【5】当然実現できるという確信の力=高い精神力

May 01 [Fri], 2015, 20:20
本日のテーマに関連したwebを提示します。

◆集中力の焦点を成功の鍵に! あなたは豊かに成功する。


豊かな人生、成功 は、願望を持ち、願望に集中することだ!こう述べると、あなたは自然と納得されるのではないでしょうか。

成功する為に、あなたの集中力を、志、願望、目標に注ぎましょう。

シェイクスピアは、「成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはならぬ」と言っています。

願望、目標や志をアキラメないで、行動できる自分にし、成功するには、何が必要か? それは、5つの成功の鍵です。


◆充実した人生を送る為に、あなたの集中力を3つの決断に集中しよう!。


あなたは、今、充実した意義ある人生を歩んでいると感じていますか。

多くの方は、そう感じていないようです。

充実した意義ある人生を歩む為に、あなたの集中力を何に使うかが大切です。

無意味なことに使えば、期待通りの充実感をもたらされないでしょう。

そこで、あなたの集中力を3つの決断に注ぎましょう。


+++++++++++++++本日のテーマ+++++++++++++++++++++。

 高い願いや身の丈以上の夢を持った時、大多数の方は、これは「不可能だ」「駄目だ」と感じてしまう傾向にあります。

集中力 創造

その結果どうなるか、叶う確率が小さくなります。

それ以外にもあなたの実現領域を狭める結果になる。

 「私は現実化できる」という強い自信をもてれば、願いは叶う可能性が大きくなります。

多数の人が犯す過ちは、「難しい」と考えてしまうことです。

それは、「進めてみようと思いがない」と言うことです。

始めからあきらめているのですから、成功するわけありません。

 「私は、実現できる」と気持ちを持つことが大切です。

とはいえ、言葉でいっても心の深部から「無理、不可能」と思いがでてくる場合には、ものごとは実現しないでしょう。

心底から「必ずできる」と思えれば、なにごとも成就できます。

心底からとは、あなたの深層意識内の記憶f必ずできる」といことに考えることです。

 即ち、頭で思ってもそのようにならない。

深層意識の考えが「できる」考えることです。

 なぜか?深層意識は、顕在意識より非常に強力だからです。

表面意識とは、頭で考えていることです。

顕在意識の考えと深い心の考えが競ったら、深層意識に軍配があがってしまいます。

「できない」と自然に反応するのです。

この反応は、深い意識ナガティブな考えが単に反応してるに過ぎません。

この反応が、あなたの行動に制動をかけるのです。

だから、深層意識記憶が「叶う」になっていなければならないのです。

 さて、この前、クイックセミナー (体験セミナー)にきたか方が、参加した動機を確認しました。

 それは、あるセミナーで夢を日々書き続けれると実現すつと聞き、その事を三か月間継続したが実現の感じがない。

何故なのか?どうして、何故、実現しないのか?という疑問を感じ、体験セミナーにご参加されました。

成就しない原因は何にか?叶わなかった、いくつかの理由があります。

一つは、その人は、3ヶ月間続けて、中止してしまったのです。

なぜ、中断したかが分かりませんね。

話してきました「叶う」という非常に高い確信がもてていないからではないでしょうか。

この人は体験セミナーの話を聞く中で、できなかった原因を自分で気づかれました。

 次回は、「間違いなく現実化すると確信パワーを持つ為には」関して紹介していきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。



"

【岩本輝雄のJリーグ採点】川崎×柏|大久保への供給を断てば、フロンターレは怖くない http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150501-00010012-sdigestw-socc

 現役時代は平塚や仙台などでプレーし、自慢の左足で日本代表としても活躍した岩本輝雄氏が、元選手ならではの鋭い視点でJリーガーのパフォーマンスや監督の采配をリアルにジャッジ!!【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・8節 世界のサッカーにも精通し、国内外の戦術を研究する日々を送る“サッカーおたく”岩本氏の眼にはどのように映ったのか――。

 第7回は、J1第1ステージ8節の川崎対柏を採点してもらった。

――◆――◆――■川崎フロンターレ■――先発出場――GK 21 西部洋平 5.51対1を止めるなど、前半ですでに2度のファインセーブを見せてチームを助けていた。

結果的に4失点を喰らってしまい、本人からすれば痛恨だったとは思うけど、そこまでひどい内容ではなかった。

DF 17 武岡優斗 5逆サイドからのアーリークロスに対してポジションが絞り切れず、処理が甘くて工藤に決められた。

イージーミスも目についたけど、彼の特性を考えれば中盤のほうが合っていると思うし、3バックでのプレーは少々、荷が重かったのではないか。

ビルドアップの時はもう少し前に出ても良かった。

DF 3 角田 誠 5武富のドリブルシュートへの対応では後ろに下がり過ぎるなど、厳しさが足りなかった。

前半はそこまで悪くなかったけど、後半の出来は今ひとつで、3バックのセンターとして失点を食い止められなかった。

重要なポジションであるにもかかわらず63分での交代。

これだけ早いタイミングでピッチを退いていることが、この日のパフォーマンスを物語っている。

DF 5 谷口彰悟 5.5先制点となるセットプレーからのヘディングシュートは見事だった。

ただし、本職の守備では最終ラインを安定させることができず、とりわけクロス対応に難。

工藤に2点を決められているけど、CBとしてあそこは踏ん張りどころ。

MF 20 車屋紳太郎 4.5前半はまずまずの出来も、後半は完全に崩壊。

背後を狙われ、失点はほとんど彼のサイドからやられてしまった。

守備に追われて持ち味を出せず。

厳しい内容だった。

MF 16 大島僚太 4.52ボランチでコンビを組む中村とは良い連係を見せていたけど、後ろでボールを捌いているだけで、まったく相手に脅威を与えられず、怖くなかった。

自陣でのパス回しはスムーズでも、相手陣内に入ってなにができたのか。

今まで見たなかで最も存在感を示せていなかった。

MF 14 中村憲剛 5.5基本的には大島とほぼ同じ評価で、相手のペナルティエリア近くでの仕事が少なく、“らしくない”ボール逸もあった。

そうしたなかでも、何本か効果的なパスを配球して少なからずチャンスは作っていたし、谷口のゴールをアシストしたセットプレーは悪くなかった。

MF 18 エウシーニョ 5.5序盤から果敢に仕掛けて、右サイドを活性化。

献身的なアップダウンを見せていた。

フロンターレは全体的に低調だったなかで、彼は決定的な仕事こそできなかったものの、可能性のあるプレーを数多く披露していたのではないだろうか。

FW 10 レナト 5前を向いてボールを持った時は、攻撃に勢いをもたらしてはいた。

惜しいシュートもあったけど、最後のところではキム・チャンスに完璧に抑えられて、工藤のプレスバックにも手を焼くなど、ゴールに直結するような働きができなかった。

FW 11 小林 悠 4.5レイソルのディフェンスが良かったのもあるけど、効率的なプレーができていなかった。

持ち味のスピードを出させてもらえず、右サイドでの絡みも機能せず。

ゲームをとおして、限りなくインパクトは薄かった。

FW 13 大久保嘉人 4FWとしてシュートゼロ……はいただけない。

ただそれも納得できるというか、まったくボールを引き出せずに、焦れて下がってパスを受けようとしても上手くいかず。

大久保への供給を断てば、フロンターレの攻撃はまるで怖くない。

チームとして研究されてきているなかで、今が一番踏ん張り時かもしれない。

――交代出場――FW 15 船山貴之 5よく動いてはいたものの、良い形に持ち込めず。

シュート技術は高いけど、それを存分に発揮できていなかった。

まだチームにフィットしていない感があり、彼の特長を活かし切れていない。

良い意味で、もっとひとりよがりのプレーを見せてもいいとも思った。

FW 9 杉本健勇 5出場時間が短く、中盤を支配されているなかで起点になれず、本来の実力を出せないまま、流れを変えることはできなかった。

FW 27 安 柄俊 5すでに勝負が決しているなかで投入されて、本人からすれば難しいシチュエーションでのプレーだったけど、劣勢を挽回するだけの力は見せられなかった。

逆に言えばアピールするチャンスでもあっただけに、それを活かせなかったのは残念。

指揮官の要求に応えられなかった。

監督 風間八宏 4.5セットプレーから先制点を奪えたけど、きれいにラインを揃えて、コンパクトな陣形を保つレイソルを攻略できなかった。

ストロングポイントである中盤も支配されたまま、有効な手を打てなかった。

「儲かる社長の不都合な真実」

◆ 世界一シビアな「社長力」養成講座 ◆

   著者: ダン・ケネディ。



あなたは不思議に思ったことがありませんか?。

なぜ、成功した経営者の書いた本は巷にあふれているのに、 成功する経営者は少ないのか?。

なぜ、成功した経営者の方法を真似ても、 思うように結果が出ないのか?。

もしあなたがそんな疑問を持っているなら、きっとこの新刊本、ダン・S・ケネディの世界一シビアな「社長力」養成講座があなたの役に立つでしょう。

⇒  http://directlink.jp/tracking/af/1188779/tBaIS27l

なぜならこの本は、成功している経営者が決して口にしない9つの不都合な真実について公開しているからです。

なぜ彼らはその真実を口にしないのか?。

なぜ彼らにとって、それが不都合なのか?。

実は、それが世間に知れてしまうと、従業員や世間に非難されるのです。

叩かれるのです。

会社が立ち行かなくなるのです。

なので、この真実は、一般の本やインタビューで語られることはまずないのです。

しかし、この真実を知ることであなたは、あなたが今まで失っていた時間や労力を取り戻し、ビジネス本来の目的である「利益」を出すことだけに集中することができます。

結果としてあなたの会社は劇的に成長することになるのです。

では、その「不都合な真実」とはいったい何なのか?。

それは、、、⇒  http://directlink.jp/tracking/af/1188779/tBaIS27l