おに接待 

2007年08月07日(火) 11時45分
学生時代は代理店勤務やTV局の人たちに、上司やクライアントの接待飲み会の場に呼ばれることも多々あったけど。
つい最近、久々にわたし自身が接待を受けました
とゆっても用事で行った東京で、久々に会う男友達の私のもてなし様が半端じゃなかった。

その子とは昔から知ってて、長い付き合いでもあり周りの男友達も女友達もほぼつながってる感じの気の置けない奴で。
だから別に私ごときに今更お金つぎ込んだところで何もでないにもかかわらず(笑


夕方には仕事が終わって、フリーになった私はすでにランチビールでほろ酔い。
とりあえず六本木で待ち合わせて、お茶することに。
→ 向かった先はグランドハイアット
 (この時点で、「私とあんたでこの場所セレクトちょっとおかしない?!(笑)」てなってた)

ヒルズでブラブラした後、他の友達も呼んでご飯ゆくことに。
ひとまず2人で軽く飲む。
→ 六本木のお洒落なシャンパンバー(コンパで使ってください。。)

続々とみんなが集まりだし、店移動
→ 青山のこれまたエロいサロンバー個室

気づけば総勢10名ほどに膨れあがって、飲むわ飲むわ!シャンパンが何本空いたことか。。。
ワインも何本空いたことか。。。最後は全員フラフラだったけど超笑って飲んで騒いで楽しみました
タクシーに乗せられ、誰か経由でホテルにたどり着いた私はどやって帰ったかまったく記憶がありませんでした。ちーん。。。

でも次の朝、ポケットの中みたらちゃんと、タクシーチケットが。むむ、できる奴

日曜は昼間で寝てて、ランチのお誘いがあったのでその男友達他4名でランチに。
→ グランドハイアットの割烹料理

お昼から超豪華でもとおっても胃に優しくておいしいお食事を、二日酔いの4名で楽しみました。
たまたま一緒にいた男の子が仕事でその日関西に帰るということだったので、一緒に飛行機で帰ることに。なんと、六本木から羽田までタクシー移動。。。ラッキー

空港では専用ラウンジでゆっくり過ごし、機内では懲りずにまたビールで乾杯。。

「軽く飯くってかえろ」ってなって、空港展望ロビーのレストランで夜景+飛行機みながらここでもワイン

まるでちょっとしたおデートみたいになってました。(その子も昔からの男友達なのに。。)


とにかく、この週末はなぜか「今更!」ってゆーような仲の男にやたらと上待遇を受け、お金をつぎ込んでもらい、いい気分にさせていただきました。でもほんっとこんなに接待しても何もでないのにね。。
本人たちもそれわかってて、こんなに優遇してもらって、私ラッキー
あの日1日だけでおそらく20万くらい使ってるわ、彼。。 ぷぷぷ

ただ、こんだけよくしてもらいながらも
心の中では「なんであんたらやねん!」と少々不満にも思っておりましたが(笑)

”持つべきものは友達”とはまさにこのことですね
若干、まだ私とも「下手したら下手するかも」という期待が彼らにはあるらしく(笑)
ほんっと、男ってあさはかですな。。。 (笑) 

それにしても不思議な程のもてなされ様でした。
ま、関西帰ってきた時には次は私がもてなさなあかんやん!



いくつになっても男は男 

2007年07月03日(火) 14時54分
失恋した友達を励ますべく、朝まで飲む覚悟を決めた先週末、
20歳くらいから仲良くしてくれていた、おっちゃん(おじいちゃん?!)達を久々呼び出すことに!

もう何年も会ってなかったけど、相変わらず”ちょいワル”親父(笑)で、とても60歳を超えてるとは思えないほどパワフルでセクシーでした。今は落ち着いているけど、仕事もバリバリで、手広く事業を拡大。そらMONEYも使いたい放題です。それにしても相変わらずファンキーで楽しい人で尊敬します。
20歳くらい年下の嫁は超べっぴんだし。羨ましい。。。。。

まずはおじ様がオーナーをしているという新地のご飯やさんでお食事。自分が厨房に入って料理まで作ってくれました。 

できる男の条件1 : できる男は料理も上手い


その後、「クラブいきたーい」という友達の要望で、おじ様の元カノ(20代美女)がいるというクラブへ足を運びました。みんな美人で超びっくり。そら男やったらこんな店通うわと友達としゃべりながら、なぜかうちらまで女の子を指名(笑) 自分より年下のコらつかまえて、おばちゃんみたいに質問攻め

できる男の条件2 : 年齢関係なく女性と話を合わせられる

あいにくその日は彼女はお店がお休みだったので、すぐにでて別のお店へ移動。何やらそっちにも彼女がいるらしく(笑) BUTなんとそこでもそのコはお休みで。。。。 連絡いれなかったからかしら?残念
てことで、そこも切り上げて次へ移動。。。
「オカマちゃんいきたーい」という友達の要望で、有名なニューハーフのお店へ。
なぜかママも「わたしもいくー」とお店抜け出して一緒にショーを見に来ました。ショーだけ楽しんだ後、ママはさくっと自分のお店に帰ってゆかれましたが。

できる男の条件3 : 来るもの拒まず 去るもの追わず

私もニューハーフショー見るの久々だったけど、やっぱ”元男”とは到底思えません
付けるもの付けて、取るもの取って、全身フルチェンジ済みの彼女たちの艶やかさは、天然の女の私たちの方が劣ってる感あり。「そらフラれるわ!」と友達と反省会
真ん中の2人意外全員”男”です。。。↓




そこのショーも楽しんだところで、最後はナイトのお店へ。カラオケで盛り上がって終了

できる男の条件4 : 歌う歌もTPOわきまえてます

空も若干明るんできたところ、お家が遠いという私たちの為にホテルの部屋(ツイン)まで取ってくれました。
「替えのパンツがない」といい出した友達の要望で、新地の中にある下着屋さんへ。
さすがインポートもの。超可愛いし超高い!「好きなやつ選び」というおじ様のお言葉に甘え、普段自分では絶対買わないような、上下セットで2万近くする下着をゲット
しかもおじ様、自分の彼女にもプレゼントしたいからって、私たちに彼女のんも選らんで、とゆってきた。
むむむ  責任重大! 友達と二人であーでもないこれでもないと検討した結果、純白のインポート下着を選んで差し上げました。

できる男の条件5 : 下着のプレゼントもエロさがない

「今日はゆっくり寝ー」というおじ様は、私たちを残し颯爽とかえってゆかれました。もちろんホテルチェック済み

できる男の条件6 : お会計は気づかぬところで済ませます

結局、この日私たち二人は
おいしいご飯を食べ、新地のクラブ・キャバクラ・飲み屋を3軒周り、ニューハーフショーを楽しみ、ナイトで締め、高級下着をゲットし、ホテルのフカフカベッドでぐっすり眠りました
(朝はもちろんルームサービスにて朝食


このおじ様たちは、確かに嫁とは別に若い彼女がいたりするけれど、基本的には女の子と一緒に楽しむのが好きで、そこに駆け引きや下心はない(?)のです。
ま、昔から仲良しだからかもしれないけど。昔はさすがにもちょっとギラギラ感はありましたが(笑)


女子大生のみなさん!”女子大生”というのは今だけ使えるブランド!肩書きのようなものです。多少ギラギラしている人でも、
仲良く楽しく遊んでゆければ、いい関係は続くのですよ〜
女子大生ということを最大限に巧く今のうちに利用しましょねーー




外人コンパ 

2007年06月15日(金) 12時14分
世の中は何においてもインターナショナルが当たり前。
もちろん、コンパもグローバル化

東京に遊びにいったとき、六本木ヒルズのグランドハイアットロビーで1人でお茶しながら
友達を待ってたとき。となりのソファ席に同じく商談待ち合わせか何かで
1人座っていた、外国人に声をかけられました。英国系イタリア人+ギリシャの血
も入ってるか何かということで、彫りの深いまさにジロー・ラモ系な方でした。


日本語は少ししか喋れなかったけど、英語でいろいろ話をしていると
どうやら世界を飛び回るかーなりのお金持ち。不動産関係の社長さん
そらハイアットで待ち合わせですよね。

でも得体の知れない外人てかーなり怪しいので、喋りながら何気にチェック。

足元 → 質の良さげなモカシンローファー。もち素足
胸元 → デュエ・ボットーニでノータイ。品の良い白シャツにダイヤ入りネックレス
手元 → これまた前面ダイヤ散りばめたゴールドの時計

はい。この方正真正銘お金持ち

かーなり気に入られた私はその場でお食事に誘われましたが、やはりまだ様子見て
ことで、関西で仕事に来るさいにはお食事行きましょうとアポを取り連絡先交換。


で、数週間後、関西でのインターナショナルコンパが実施されました!
女の子4人と、日本人男性1名を含めた外人4名。

やっぱり場所もお洒落ーな感じの高級店でした。
んでもってさすがイタリア人やれ、「ビューティフル」だわ、やれ「ファンタスティック」だわ
女性を褒める褒める!!

最初はそのイタリアンマジックに酔いしれて、いい気分になっていた私たちですが
なんで、みんなそれほど英語が堪能なわけでもなく、、、、会話は主に1人いた日本人
男性が間にたって通訳状態に。。。

で時間がたつうちに褒められることにも飽きた私たちにとって、唯一素敵に見えたのがその1人の日本人男子!
きっと他のコンパで会えば埋もれてしまうような人だっただろうけど(笑)
その時はただ”英語が堪能”てことと、彼以外とは会話が通じないという2点だけで
その日彼はモテモテでした

てか、せめて日本語しゃべれる外人連れてこいよ!って感じ。

その後私は電話で何度かそのイタリア人社長さんとしゃべることはあって、
次はイタリア遊びにおいでよ、と言われましたが。
イタリア語勉強してからにします(笑)

やはりグローバルコンパをモノにするには、まず自分がグローバルにならねばね
てことで、外人とディナー付きのこんなレッスンいかが?
https://www.ecc.jp/school/kinki_area/umeda_lesson/





○○系の仕事 

2007年05月28日(月) 18時10分
いろんな職種の方々とお会いしてきましたが、

時には「え、、この人何してる人」と怪しい人も多々いました。。。
平日でも学校帰りにお茶に誘うと必ずといっていいほど、出てこれるし
ものすごい車乗ってるし、やたら羽振りいいし、やたら女子大生の知り合いいるし

自営業であることは間違いないんだろうけど、
彼に「仕事何してるの?」と聞くと
不動産系かな

何なん?!不動産””って
不動産会社経営でも、マンション売ってるのでも、土地売ってるのでもなく
不動産系らしい
確かに、一筋縄ではいかないご職業であることは当時学生の私たちからみてもはっきりわかっていましたが(笑)でもそゆう、一見怪しいヒトってものすごい人脈(白も黒も)つながってるし、豪快で楽しかったただじっくり知ると怖い気もしますが

もし身の回りにそういう人がいてるなら、一度お仕事内容についてじっくり聞いてみてください。あなたの知らない世界が広がっている可能性大です



「職業、○○系の人とは深く付き合ってはいけません」

忘れられません。 

2007年05月24日(木) 15時58分
 忘れられません。
 
 出逢って自己紹介して席に座って30分。

 隣に座ったあなたが、頬を赤らめ、でも嬉しそうに私に見せてくれた衝撃写真。

 そこには約30匹ほどのゴールデンレトリバー。

 「全部一緒やん・・・・・。わんわんランド顔負けやん・・・・。」

 そんな私の心の声も届いてか届かずか・・・。

 一匹一匹の名前とワンちゃんの性格を、丁寧に延々と話し続けたあなた。

 最後のとどめとばかりに、ハニカミながら私に聞きましたよね。

 「オレの名前覚えてる?」

 ドキドキしながら答えた私。

 はっとしました。

 あなたの名前・・・・。 犬伏 ●●

 (残念ながら、お名前は公表できませんが名前にも犬の漢字が入っておりました。)

 すごいです。

 いろんな意味でインパクト強すぎでした。

 ですが残念なことに、ここには私コンパに来ました。

 白馬の王子様は見つからなくたって、愉快に笑い転げて楽しいお酒を頂きたかっただけなのです。

 ささやかな望みです。

 この日の為に美容院まで行ってきました。

 そして何度説明されても、あなたのかわいい愛犬30匹の顔と名前は覚えられませんでした・・。

 時間と美容院代・・・返してください。

 以前のブログにも書かせていただきましたが、再度叫ばしてください。

 「時は金なり〜!!」 「Time is money〜!!」


 
 

仰天!?美女と野獣の珍コンパ。 

2007年05月23日(水) 21時59分
 学生時代から、その美貌を神戸中に轟かせていた先輩より、ある日コンパのお誘い
 
 華やかな生活をされていた先輩からの誘いとあって、期待せずにはいられません。

 その日の為に、服を新調し、当日は美容院、メイクもネイルも完璧

 いざ出陣

 待ち合わせ場所へ到着すると、有名読モにプロのモデル、美しい女性ばかりが
 
 心斎橋のど真ん中に10人集まっていたので、注目の的

 男性人の待つ会場へ到着すると、なにやら様子がおかしいのです

 アコーディオンカーテンが、部屋の真ん中に引かれ部屋が区切られています。

 獲物の声はすれど、姿は見えず・・・・

 女性人は状況が飲み込めず、落ち着かない様子。

 そこへ売れない芸人らしき人が登場し、一言

 オープゥン

 アコーディオンカーテンが開かれ、獲物たちが姿を現しましたが・・・・

 「まっ、まぶしいぃーい

 なんと皆様、頭がツルピカはげまる君・・・(若干1名、カツラを装着ムッシュカマヨツ系)。

 とまどいながらも席に座り、1人ずつ自己紹介。

 どうやら皆様、(独身22歳〜45歳まで)お寺の住職さん。。。

 司会まで用意して、なにが始まるのかと思いきや、それはもうサブイ、サブーイ

 ゲーム大会の幕開けだったのです。

 男女ペアを組まされ紙の上に立たされ、じゃんけんで負けると紙が小さくなってゆくのです。

 紙の上に立てなくなると負けという具合なのですが、二人で紙の上に立つのですから
 
 負けるたびに二人の距離は急接近・・・。

 仏に仕える住職さんは、皆様よく見ると全身ヴィトンやらキンキラ時計やら・・。

 あげく「オレ明日、朝一葬式・・」、「おれなんか今日お通夜でヘトヘト・・」

 みたいな会話が繰り広げられていました。

 彼らも人間ですが、なんとなくゲンナリ・・・。

 帰りは彼らのスーパーカーでしっかり送っていただきましたが、

 税金払え〜

 と海に向かって叫んでみたくなりました。。。。。
 
 
 

クーポンおデート 

2007年05月02日(水) 9時17分
久々のコンパ報告書。別にサボってたわけではないですが(うーん、ちょっとサボったかも。。)
この間にもせっせとネタ集めはしていたわけです。


久々に「おっ、いい感じという男性に出会い、久々にお食事に誘われた。
外資系のエリート商社マンで、しかもスラっとした男前ときたので、内心かーなり期待してました

待ち合わせ場所は新地の入口。どこに連れていかれるかと思いきや、なにやら白い紙を片手にウロウロしてる。どーやら彼も初めての店だったらしくネットで調べた店に行こうとしてるらしい。その時点でちょっと雲行きは怪しくなってきた。。。 せっかく調べたんならもちょっと場所を把握しといて欲しいところ。

「このお店知ってる?」

彼が紙を見せてきた。お店は知らなかったけど、住所で大体はの場所はわかった。でもそこは”新地で遊んでる”という印象を与えてはならないと、

「うーん、知らなぁい」

彼は近くのお店の店員さんに紙を見せて道を尋ね、ようやく方向がわかったらしくなんとかお店にたどりついた。その時点で既に待ち合わせから15分経過。スムーズにいけば10分かからないくらいで辿り着くお店でした。でもま、そこは初めてのおデートってことで気合入れてお店探してくれたんだ、ということでまあ納得

実際初めて行ったそのお店はシャンデリアが煌くかーなりオシャレな空間。(一瞬、キャバクラか?!と思ったけど。。。) カーテンで仕切られたソファ席に通され、ひとまず最初の一杯をオーダー。すると彼からありえない発言が

「あ、ウーロン茶」

ウーロン茶て!!こんだけ苦労して迷って辿りついたにも関わらずノンアルコールを頼んだ時点で私の彼に対するポイントはマイナスに。でもま、お酒飲む飲まないは人それぞれなので、そこもまあなんとか納得。続いてお料理オーダー。私自身基本的に、飲む場ではゴハンはあまりいらないので

「私あまり食べないんで、適当に好きなもの頼んでください。お任せします」

と可愛く促した。するとまたまた彼

「あー、オレもあまり食べないんだよね。1日1食くらい」

そしてオーダーしたのが野菜スティックとカルパッチョ的なモノのみ。男の子やん!!もっとガッツリ炭水化物食べなあかんやん!!!その時点で、私の中のこのオシャレ男前のポイントはがくんとマイナスに。。。。。私の持論。”食の細い男は仕事もできない”そこからの会話も案の上、当たり障りのない内容で。。。

せっかく久々おデートのテンションもだんだん冷めてきたものの、ここは大人。
「ま、最初は緊張してるし、次回はもっとおもしろくなるかも」と自分に言い聞かせ、いざお会計

レジに先に立ってくれたのはよかったんだけど、なんとここでこの男前くん、さっきの紙を店員さんに渡しているではありませんか!!
なんと、それはぐるなびかなんかのクーポン券だったのです!!!!!別にクーポンを出すのが悪いとか、お得になるのが悪いとかは思わないけどさすがに、初デートで(しかもこんなオシャレなお店をセレクトしておいて、しかもしかも対してお食事もしてないのに、大人数のコンパでもないのに)クーポンを使われたのは初めてでした。


さすがに、この時点で
この男前に関するポイントは一気にダウン

次回のおデートどころかもう2度と遊ぶことはない結果となったことはいうまでもありません。。。


チーン



遠征コンパ 

2007年03月13日(火) 21時05分
最近、出張つづきで地方へでかけることも多い。。

出張で思い出すのが、大学の頃の「遠征コンパ」
その名のとおり、地方へいってコンパをするのである。たまたま知り合った人がたまたま地方から関西に遊びに来ていて、そのたまたま知り合った地方から来てる人がら来月あたりたまたま地元へ帰るから、そのたまたま地方へ戻ったときに「遊びにおいでよ!案内するし。」

とかゆー、たまたま続きの誘いに「OK んじゃみんなで遊びに行くわ!」という軽いノリで小旅行がてら女子4,5人連れ立って遠征にくりだすのです。

東京はもとより、四国名古屋沖縄なんてのもあったりして。。。

毎回泊まりでいくから、向こうの男の子にしてみたら、「あわよくばお持ち帰り・・・」系のむふふな発想をするのは当然なのだが、そこらへんは私たちのエライ(?)ところ!
遠征第1回目では、必ず集団行動に徹します!でもしそこで気に入ったコがいても、2回目以降は個人行動OK。なんかい地方に足を運ぼうが、遠方に彼氏を作ろうが自由

でもま、幸か不幸か毎回の遠征で、そゆう関係になって続いたコは誰もいません。「遠征コンパ」の目的はそれではないからです(わざわざ好き好んで、遠恋をしたいなんて思わないから)

たいていは、地方地方でいい店に連れていってくれて、おいしい物をご馳走してくれて、観光に連れてってくれたりetc 時には、泊まるところはもとより、お車代とかくれちゃったり

でも唯一いい思い出ではない「遠征」が、4、5人で行った名古屋。こちら側の1人とあっちの男の子1人が知り合いってことで、出かけた名古屋。いつもの感じで、名古屋コーチンやらひつまぶしツアーにでかけ、部屋に戻ってみんなで飲んでた時のこと。かーなりいい感じに酔っ払い、お腹もいっぱいだし、男子にはもう用なはかったので、みんなそそくさと化粧を落とし始め、部屋着に着替え始め・・・・・
さすがの男子もそれには引いて、それまでは散々ちやほや褒めたり、上げたりしてたくせにとたんに

「化粧とった顔、どえりゃー違うし」 とか

「詐欺だがや」 など、名古屋弁で騒ぎたて始めました。

負けじとこちらも「あんたらこそおもんないねん!と大阪弁で攻撃開始!

結局はお腹もいっぱいになり、オチのない名古屋男子と夜を明かすよりは、、と全員そそくさと部屋に戻って就寝。残された名古屋男子はまだ

「あんばよう、変われるものだがや」やら「おみゃーの友達はどないなっとる?!」と名古屋弁で談義が続けられて、後々地元では
「神戸の女は化粧が濃い」だの「みんな整形」だのとしばらく語られていたらしい。

わざわざ電車代払って、出かけたにも関わらずその言われようはないわ!!!!
てか、うちらそんなに化粧とっても変わらんわ!(約1名除く。。。)

それ以来、遠征先から名古屋が外れたことは言うまでもありません。
次は海外遠征しますか(笑)






Valentain's Day 

2007年02月15日(木) 19時41分
バレンタインも無事に終わりましたね。
学生のころはあげる方ももらう方もなにかとワクワクするちょっとしたイベントでしたが、社会人になると無駄に気を使わなければならないちょっとしたイベントになってしまいました。

社内でもバレンタインが近づくと、おじさま方の態度が妙に優しい。でもってバレンタイン当日に出社するとおじさま方がなにかとソワソワした空気が漂っている。ま、まだ完全義理チョコってわきまえているおじさまはまだノリで済むけど、中途半端に本命チョコを期待している若手社員やバイトくんにいたっては若干扱いに困る(苦笑) 仕事ができるナイスミドルのおじさまは流石。チョコのもらい方もお返しの仕方サラッとしていて実にスマート

バレンタインといって思い出すのは、学生時代のあるコンパ。何を思ったか2月14日にセッティングされ女の子5人vs社会人男子5人。 しかも女の子は強制的にチョコ持参で参加で、コンパ終了後に気に入った男の子にチョコを渡すことに。。。 いざコンパスタート「はじめまして」でお顔を合わせた瞬間、私たち全員のターゲットがイケメン1人に絞られた。この時点でチョコは5つとも彼1人が独占して帰る結果が見えているにも関わらず、後のNONイケメン4名は必死に自分をアピール

宴もたけなわ、てな感じで落ち着いた頃NONイケメンの1人が何を思ったのか自信満々で「チョコレートターイム!!」と叫んだ。空気読めよっ!

「かわいそうな男・・・」

と全員心の中でつぶやきつつも、苦笑いしながら「せーの」でチョコを男性陣に差し出しました。もちろん、5個とも1点集中のはずが、、、、、、、、 KちゃんだけそのNONイケメン男子へチョコを差し出しました。もちろんKちゃんもイケメン狙いだったには間違いないのに、変に空気を呼んで仏心を出してしまい、そのせいでNONイケメンからは鬼の勘違いをされ・・・・・・・ しばらくつきまとわれていました。チーン

ホワイトデー、イケメンくんはさらりと”おかえし”と称して私たちを食事に招待してくれた。Kちゃんはというと、、、、案の上デートに誘われたが「風邪ひいた」といって断ったのはいうまでもなく(笑) いくつになっても男子はなんだかんだゆってもバレンタイチョコ気になるのかしらね。だからこそ、本命義理の区別は態度でハッキリと示しましょう〜


「義理チョコに仏心は禁物です」

テレビ局勤務 

2007年01月31日(水) 19時23分
学生時代は、広告代理店・TV局・マスコミ関係・・・いわゆる”業界人”といわれるような人たちとよく遊んでた。それこそ25、6歳の若手社員から40代の管理職おじさままで

世間一般のサラリーマンよりかはそれなりにサラリーをもらっている彼らと遊ぶメリットは、
学生ではいけないような知らないようなお店(オカマバーから会員制バーまで)に連れていってくれたり、業界裏ネタを知れたりすること確かに持ってるだけに”遊んでる””チャラい””派手”というイメージは否めないけど
実はしっかり遊んでる分しっかり働いてたりもする(ま、人によるが 笑)
TV業界でいうとフジ・テレ朝・日テレ・TBSといういわゆる主要局(キー局)はメジャーだけど、その分真剣にお付き合いとなると派手な分苦労するのも事実
そこでわかったこと
実は地方局がいいんです!!キー局以上にサラリーをもらってて、しかも結構遊んでなかったりする(ま、人によるけど 笑)東北の局とか、有名じゃないと思ってあしらってると、実はダイヤの原石だったりします(笑) 同じTV業界でも真剣にお付き合するなら実は地方局勤務がよいよ。ただ結婚となると地方に住まなきゃならないってこともあるけど。
要は同じ業界内でもいろいろ、ってことです


「地方局が狙い目!」
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像汁ーんwwwwww
» おに接待 (2009年06月15日)
アイコン画像すかし
» おに接待 (2008年10月19日)
アイコン画像ぷるん
» おに接待 (2008年10月05日)
アイコン画像よしと
» おに接待 (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» おに接待 (2008年09月26日)
アイコン画像さふぁーま
» おに接待 (2007年10月24日)
アイコン画像あー
» 敏腕プロデューサー (2006年12月01日)
アイコン画像小川
» コンパ前の常識 「四季報」チェック! (2006年11月24日)
Yapme!一覧
読者になる