11/20 その2 出発 

November 21 [Mon], 2005, 18:13
映画祭クロージングの翌日、朝一番で出発する。ここからは、これまで一緒に居た日本チームと別れて一人旅。
携帯の電池はもう切れる。
冒険はまだまだ続くよ。土産話しは、帰国後に。
See you!!
-Fin-




NYA@.

11/20 その1 祝!! グランプリ受賞 

November 21 [Mon], 2005, 3:59
坪川拓史監督作品「美式天然」
見事、メイン長編コンペティショングランプリを受賞しましたっ!!

Lux Theaterで行われた受賞式。
自分の名前が書かれたシート。
すっかり仲良くなった映画祭スタッフたちが、「NAOMI !!」と、導いてくれる。満面の笑みで。
ふわふわと雲の上を歩く心地で、腰をかける。
やはり仲良しになったハンガリー・チームが、隣のシートで、「やったなっ!!」と、声をかけてくれる。
今、ここにある風景を全て、くっきり心に刻もうと、目をこらす。
ありがとう、トリノ。
ありがとう、関わった全ての人々。
全てを、しっかり心に刻みこむ。
もの凄い経験をさせてくれた、つぼに、ありがとう。
そして、本当に本当におめでとう。
私は、この景色を決して忘れないよ。





NYA@.

11/19 その1 愛してよ 

November 21 [Mon], 2005, 3:33
うれしかったこと。
滞在中ずっと通訳等で、お世話になってた弘前大学教授のまこさんが、
「愛してよ」をすでにご覧になってたことが判明!!
昨年12月の函館での先行公開でっ!!
そして、「愛してよ」は、とても好きな映画。会場ロビーでお話しすることが出来た福岡監督は、質問にもとても誠実に答えてくださり、素敵な人だったと。 そして、今隣にいるナオミと映画のナオミが、全く一致しないので、もう一回観たい!と言ってくださる。
「天然」のナオミと、初めて空港で会った時のナオミも、一致しないらしい。
ただ、この日は偶然、違う便なのに思いがけず会えて、その時のナオミは、すっぴんでジャージ、飛行機で寝る気満々の姿だったからダ(と、思う) 

鳥肌が立つ。嬉しくて。
こんな遠い場所で、「愛してよ」を観てくれて、好きだと言ってくれる人に出会えた。
好きなものが、また、繋がった。
どんどん、どんどん、繋がってゆく。
それが発覚したのが、オフィシャルパーティーの夜。
若松監督もすでに、「愛してよ」お正月ロードショー決定の旨、ご存知で楽しみにしてくださってる。
好きなものは、どんどん、どんどん繋がる。
あぁぁ、生きてるって面白い。

さぁ、今夜は最終日。
20:30から、選考発表と受賞式です。 そして、そのあともパーティー!
うふふ。毎日がパーティー。
世界のあちらこちらに、友達が出来てゆくよ。



NYA@.





11/18 その2 Birra 

November 20 [Sun], 2005, 2:19
映画祭開期中、けっこう忙しいです。
携帯の電池も常にギリギリでスリリング。
ナオミのオールド携帯は、今日も電池切れを起こしホテルで充電しつつの送信。
この充電器はカメラマンの板さんのもの。
やった!!Docomoでも、充電出来るぞっ!!
その板さんとは、忙しい合間を縫っては、時間を見つけてカフェでビールを。
ここはしっかり、イタリアンスタイルを実行。
っちゅうか、彼らの底抜けにくったくのない明るさに、振り落とされずについてゆくには、一杯ひっかけたぐらいがちょうどいいと思えます。
ビバ・フェスティバル!! ビール3連発写真。




NYA@.



11/18 その1 カフェにて 

November 19 [Sat], 2005, 10:21
カフェで、な・な・なんと!!
「サインをしてくれ」と言われたっ!!
ローマから映画祭目的で、来ていた男子2名。
昨日の上映を見てくれたそうな。
「あの映画のあなたは、とてもファニーで、キュートで大好き」と、言って、作品カタログの「天然」のページを開いてペンを差し出してくれたっ!!
ミラクルです!!嬉しすぎですっ!!ありがたいですっ!!夢みたいですっ!
これまで、ナオミのサインを欲しいと言ってくれたのは、小学生ばかりでした。
あーん。国境を越えて、わかってくれる人に逢えたっ!!

感激で震える手で、サインをする。
英語でメッセージをつけて、イラストもつけて、感謝を込めて。
あと、持っていた「天然」のポストカードも、おまけにつけて。
もぉ、年賀状も出したい気分。
そして、記念写真も一緒に撮ってもらった。
どっちがファンだか分からない状況です。
グラッツェ・ミーレ!!祝!ローマにナオミのファン2名誕生ですっ!!






NYA@.

ひとやすみ 18:30 ホテ =?iso-2022-jp?B?GyRCJWsbKEI =?= 

November 18 [Fri], 2005, 3:05
ちょこっとだけホテルに戻って休憩っす。
トリノの街中が映画祭に染まってます。
9つの劇場で朝から晩まで映画祭の作品がかかります。
街中映画!!「天然」は、街一番の歴史と大きさを誇るLUX THEATERにかかります。
この映画館、映画祭終了後に、取り壊されてしまうそうな。
その後、小さめな映画館が、ふたつ新しく出来るそうな。
そこで「天然」が最後にかかるとは…。
ここにも、つぼと同じように、消えてゆく映画館に想いを寄せる人がいることを感じます。

記者会見に来ていたミラノの記者から、会見後、「写真撮らせてくれ」と言われ、
その後、取材を受けました。
英語でのやりとりの中、一番正確に伝えられたのは、
「あそこのリストランテの手長海老は、めちゃうまい」ということでした。
あーん。言いたいこといっぱいあったのにぃ。
でも、先ほどの会見の緊張もとれ、楽しいひとときでした。グラッツェ!
さ、そろそろ、若松監督の劇場へ向かいましょう。
今日は、呑んじゃうわよ。
(ホントは毎日呑んでます。そのへんは、フランス人にすでに鍛えられてるで、NO PROBLEM!! 素敵な文化はバンバン吸収します。
トリノの赤ワインも美味なりっ!!)





NYA@.

取材終了!! 

November 17 [Thu], 2005, 23:33
無事終ったぞぃ。
ナオミ、緊張のあまり開口一番「ボンジュール」と挨拶。
場内の皆様のあったかい拍手に救われる。
あぁ、グラッツェ・ミーレ!あんなにイタリア語勉強したのにねぇ。 という訳で、イタさんと乾杯!! ぷはーっ!!


NYA@.

記者会見 

November 17 [Thu], 2005, 20:58
13時から記者会見っす。
今2回目の上映中っす。
どきどきするので、一人劇場を抜け出して、カフェでお茶犬とNOVAちゃんと過ごしてるの。
どきどきする。
はじめての記者会見。

その後は、どっかの衛星放送の取材も待ってる。あぁ、カフェでなく、シャンパンひっかけておくべきだったかしら。

若松孝二監督と逢えたよ。
今朝、ホテルのロビーに居たら、
「映画祭で来たの?」と、話かけてくださった!!
今晩、監督の上映後、みんなで呑む予定!!
楽しみ!!
では、記者会見に行ってくるねっ。


NYA@.

11/16 その3 

November 16 [Wed], 2005, 16:09
日本からの作品は、若松孝二監督の「17歳の風景」と黒沢清監督の「無知たちの家」が来てるそうな。
そして若松監督も、トリノ入りされるそうな。
逢えるといいな。

さぁ、明日からいよいよ「天然」の上映が始まります。
お客さん、来てくれますように…。




NYA@.



11/16 その2 

November 16 [Wed], 2005, 16:05
今日は、Aleksandr Sokurov 監督の「SOLNZE/THE SUN」を観た。
そう、イッセー尾形氏がHirohito天皇を演じた作品。
やあぁ…。観終って、日本チーム全員で、「俺たちって、やっぱ日本人なのな」と、顔を見合わせた。
イッセー尾形は凄かった。
表情筋って、あそこまでコントロール出来るものなのね。
違う顔になってた。

人であっても人でなく、“オカミ”と呼ばれ、“象徴”として生きる天皇。
その不思議なあり方、を淡々と描く暗い色調。
チャップリンのブロマイドをこっそり眺め、「私は、あの米国の俳優に似てるのかね」と、自答し、
米国の取材撮影を受け、去り際に「バイバイ、チャーリー」と呼ばれる天皇。
無表情で独特な語り口は、奇異にも映り、と同時に
侍従職員とのやりとりは、とても人間的で愛らしくも映り。
非常に複雑な気持ちでみた。「やっぱ、俺ら日本人ダ」



NYA@.
■プロフィール■
■ナオミ■
■映画、TVドラマの、ごく一部で人気急上昇中。 今後目がはなせない赤丸要チェック!! の女優。■
■自作自演の短編映像集       『電気紙芝居実験室』 http://www.linkclub.or.jp/〜adelie/naomi/             も、好評配信中!!■
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gogotorino
読者になる
Yapme!一覧
読者になる