藤田伸二騎手の『騎手の一分』からわかったこと

July 30 [Tue], 2013, 19:02
JRAの藤田伸二騎手の書いた『騎手の一分』を読みました。

こんな事、書いちゃっていいの?という内容。

JRAは怒らないのかな?
最近のJRAは寛大なのかな。
穿った見方をすると「ガス抜き」「話題優先」なのか。

きっと岩田騎手は怒っているよな。
でも、JRA生え抜きの番長騎手には、表だって文句言えないのかな。

この本読んでわかったのは、競馬界も色々あるんだな〜と言うこと。
大手生産者グループや馬主の力の巨大化や力関係。

競馬関係者、特に馬主や生産者、厩舎にとっては
数十億が動く経済活動だもんね。
たかが、ギャンプル」じゃないよね。

毎週競馬を楽しんでいるファンとしては
馬主や生産者の寡占化はしてほくないけど
馬券検討の際には、考慮に入れた方がいいみたいだね。

いや、入れななくちゃダメだ。

勝率上げるためには…。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lonlon
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gogo867/index1_0.rdf