すごしてもらえるよう、
信頼残高を増やすべく、
もちろん、無償の愛を注ぐべく・・・

私たちの関係をもっと、もっと、深いものにしたいから。
私たち家族の意味を見出したいから・・・


コーチにおしえてもらったように、
毎日、褒める、感謝のメッセージを送っている。

なんかね~~~。いい感じなんだ。
こんなことで、気持ちよく過ごせる。

学んだこと 

July 18 [Wed], 2007, 1:00
今回のことで、多くのことを学ばせてもらった。
原因はいろいろなことが絡み合っていて、何が・・・ということではないでしょう。
ただ、私が夢を追いかけてどんどん突っ走っていく・・・
それを、どこかで、ひっぱられた・・というか、ストップがかかったのでしょう。

「本当にこのまま行っちゃっていいの???」
「大事な事、忘れてないか??」


このまま、走っていたら、もし、夢が叶ったとしても、成功できたとしても、
しあわせにはならなかったでしょう。
当然お客様も、私のまわりにいてくれる人たちも、誰も しあわせにはなれなかったでしょう。

だんなを本当に理解する事、こどもたちを一人の人として
理解する事・・・
私とは全く違う思いや価値観・・・を心から受け入れられるようになること
どちらもが我慢するんではなく、受け入れ、自分のものと折り合いをつけて、
お互いにとって、いい方向に進んでいけるよう、考えなさい。
と、神さまが私にくれた贈り物だったようです。

小田さんに相談させていただいて、単純な私は、「そうか、そうすればいいんだ」と
納得し、そのようにやってみたりしたんですが、

そうは簡単に行きませんね~~。
だんなは私に理解されないつらさをまた、ぶつけてきました。
だんなの気持ちを子どもにつたえようとしたら、「うざい」と言われ、
こどもの気持ちをだんなにつたえようとしたら、頑なに拒まれました。
本当に私が理解できるようになるまでは、神様も何度もチャンスを与えてくれたのでしょうか。
ようやく、だんなに元の顔が戻ってきました。

自分の夢に向かう前に、本当に大事なことに気づかせてくれた。
わかってはいるつもりだったけど、気づいていなかったのかもしれません。

気づかせてくれた、だんなに、こどもたちに、
そして、それを助けてくださった小田さん、
相談にのってくれた友たちに。
感謝です。本当にありがとうございました。

コンサルテーション 

July 14 [Sat], 2007, 17:56
先日、小田真嘉さんのグループコンサルティングに参加させてもらう予定だったが、あの事のあとだったので、急にキャンセルさせてもらったの。
そうしたら、なんと、小田さんが、個人的に話を聞きましょうと言ってくれて、今、スカイプで話をした。

もう、かなりすっきりした。
たぶん、うすうす感じていたこと。
わかっていたこと。

でも、どうしていいかも分からなかったし、
もしかしたら、きづかないようにしてたことかもしれない。


だんなと、私の違い。
だんなと凌太郎の似ているところ。
だんなと両親との事。
だんなが気づいていないこと。
だんなが望んでいること。

私が夢をおいかけること
それが、家族にどう影響するのか。

エネルギーのレベルは普通180くらいで、だんなは160くらい、私が極端に高くて260くらい、長男が170、下の子が216だそうです。
で、長男はこの家族のなかで、ちょっと特殊なんだって。プライドがすごく高いそう。

あと、だんなは一人の時間、ぼ〜〜っとするじかんを作った方がよくて、内観はとてもいいそう。
家の中で家族のことはできればしないほうがよくて、特にけんかをした場所では絶対考えたり、そのことについて、話をしたりしないほうがいいんだって。“3in1”“オーリング”で、
感情は筋肉の中に記憶されるそうでだんなも、子供も傷ついた、そのことによって、筋肉が反応するんだそう。
あと、子供は謝った両親にたいして必ず試すようなことをするんだって。本当か???って。
そこで、自分たちがどう誠意を見せるかが、大切だと。そうだよね〜〜。
だんながそれらのことを考えるのは、家のなかではなく、自然のなか、特に山、川辺とかがいいみたい。
水と相性がいいらしい。



だんなの辛さとか、きつさ、苦しさを少しでも理解する
甘えて相談するようにもっていく
私が感じたことをさりげなく伝える
自分の思いは「I feel〜」や「I think〜」で話す。

とっても都合のよい考えかたですが、だんなが、私に惹かれたのも私をパートナーに選んだのも、その選ばれた私がアロマをやろうとしているのもつながっていたのかも。
癒して欲しいと思っていたのかも。
そして私も、そうすることで自分をも癒してあげたいと思っていたのかもしれませんね。

よっしゃーーーー!!
がんばります。

子供たちがそういう両親のもとに、生まれてきてくれたことも、私の魂が計画していたことかもしれません。
そうですね。今まで以上に家族に対してアロマトリートメントもしてあげたいと思います。

あと、私のユメについては
実は来年には今の仕事を辞めようかと思っていたのですが、
もう少し考えてみます。


今の環境の中でできることから、知恵をしぼってやっていこうとおもいます。
趣味も家庭も仕事も私にとっては全て大事。
欲張りですが、全部あきらめたくないので、しっかり両立させて、小田さんのようにしあわせに成功したいとおもいます。



だんなはきっと、私にもっと、優しくしてほしかったのでしょう。
分かってほしかったのでしょう。
私も自分の思いを届けるだけでなく、もっと、だんなの心の声に気づいてあげることが大事だったんだな、と思います。

また、今日から、はじめます。

外は台風の影響で大荒れですが、心の中はぽっかり太陽です。
本当にありがとうございました。

以上は小田さんが宿題を下さったことに書いたもの。

今日はなんもしなかったけど、いい日でした。
それから、昼から暇をもてあそんでいた、長男とおやつを買いに行った。
少しの幸せな時間でした。

決意 

July 09 [Mon], 2007, 11:57
今日は私の決意の日
今日から変わる。

昨夜だんなと長男が殴りあいのけんかをし、長男が出ていった。

携帯電話のことで
学校の成績の順位をごまかしていたことがばれた。
約束を守れなかったこと、うそをついたこと、
そして私たちを騙していた事。
それは自分の責任において、ちゃんと取ってもらおう。と言うことだった。

で、こんどは 彼のハードルを高くし、
責任の重さ、自分の限界を超えてほしいということから、
学年で30位以内に入る事というのを設定した。

かれは当然のように、
「何で??そんなん無理にきまってる」ともう攻撃。
「やってもいないうちから、わからんじゃん」
「がんばってみろ」と励ましても、なかなか受け入れず
かなり、自分にたいする評価が低い。そして自信もない。

でも、真剣に本気でやってだめだったら、順位については考えるということで、納得。
私たちもそのことに本気で応援するから。とまとまった。

で、その日からスタート。
でもだらだらと文句たらたらでちっとも本気にならない息子に業を煮やしただんなは
何を思ったのか
足蹴りしたのだ。
それも3回も・・・そしたら、もう止まらない。
怒り心頭した息子もだんなをパンチ。
その後は2人ともエキサイトして・・・
私は必死で止め、下の子は泣きながら「やめて」
まさに修羅場だった。


目が醒めてもその時の光景が焼きついてははなれない。
家を飛び出していこうとする息子に下の子が「かえってきてね」

私たちの関わりの結果。
アトピーだった子に食事療法がいいからと、きっちりやった。
食べたい物も我慢させた。
読み聞かせもやっていた。
アロマをはじめてからはときどきマッサージもした。

良かれと思っていたこと、
正しいと思っていたこと・・・・・
間違っていた。
正しさなんてなかったんだ。
ただ、私の思う方向に進めていただけ。
未熟なゆえ、自分の思い通りにならないと怒っていた。

そんな私たちへの信頼は全くなかったんだろう。
やらされている・・・としか思っていなかったんだろう。
銀行口座でいえば、0かもしくはマイナスだったかもしれない。

それをどうやって取り戻していくのか・・・

家族の始めての約束は結婚の誓い・・・
「お互いに生涯変わることなく愛し合い、2人で力をあわせて苦楽を分かち合い、
思いやりと感謝を忘れず、尊敬しあい、あたたかくしあわせな家庭を築くことを誓う」
そして、こどもを生んだ瞬間に今度は
「わたしの子どもに対する愛への決意は
子どもの言動や私に対する気持ちに左右されるものではない。
あなたに対する愛は無条件のものでその愛は決してなくなることはなく、
あなたはいつまでも私の心の中に居る。けっして裏切らず、決して見捨てない。
そのことをこれから、わたしの言動で示していく」

愛は動詞 。
でも、今までの私はあたえられて始めてこちらも返せる・・・って感じだった。


なにより、
ず〜〜〜と仲のよい家族でいたい。
こどもが成人したら、ビールを飲みながら、笑って過去の事を話、
自分たちの将来について語り合いたい。

家族にたいしてはいつも、親切にしたい
自分にも他人にも正直で、ひとりひとりの才能や個性を尊重し、
強みを活かし、人生の目的を達成できるよう互いに支えあい、励まし合える関係でいたい
社会にも他人にも貢献できることをしたい
人生の宝物をみつけ、それを手にいれたい
そして常に穏やかな雰囲気を保ち、何かトラブルが発生しても怒らずに解決できるようにしたい

そのためにできること
・ あいさつする
・ 親切にする
    感謝の気持ちを伝える
    ありがとう
    ごめんね
    手伝おうか
・ 謝る
・ その場にいない人に対しても誠実である
・ 約束し、それを守る
・ 他人をゆるす


ぜんぜん未熟なので、こうはいっても、まだまだば〜〜〜〜っと爆発することもあるだろうけど、
今日の決意をわすれず、
必ず、ハッピーエンドにする。

だんなとけんか 

July 04 [Wed], 2007, 20:57
昨夜だんなとけんか。

ご機嫌に夢の宝地図を作っていた。
で、昔のいい〜〜〜〜表情の写真とかでてきたりして、
うれしくて、
こんな顔してたいな〜〜〜〜なんて思いながら・・・

そこに酔っ払っただんなが帰ってきて

「お前、それって、なるの??
それともなりたいの??」




そりゃ〜〜現在なっているわけじゃないから、
まだ、なりたいって思ってる夢よ!!!

そしたら、

「じゃ〜、なれんよね。」
だと。



は〜〜〜〜〜〜〜?????

なんとなくいいたいことは読めた。

なりたいことはそのときになってもなりたいこと。
でも、なっていることはなっている!!!

成功哲学なんかではよく言われる。


でも、それを、だんなからいってほしくはなかった。


一番理解してほしい人だし、
一番応援してほしい。


リアリティに欠けるんだって。

それもわかっていた。
だから、なかなか達成できないことも。

だから、一歩づつ近づくために
一歩づつ始めてるんだ。


どうしたらいいのかを聞くと、
「神のみぞ知る!!」だと。

何が言いたいのか 聞いても
おしえてくれない。
で挙句の果てに「俺の言いたいことは伝わらんのだな。」だって。


悲しかった。
ショックだった。


むかついた。

痛みを共有する 

May 24 [Thu], 2007, 21:20
うちの業者さんのS商事さん
今やっている仕事の納期をきくために電話した。
ついでに1ヶ月ほど、あずかっているのも・・・

来週は祭りなので、こちらとしては
できれば、それまでに倉庫をあけたい・・・
そういう意味もあったのは否めない。
でも、納期があるので、ダメならしょうがない。とも思っていた。

もうすぐなので、倉庫の整理もしたいので、出荷されるなら、
何時ごろか知りたい。でないなら、
奥にしまいたいから。

今やっているタオルは急いでね、といわれていたので、
何時ごろかな〜〜と思ったら、祭りを過ぎて、一週間後くらいだった。
で、ついでに聞いた、うどんは当初4月の中旬までだった、けど、
5月に入って聞くと、「延びて、5月の中旬から、下旬ごろ」とのことだったので、
再度、聞いたつもりだった。
ま、出て行くなら、何時ごろか??
出て行かないなら、奥にしまいたいから。
のつもりだった。


ところが、



「そんなの、置いといてって言っただろ?!!!」
「なるべく取るようにしてるんだから、あとはお互い様じゃないか?!!!」
「お客さんがそういうんだから、しょうがないだろ?」

と。
すっごい剣幕で怒られた。


分かりました、と電話は切ったものの・・・・






なんか、悪いこと言ったか????私????




はじめはショック
次に怒り・・・・
なんで??
なして私が怒られないけんの??
ただ、聞いただけやろうも!!!
悪くなかろうが!。


も〜〜〜知らん顔しとこ!!

と思った。


でも・・・・



あの剣幕に言い訳がましくいってしまったり・・・ 
こちらの意図はうまく伝わらなかったのかも・・・
怒りを買うような言い方をしてしまったのか???


と、だとしたら、ごめんなさい。と誤らな。
口では今は言えんけん、これは手紙を書こう!
と、下書きをしているところに

そのS商事のKさん現る。


「タオルは31日に引き取るようにしたから。」
「あと、うどんは悪いけど、置いといて」
「9月まで延びたんだ」と。

「ごめんなさい」
と誤ったら、
「いや、俺の方もちょうど、やりあったあとで、悪かったね」

と。

途端に涙があふれてきた。


その人の中の痛みを共有する・・・

って、コーチングであった。

Kさんのぶつけようのない痛みだったのかな〜〜〜???

でも、それも、すべて、こちらの正直さなのかもしれない・・・・・・



よ〜〜かった。 

May 20 [Sun], 2007, 0:26
明日はまた、学童の子供祭り。
今日は前日の準備で夜集まった。

心配していた彼女はちゃんと参加してくれていた。

元々責任感のある彼女はどんなに遅れても来るだろう。

それが前回は新歓には来なかった。
用事があったのだろう。

今日は、どのタイミングできてくれたのかは分からないけど、
ちゃんと最後までいてくれた。

更に、私が出来ないほかの担当の所のチラシまで、
作ってくれるという。

「いいよ。私やってきてあげようか??」
「明日でいいでしょう?」

と。

今回の準備でも看板がどこかに行ってしまってない、となると、
「また、つくっとくわ」って、



彼女のすごいところだ。
ようやく、また、復活してきた。
楽しみだね〜〜〜、

とにかくよかった〜〜〜。

ムカつく!!! 

May 12 [Sat], 2007, 19:08
もう〜〜〜〜本当に
ムカつく!!!

我が授産施設の利用者さんはとあるN会社に実習に行っている。
で、彼らもいろいろと問題を起こすもんだから、
時々様子を見に行く。

今日も、朝から、なにやら、怪しい雰囲気。

げ〜〜と思っていくと、

別の施設の人のことだった。

息子さんに挨拶して話を聞くと、
開口一番
「しょっちゅう、ショッチュウ言ってくるんですよ。
うざいんですよね。」
「仕事中はこっちもいろいろやっていて、聞いている暇はないんですよ」
「4:30(彼らの就業時間)を過ぎてからなら
いいですけど、ショッチュウですから。」
「大きいことは言ってきてくれないと困るけど、小さいことまで、いちいち
言ってきてもらってもね〜〜」

この間までパートのNさんが親身になって、話を聞いてくれていた。
その前はMさんが・・・・
でも、二人とも、会社のやり方と合わなくて辞めていかれた。
辞められてからはみんながなんとなくおかしい。
話を聞いてもらうって、これほど、大切なことか、と思った。
残った彼らはどこにも、言っていく先がなくて、
右往左往している様子。

なんてったって、11人も雇ってくれている。
これはすごいありがたいことではあるけど、
時給300円でいいように使われているように思えてならない。
だって、いまどき、時給300円だよ。



それでも、文句も言わず頑張って行ってるのに・・・

11人もいれば、いろいろと、もめたり、やっかいなことも
たくさん発生する。
それも承知で雇ったんじゃないのか???

別に社長や奥さん、息子に個別に何とかしてくれ、って言ってるんじゃない。
パートに人だって、何も障害者の相手をするために働きに来ているわけじゃないのも分かる。
でも、その中で、障害者を何人も雇おうというんなら、
もう少し配慮があってもいいんじゃないの??
昼のご飯も別々の部屋に入れられて食べる。その部屋も
掃除されているわけでもなく、ゴミ箱のように汚い。
テーブルの下に敷かれているまっとも破れ破れ。
夏のエアコンもなければ、冬の暖房もない。
休憩も機械をとめないように順番にトイレのみ。

会社は給料を払って、労力を買っている。
それは分かる。
じゃあ、給料さえ払えば、
働きやすい環境を提供しなくてもいいのか????


まったく


腹が立つ!!!


くそムカつく!!!

おたくらみたいに彼らの相手だけしていればいいんじゃないからね。だって。
そりゃそうかもしれんわね。
私らはそれが仕事ですから。


分かった。
昼休みになるべく見に行ってやるわい。

ばかたれ。

カルテ完成 

May 04 [Fri], 2007, 15:09
やった  やった  やった
やった  やった  やった
やった  やった  やった!!!!


カルテや〜〜〜〜〜っと
完成した。
まだ手直しはあるものの
でも、ようやく完成したよん。

実に合格して1年たってしまった。

この間、なかなか手がつけられずにいた。
なんでだろうね〜〜〜〜。
これって、私の一生の課題だわ。

ぎりぎりにならないと動けない。
動かない。
お尻に火がつかない。

今回はそれでもあと1年の猶予を残して終わりを迎えそう。


すばらしい〜〜〜〜!!


また、あしたから、がんばるよ〜〜ん。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gohoubi-salon
  • アイコン画像 誕生日:2月11日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる