聖劇 

2009年12月28日(月) 16時55分
冬休みに入りクリスマスも終わり。。。創馬は冬休みに入ってから毎日のように午後はアパートの子供たちと夕方まで遊びまわっています。恐らくどこのお家も年末で忙しいため、子供を外に送り出しているもよう。子供たちのほうも家にいて邪魔にされるよりは外で走り回って遊んでいるほうが楽しいんでしょう、申し合わせたように昼ご飯後、ひと段落した頃に一人また一人と出てきて合流して遊んでいます。親子共にお互いいい感じです。

さて、遅くなりましたが聖劇の話を。12日(土)にありました。聖劇というのはイエス・キリストが生まれたときのお話を子供たちが演じる劇で、カトリック系の幼稚園ではどこもやるそうです。内容が難しく長丁場になるため、創馬の幼稚園では年長さんだけの行事になっています。でも年少さんの頃から劇中で歌う歌を習い、年長さんのリハーサルを見ることで”刷り込み”はされているので、いってみれば幼稚園生活の集大成みたいなもので、年長さんにとっての一大イベントです。
アダムとイブが禁断の果実を食べたところから始まり、マリアさまへのお告げ、マリアさまとヨゼフさまのベツレヘムへの旅、イエスさまの誕生を知らせる星に気づいて3人の博士(賢者とも言われるようです)が探しに来て贈り物を捧げる、というのが劇のざっとした流れです。

創馬は「ローマ兵」とユダヤのヘロデ王に仕える「兵士」の2役。昔に比べると子供の数が減っているためでしょう、2役しないといけない男の子が何人もいました。 おかあちゃんも創馬が幼稚園に入って初めて「聖劇」というものを知ったので、どんな役があるのかピンとこなかったのですが、「ローマ兵」というのが男の子には人気のある役だったそうで、創馬も「ボク当たりだったよ!」と嬉しそうでした。

さてさて当日の様子です。創馬の出番は、ローマ皇帝がユダヤの国民の人数を把握するために自分が生まれた町に帰って名前を届けるようにという命令を出すのですが、(そのために身重のマリアさまも故郷ベツレヘムに向かい、各地から帰省してきた人で宿がいっぱいなために馬小屋で寝泊りすることになり、そしてそこでイエス様が生まれたのです!知らなかった〜)その命令を告げるシーン。一番の見せ場は登場するところ。いったん幕が下りて場内が暗くなっているときに保護者席横の廊下から創馬の声が響きました!「ローマ皇帝のご命令!ローマからのおふれだ!」と。そして槍か杖のようなものをどん、どん、と突いてスポットライトを浴びながら保護者席の間を通り、ステージへ。ステージで命令の内容を告げて退場。いや〜、台詞はそれほど多くないけど見栄えのする役でしたねぇ。男の子受けするわけだ

その後、3人の博士がイエスさまを探してユダヤのヘロデ王の宮殿に来るのですが、創馬はそこでも兵士として登場。博士の到着をヘロデ王に知らせ、王さまに言われるまま学者を呼びに行き、、、使いっぱしりです

劇が終わると、劇中で使われたイエスさまの人形(赤ちゃん)に子供たちが1人1人献金箱をおささげして礼拝をし、全員で合唱をして終わり。全部で1時間半もの舞台でした。衣装を身につけた子供たちがみんな並んで歌を歌う様子はなんだか感動的で、年少さんの頃から考えたら、あんなにちっちゃかったのにみんな成長したね〜、これだけできるようになったんだね〜としみじみ
1ヶ月ちょっとでこの長い劇を仕上げないといけなかったので練習も相当きつかったようです。聖劇が終わった翌週の月曜日、幼稚園から帰ってきた創馬がぽつりと、「今日は聖劇の練習がなかったから、久しぶりにゆっくり過ごしたよ。」とおっちゃんのようなことを言ってましたから。練習中はこんなものかと臨んでいたようですが、練習がなくなったら「幼稚園ってこんなに快適だったんだ!」と再発見したようでした 

時節柄インフルエンザが流行していたので練習に支障が出るんじゃないか、聖劇当日に閉鎖しないといけないくらい流行するんじゃないかと心配でしたが、ばーっと一気に広がるのではなく上手にリレー形式で流行していって(常に1〜2人インフルエンザで休んでいるものの、それより増えることはない状態をキープしていました)、聖劇当日は1人の欠席者もいなかったので、神様が守ってくださってたのかしら・・・・?無事に終わって何よりです。

兵士姿

ヘロデ王のそばに控えてます

ローマ兵は赤いマントに赤い帽子をかぶっていました。おかあちゃんはそっちの衣装のほうが好きなのですが。。。見せ場の登場シーンをビデオ撮りするためにカメラマンのおとうちゃんがビデオカメラに持ち替えて動く創馬を追ってくれていたのでローマ兵姿をデジカメで撮ることができませんでした

とうとう 

2009年12月08日(火) 11時27分
月1ペースです。。。ネタはいろいろある(はず)なのですが。

さて、先日とうとう創馬も新型インフルエンザにかかりました。予防接種をした5日後に 幼稚園から帰ってきて、着替えと手洗い・うがいを済ませ、さあおやつにしようかというときに創馬の体が妙に熱いので熱を測ってみたときには39.4度 それまでの様子がまったく普段どおりだったので目を疑いました。後で聞いてみたら創馬自身も家に帰って熱を測るまでは全くしんどくなかったそうですが。

インフルエンザと判明したのでその日のうちに幼稚園の担任の先生にしばらくお休みすることを伝えると、「えインフルエンザなんですか??今日一日、元気だったんですけど。。。」と言われ、同じ幼稚園バスに乗っていて創馬の1つ前の停留所で降りるお友達のママからは「うちの子が降りるとき、元気に手を振ってくれてたよ?!」というメールが入り、タミフルを処方してもらった薬局では「いつ頃から熱が出ましたか?」と尋ねられたので「。。。気づいたのはほんの1時間ほど前です。それまで元気だったので 気づいたときにはもう39度を超えてました。」と答えると「は?あ、、、じゃあ本人も気づいてなかったんですね。はぁ〜、そうですか。」と呆れられ。
熱に強いのか鈍いのか?
病院に連れていく頃には体がきつくなってきたらしく、ぐったりしてうとうとと寝入ってしまう状態でしたが、タミフルをのんでかくっと寝ること3時間。その頃におとうちゃんが早めに帰ってきてくれたので物音で目を覚まし、熱を測ると38.5度まで下がっていて、「もうしんどくない。」と。いやいやそんなはずは、、、と思いつつ、何も食べていなかったのでヨーグルトやプリンや食べやすそうなものを食べる?と尋ねると「食べる!」
プリンを食べ、ヤクルトを飲むうち、「なんか食欲出てきたみたい。」というので「おにぎりでも作ろうか?」というと「おにぎり食べる〜!!」 ほんとにインフルエンザなのか?と思うほどの回復ぶりで、結局心底きつかったのは5,6時間ほどですんだのでした。その後の5日間、缶詰状態になったほうがきつかったと思われます。

11月は毎週末なにかしら行事があったし、12月も幼稚園の行事が目白押しなので、タイミングとしては一番いいときでした。それに軽く済んだから言えることですが、いったんかかってしまうとこれからしばらくは、ビクビクしないで過ごせる分気楽だな〜と。
今週末は年長さんの一大イベント「聖劇」があるので、まだインフルエンザにかかっていないお子さんのお母さんたちはドキドキだと思います。せっかくの聖劇なので全員揃ってできますように。


遅ればせながら。。。運動会 

2009年11月02日(月) 21時47分
はや11月。創馬の運動会が終わってから1ヶ月経ってしまいましたが。。。創馬の出番順に紹介します。

かけっこ

4人中3番でゴール


ブリッジ

組み体操で。毎晩練習しただけあって、キレイなアーチ型になっていました


空手

午後一番のプログラム。ここから年長さんは、運動会に合わせて作ったオリジナルTシャツに着替えています。各自好きな絵を描いているのですが、カラフルでみんなかわいかったです
男の子たちの見せ場、嵐の「Believe」という曲に合わせてまず跳び箱を順に跳び、隊形を整えて空手の型をやり、そして鉄棒をやってまた別の隊形になって空手をやり、、、ここでも無事、逆上がりを披露することができました


ミルクムナリ

年長さん全体でのお遊戯(?)というのでしょうか、ミルクムナリという沖縄民謡を踊りました。ゆったりとした独特のリズムと動き、揃えばカッコ良かったのでしょうが、、、(実際、大人がきちんと踊ってるミルクムナリはカッコいいのです!)、幼稚園児には難しい踊りでした ま、敢闘賞といったところでしょうか


リレー

運動会の一番最後のプログラム。年長さんは1クラスを2チームに分けて、計4チームで争います。チーム分けや走る順番は子供たちで相談して決めたそうです。創馬のチームは途中までずっとトップを走っていたのですが。。。最後から3番目くらいの子のところで抜かれてしまい、惜しくも2位でした。創馬はというと真ん中あたりの無難なところで走り、なんとか抜かれずにバトンを渡すことができました。若干、間をつめられたような気はしますが やはりリレーは盛り上がりました。撮ったビデオを見返すと、ビデオカメラを構えながら応援しているおかあちゃんの怒鳴り声はもちろん、よそのお母さんの叫び声も入ってたりして、おとうちゃん曰く、「応援してるお母さんたちの声のほうが面白いよな〜。」

あっという間に終わった一日でした。幼稚園最後の運動会だなぁと思うとなんだか寂しくて他のお母さんたちとしみじみしてしまったおかあちゃんでした。小学校の運動会でもこれだけ楽しめるかなぁ。

逆上がり! 

2009年10月01日(木) 23時49分
もうすぐ運動会です。2学期が始まったときから「毎日跳び箱と逆上がりの練習をしてる」と創馬から聞いていて、なんでかなぁと思っていたのですが、運動会の演目で跳び箱と逆上がりを披露するそう。運動会で跳び箱って、、、と思いつつ日々少しずつ話を聞きだしていくと、しかも男の子だけが披露するとか。

何はともあれ創馬は逆上がりができません!跳び箱はサッカー教室で雨の日に練習させてもらったことがあったのでかろうじて飛べるのですが、逆上がりは絶対無理。腕力もなければ蹴り上げる力もなく、あかんやん〜 でも少し驚いたのですが、担任の先生と話す機会があったときに「どんな感じですか?」と尋ねてみたら、なんと創馬のクラスの男の子は誰も逆上がりができないそうなのです 隣のクラスでも3人ほどしかできないそうで。。。てっきり創馬を含む数人の子ができないだけで、後の子はみんなできるのかなぁと思っていたのですが。だって、幼稚園に行ったときにくるんくるん回っている子を見かけるものですから。でもよく考えてみると、鉄棒にぶら下がっているのは女の子が多かった!実際、女の子の半数以上は逆上がりができるのです。おおーい、男子ぃ〜 先生は「今の時期はどうしても女の子のほうがなんでもできますからねぇ。」とおっしゃってました。体格や精神面で女の子のほうが先に発達するというのは聞いたことはありますが、運動能力の面でもそうなんですねぇ。体育を担当してくださっているサッカーの先生も「小学2、3年生までは女の子のほうが上回っていて、その後逆転する」とおっしゃったのでひとまず安心。。。
してちゃあいかん!というわけで、家でも練習をすることに。

創馬は体を使う遊びに関して、できるようになりたいからとがむしゃらに挑むタイプではないので、どう練習させるかが難しかったです。ひたすら鉄棒に向かわせても、成果は上がらないし気持ちは落ち込んでいくし。なので毎日家で体育の先生から指摘してもらった創馬に足りない力がつくような動きを遊びながら練習させ、休日におとうちゃんが鉄棒で20分程度の練習を朝、昼、夕方とさせることに。運動会で披露しなければならない、というモチベーションがあるためか、創馬もイヤな顔をすることなく練習してくれて、先日の日曜日に突然くるん、と!できました〜、逆上がり
いや〜、練習を始めて2週間、創馬がこれだけの期間でできるようになるとは思っていなかったのでびっくりです。やればできるんやん!やっぱりポイントは鉄棒以外のところで腕力やら脚力をつけるようにしたのが良かったのかなぁと思うのですが、それって普通は普段の遊びでついてくるものなんでしょうね。創馬はその部分が足りないんですよねぇ。創馬の性格を考えると、この先もおとうちゃんやおかあちゃんが導いていかないといけないんでしょうか なにはともあれ、運動会までにできるようになって良かったです

夏の思い出 〜長浜〜 

2009年09月13日(日) 11時49分
夏休みの思い出の〆は長浜。淡々と、ではあるけれど創馬としてはとても充実した楽しい日々だったようです。
ばーちゃんを交えてUNOをしたり、おかあちゃんのお友達の家で遊んだり一緒に市民プールに行ったり。(市民プールに長時間行っていたら一気に日焼けをして生まれて初めて体の皮膚が剥けました。。。) ひいおばあちゃんにも会って従兄とも遊び、あっという間の10日間でした。
そうそう、ばーちゃんと一緒に買い物に出かけたとき、佐藤製薬のぞうさんにも乗せてもらいました。。。

やったー!

この嬉しそうな顔。。。もう体の大きさが似あわないと思うんだけどな〜。


夏の思い出 〜太陽の塔〜 

2009年09月11日(金) 11時22分
お盆が終わり、8月18日からおかあちゃんの実家に帰省しました。今回は時間が早めの飛行機に乗ったので、大阪に到着するのが11時の予定。(実際には飛行機の出発が遅れて11時20分頃に到着しましたが) 時間に余裕があるので創馬がかねてから「行きたい」と言っていた、太陽の塔に寄り道することにしました。
太陽の塔がある、万博公園へは伊丹空港からモノレールに20分ほど乗ると行けます。モノレールに乗るのも創馬のお楽しみのひとつでした。

創馬と太陽の塔

どちらもカメラに収めようとすると、、、こんなに小さくなってしまいました。


というわけで、どどーんとアップ

間近で見上げる創馬


3年前に太陽の塔の存在を知って以来、何かにつけて「行ってみたいなぁ。」と言い続けてきたのでようやく念願がかないました。最寄り駅に着いて遠くに太陽の塔が見えたときは「うわー」とわくわく感たっぷりだったのですが、真下まで来ると言葉もなく見上げて、正面から、後ろから、右から左からとあちこち駆けてはじーっと見つめていました。炎天下で20分くらい見てたでしょうか。おかあちゃんがキツイってば 
創馬の気の済むまで眺めた後、またモノレールに乗って伊丹空港まで戻り、おかあちゃんの実家に向けて出発しました。家に太陽の塔の模型があるのですが(太陽の塔に惚れ込んでいる創馬を見て、おとうちゃんがお小遣いで買ってくれました)、その模型とはあそこが微妙に違っていただの、背面に描いてある黒い太陽の顔の実物を初めて見ることができただの、しみじみと満足そうに語っていました。
暑いのがとても大変だったけれど、本物を見せてあげられて良かったです。太陽の塔の周りは広大な敷地の中に公園やら博物館やらもあるので、気候のいいときにじっくりと行ってみたいです。いつか、ね・・・。

夏の思い出 〜波佐見〜 

2009年09月10日(木) 22時22分
夏休み中の思い出第一弾。
お盆は波佐見で過ごしました。今年のお盆が今までと一味違うのは、昨年9月に生まれた創馬の従妹、なるちゃんがいること!一緒にビニールプールで遊びました 水が顔にかかるとびびる創馬に対し、なるちゃんのほうが豪快に遊んでおりました。。。



夜はバーベキュー


締めは花火

と、波佐見の一日を満喫していました。久しぶりの夜更かしで、後片付けが終わる頃には疲れてとろんとろんになっていました ま、滅多にない機会ですから。

大忙し 

2009年09月09日(水) 11時08分
2学期が始まって1週間が経ちました。夏休みボケをする暇がないほど創馬は忙しい日々を送っています。
10月の第1週目に運動会があるのでその練習が始まったからなのですが、、、創馬たち年長さんは演目がとても多いのに今年は例年より日程が1週間早いわ、途中で連休があるわで練習できる時間が少ないのです。となると詰め込むしかない!というわけで、普段なら自由に遊べる登園してから朝のご挨拶が始まるまでの時間も鉄棒や跳び箱の練習にいそしみ、ご挨拶が終わった後は空手の演舞やリレーやお遊戯の練習にどっぷりはまっているそうです。体育がある日は組み体操までやっているので頭も体もフル回転!先日などは朝一番からずーっと空手の練習をしていて13時近くまで休憩なしでぶっとおしの練習があり、気分が悪くなってしまった子がいたとか 先生たちも切羽詰っておられるのでしょう。。
今のところ創馬は多少の疲れは見えるものの体調を崩すことなく元気に通園しているので、このまま運動会まで頑張ってもらわねば。運動会が終わったらがくっと崩れるかもしれないけれど

お手伝い 

2009年08月01日(土) 0時53分
夏休みに入って10日ほどが過ぎました。創馬と過ごす時間がぐぐっと増えて楽しいやら疲れるやらの毎日です でも今までと比べるとラクなことも多くなりました。というか、意外と「使える」のです。ふふふ。
まずはお買い物。だいたいスーパーで買い物をするときは壁沿いの棚を見ながらぐるっと回りつつ、途中で必要に応じて中ほどにある棚のところに入り込んでまた壁沿いの棚に戻る、というのがおかあちゃんのパターンなのですが、混んでいるときなどは中ほどの棚に入ってまた戻る、というのが面倒くさいことも多く。そこで創馬に「だし昆布取ってきて。」だの「ごま取ってきて。」と言うと、するするする〜っと人ごみをかきわけて持ってきてくれるのです!ばら売りの野菜売り場では、「にんじん5本と玉ねぎ3個お願い」と言っておけば、群がる奥様がたに混じって指定したとおりに野菜を袋に入れてくれます。その間おかあちゃんはゆったりと他の食品を見ることができて助かってます 

それから最近、「はじめてのおつかい」も経験しました!家から歩いて5分ちょっとのところにあるスーパーまで1人でパン粉を買いに行ってもらいました。このスーパー、規模が小さくてお値段もそれほど安くないので普段はあまり行かず、買い忘れたものがあったときや急に何かが必要になったときにしか利用していないので、おかあちゃんも創馬もどこに何が置いてあるのか把握していません。それなので、パン粉の場所がわからなかったらお店の人に聞いてね、と言っておいたら案の定お店の人に教えてもらって買って帰ってきました。

他にも空になった牛乳パックをリサイクルするためにハサミで切って開くのもできるようになったし、年長さんくらいになると意外と役に立つんだなぁとわかりました。これまでのお手伝いだと、おかあちゃんもそばで一緒にやらないといけないことが多かったけれど、今は「お願い」とまかせて、その間おかあちゃんは別のことをできるというのが大変助かります。進んで手伝ってくれている今のうちに、習慣づくようせっせと手伝わせなくてはっ

皿洗い 

2009年07月25日(土) 23時52分
父の日に皿洗い券をプレゼントしたせいでしょうか。創馬がしばらく皿洗いにはまった時期がありました。「お皿洗うの手伝ってあげる!」と目をキラキラさせて言うのをむげにもできず、かといって全部はもちろんまかせられないので、小さめの皿や鉢やあまり汚れがこびり付いていない鍋、箸などを少し残した状態で創馬に引き継ぐと、意気揚々と子供用椅子を持ってきてそれに立ち、洗ってくれました。

ふんふんふん〜

鼻歌まじりに時々「お皿洗いって楽し〜いっ」と言いながら。うーん、水遊び状態ですな。うちの台所は狭いので並んで作業できないし、見ていたら気になって口出ししてしまいそうなので、おまかせしてお風呂の準備をしたり布団を敷いたり・・・意外とほかの仕事ができて、なかなかいい感じでした 数日で終わってしまったのが残念ですが。(おかあちゃんが後片付けをしている間おとうちゃんと一緒に過ごせる休日を挟んだら、皿洗いをしていたことをすっかり忘れてしまったらしく、言い出さなくなってしまいました) ま、いくら助かったとはいえ創馬のためにセッティングするのが面倒くさくておかあちゃんも言い出せずにいるのですが。。。どうしようかな〜、夏休み中はやらせようかな〜。
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像madam-saya
» 航空祭 (2008年06月05日)
アイコン画像お父ちゃん@出張中
» お面 (2007年09月12日)
アイコン画像yoko
» 父の日のプレゼント (2007年06月20日)
アイコン画像おかあちゃん
» 母の日のプレゼント (2007年05月14日)
アイコン画像おかあちゃん
» あと一息・・・かな? (2007年05月14日)
アイコン画像長兄
» 母の日のプレゼント (2007年05月12日)
アイコン画像れいこ
» あと一息・・・かな? (2007年04月19日)
アイコン画像おかあちゃん
» 3歳半検診 (2007年04月01日)
アイコン画像葉子
» 3歳半検診 (2007年03月31日)
アイコン画像たーた
» 1人遊び (2007年03月09日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:gogosouma
読者になる
Yapme!一覧
読者になる