五月人形の鎧兜の選び方

April 16 [Tue], 2013, 14:39
私はこれまで五月人形の販売店について色々と述べてきたわけですが、五月人形の選び方についてはあまり触れて来ませんでしたね。それはやはり皆さんが五月人形を購入するときには実際にその商品を触って感触をみて購入して欲しいと思ったからです。

しかし、節句アドバイザーがいない店舗ですとアルバイトの店員などもいますのであまり解説が信頼出来ません。そういうことも有り、私のブログ上で五月人形の賢い・適切な選び方を説明しておきます。

まず、鎧兜の品質をどのように見分ければ良いのか・・・というところからお話して行きましょう。まず、鎧兜は正面だけを見ても品質を見分けることは困難です。売上に最も影響を与えるのが正面ですから、どの工房も結構頑張って仕上げてきます。

しかし、裏側については手抜きをしている工房もありますので、その鎧兜の品質を確かめたい時は裏側をみましょう。甲であれば裏返して見て下さい。鎧は中身を見て下さい。

仕上げが結構ラフに行われていたら質は低いと思っていいでしょう。キッチリと綺麗に作れている場合には工程数を増やして本当に消費者の事を考えて製造している工房の作品です。

ですからやはり、職人の手を何度も通っているので価格は高くなってしまいます。続く

吉徳大光の五月人形って・・・

March 14 [Thu], 2013, 5:36
吉徳大光・・・・五月人形を販売している業者の中でも最も人気があり歴史がある販売店と行ってもよいのではないでしょうか。既に300年以上の歴史があり、2011年に300周年を迎えました。つまり今年2013年は創業から302年目ということになります。

私も行きましたが、大阪の日本橋や東京では銀座などで300周年の記念式典が行われていたことも記憶にあたらしいです。その会場ではこれまで吉徳大光によって制作された五月人形であったり、雛人形が時代別に並べられて本当に興味をそそる内容になっていましたね〜

吉徳の五月人形の特徴を述べておくと「人形の顔」を丹精込めて緻密に作っているイメージが有ります。やはり顔が好みの人形じゃないと毎年飾りたくならないというのが基本コンセプトにあるそうですよ。

また、昔ながらの顔はもちろん時代に合わせた顔の人形も作っており、更にはスター・ウォーズとコラボをした五月人形も販売されています。ってか、あのハリウッド映画のスターウォーズとコラボ出来るくらいですからやっぱり、吉徳にはネームバリューもあるんだなと思いましたね。

五月人形と金屏風は切っても切り離せない関係だ!

March 07 [Thu], 2013, 17:06
五月人形を購入する時に絶対に入手しておきたいオプションといえばやはり屏風であろう。屏風はわりかしセット商品などではついてくるのでセット商品を買う場合には心配無用である。

また、一応人形のプロたちが色合いをあわせて、その人形にあった屏風を付けてくれていることが多いので我々一般の素人が何かを考える必要があまりないことは考えなくても分かるであろう。しかし、たまにどう考えてもこの人形にこの屏風は合わないでしょう!という時が出てくる。

特にデザイン感覚に優れている人から見るとちょっと格好わるいな〜と思ってしまうような物があるのも事実である。そういう時は、金屏風をあてがってみるとわりかし上手くい事が多いですよ。

もともと金色はおめでたい時に使われる色ですし、初節句の時に購入する五月人形もおめでたいものです。ですから、もし色合いに迷ったら金屏風を別途購入してみましょう。落ち着きも有りますし、金ならではの華やかさも出てきますからね。

高島屋では五月人形の制作実演を見せてくれる

March 04 [Mon], 2013, 15:13
私が息子のために五月人形を購入した時の話をしておきましょうか。あれは、5年前の話でまだ高島屋が大丸と合併していない時でした。当然九州にはその当時高島屋は無かったので、東京に行かなければなりませんでした。

私は息子を溺愛していたので、息子にとって良い商品があるならば!ということでわざわざ新幹線に乗って東京まで行ったことを今でも鮮明に覚えています。なぜ、五月人形のためにわざわざ東京まで行ったのかというと、全国の百貨店でも珍しく高島屋では五月人形を実際に作っていることを見せてくれるからでした。

もちろん作家の方はそこまで有名な方では有りません。加藤一冑であったり、原孝洲が目の前で作ってくれるのであれば本当にスゴイことですが、そこまで贅沢は言えませんよね(笑)

私はその実演に感動して高島屋で五月人形を買ってしまったという経験があります。ちなみに実演は高島屋の店舗を数日に分けて回っていく感じになるので、お住いの地域にはいつくるのかをネットで確認しておくと良いでしょう。

最近は大丸と合併したこともあり、大丸の店舗でも実演をしてくれるそうですよ☆

五月人形をリヤドロで買おう!

March 03 [Sun], 2013, 21:51
リヤドロ?そりゃ一体何なんだ!と起こる人がいることを私は知っています。私だって日本の伝統工芸である五月人形なのに名前がリヤドロとはどういうことだと憤った時期がありました。お店の名前はせめて平仮名にして日本独特の味を出すべきでしょう。

そこをカタカナにするなんてどこの会社だ!と思いましたが、実はリヤドロはスペインの会社なんですね。じゃあしょうがないです。むしろリヤドロという会社が日本の伝統工芸である五月人形を制作して販売していることに驚きを感じましたよね。

日本の五月人形はどちらかというと赤ちゃんのような可愛らしい雰囲気を持っているものが多いですが、リヤドロの五月人形は丁度小学生くらいの少年の顔をモチーフにしてつくられているように遠目からは見えます。しかし、実際に近寄ってみてみると外国人の赤ちゃんのような顔だって事が分かるんですよ〜

やっぱりアジア人である日本人と、外人では顔のつくりが違うので人形においてもその差が出てくるんでしょうね。リヤドロの五月人形は本当に異国情緒漂う良い感じの出来で、好きな人は本当に好きなんじゃないかなぁと思います。

ひととえの人形を購入した感想

March 02 [Sat], 2013, 23:22
ここでもひととえで人形を購入した人の感想を紹介していきます。

(感想ここから)

ひととえ担当者様へ

先日は突然電話をしたのにも長時間に渡りまして、当方の雛人形に関する疑問にお答えいただき誠に有難う御座いました。質問に解答していただいたおかげで疑問点が全て解消して思い切って雛人形を買うことが出来ました。

今年ももうすぐ雛人形を飾れるようになると思うととっても嬉しいですね。自分のために購入した雛人形では有りませんが、私も女子なので雛人形を見ると心が踊ってしまいます。

ホームページやカタログでどの人形にしようか考えてみるのも楽しかったですが、いざ注文してみると、届くまでが非常に待ち遠しくなりました。そしていざ現物が届いてみるとやっぱり嬉しかったです。娘も雛人形の魅力にとりつかれたようで(あまり意味はわかっていませんが)、嬉しそうに雛人形を眺めています。そして、兄も自分の五月人形よりも気に入ってしまったようで雛人形を出した時期には1日になんどもお内裏さまの顔を見に行くほどなんですよ。

購入の際には衣装をちょっと変えてもらったり屏風や飾り台を桜色に変えてもらうなど色々と手配をして頂きました。我が家ではこの雛人形を飾ると一足早い春が来たな!なんて言っています。本当にありがとうございました。

(感想ここまで)

お兄ちゃんまでもが雛人形の虜になっているんですね!素晴らしい!
P R
カテゴリアーカイブ
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30