30 

2007年12月18日(火) 16時04分
受付済ませて、エレベーターでお二階上がって、膀胱ぱんぱんだったため
(おしっこ近いタイプ)
速攻でトイレ入って採尿して、待合いでノンビリとしていたら
モデルさんのように背が高くて痩せていて
白の長めのコートに白のフワフワニットにベージュ系のパンツで、髪はゴージャス巻き
という、産科には、ちとそぐわない雰囲気の女性がやってきた。
アタシの横に、雑誌と鞄をぼーん!と放り投げて座ってビックリ。

アタシより先に呼ばれて中に入って行ったその人。
次にアタシが呼ばれ、体重とかおなか周りとかを計っている最中
診察室の声がまる聞こえ。

中絶の相談でした。

とにかく早く堕胎して欲しい、と。
困るし、みたいな事も言っていて、堕胎する事にみじんの後ろめたさも無いらしい。
本当は産みたいんだけど、致し方なく…とかじゃないの。一切。

避妊をしても100%妊娠しない保証ははいのは分かっているけど…
そんなに困るなら、色々手を打つ事は出来ただろうに。





アタシは、というと。
おなかの上からのエコーで見たんだけど、ぽよぉ〜んと腕を動かしてました。
最初は、両腕をクロスしてたみたいで(アタシはわからなかった)
「腕、ばってんにしてはりますね〜」って看護師さんが言ってました。

不覚にも、一瞬、泣きそうになってしまった
ただ見ただけだったら別に…だったかもだけど、エコーを見る前に
そういう中絶の話とかを聞いちゃったもんだから。
こんな小さな時から、人生の明暗が分かれるってどういうこと?って切なくなってしまってね。





アタシはやっぱり中絶は反対だ。
とにかく産む、責任もって産む。

その後は、赤ちゃんポストみたいな所じゃないけど、ちゃんと顔と顔と合わせて手続きも践んでっていう施設もあるんだから。
そして、そういう所から養子を迎えたいと思っている夫婦も沢山いるんだから。
(実際、アタシの友達で、自分の子供もあった上で養子を迎えたり
子供が出来ないため養子を迎えてる人が何人もいます)



話があっちゃこっちゃ飛んだが、心臓も活発に動いて、大きさも標準。合格でした

22 

2007年12月17日(月) 16時03分
アタシの通っているクリニック。
1Fは婦人科外来&不妊外来、2Fは産科外来となってます。

前回、院長先生から「次、お二階ね」と言われました。
診察から検診へと変わる、不妊治療から妊婦になった人のちょっとした喜びらしい。

いつもなかなか喜べないアタシですが、これにはやっぱり喜びを感じます。
診察というと、やはりどこか安心できないというか妊婦の仲間入りじゃないっていうか
分かってもらえないと思うけど、心臓動いてますよとか二頭身だよとか言われても
それは不妊治療の一環というか、延長?としか思えなかったのね。
だからほら、全然喜んでなかったでしょ。

でも今度は「母子手帳忘れずに持ってきてくださいね」とか
「尿検査も2Fでお願いしますね」とか言われたりすると
不妊治療は卒業したんだなあと、やっと実感が湧いてきた。

2Fは、しあわせオーラが漂う空間だから嬉しい。

21 

2007年12月12日(水) 16時01分
必要なのか分からないけど、一応、母子手帳ケース。
妊婦グッズじゃなかったら絶対にピンクは選ばなかったけど
ついついカワイイ色のほうにしてしまった。




ストレッチマーク予防(だったかな)のクリーム。
5ヶ月ぐらいから使い始めるの?これ?

28 

2007年12月12日(水) 15時55分
多分、今日で9w5d。

体に何の変化もないし>見た目
普通に生活してたらしんどい自覚もないし、ホントにアタシ妊婦ですか?って感じ。

ただ、昨日のコメにも書いたけど、皮膚が変になってる。
痒くてひっかくと、ミミズ腫れ。結構コワイよ〜これ。
あと、頭皮が異常に痒く、掻くと頭皮がボロボロと落ちてくる。

いつもと違うのは、これぐらい。


あとは全く妊娠前と変わりません。

それと、やっぱりちょっと動くと出血が気になるため
気がついたら横になるようにしているし
長時間うろうろと出歩かないようにしています。

ヒマだよー。
1日が長い。
お仕事忙しい人が聞いたら怒るかも。

30 

2007年12月07日(金) 15時59分
母子手帳をもらいに行く事。
>役場とか行くの、ものすごく億劫に感じるタイプ。


実家に報告。
ご承知の通り、アタシは両親が嫌いで話すのもストレスな為
普段、ほとんど電話はしません。
今回の報告も出来ればしたくなかったけど…それはまぁ非現実的なのでアレとして。

不妊治療をしていた事を知っている人以外に、妊娠を告げるのは初めて。
どっと疲れた。

でもまぁ、いつもみたいに腹の立ついらない一言とかも無く>母

良かったねぇ。
悪阻はないの?
いっぺん、顔見に行くわ。(妊娠中に、と思われる)

こっちで産むから、って言ったので、産後には必ず来てくれるのかと思ったら
その辺はどういう理由か知らないけど

まぁ元気だったら手伝いに行くわ、とのこと。

どうしても来て欲しいと思ってた訳じゃないけど
なんでそんなこと言うのかなあって、ガラにもなく、ちょっと心配した。
体の具合とかあんまり良くないのかなとか。
実際、年だしね。
72歳だったかな、今。



まぁとにかく、やることはやった。
夫の姉(両親は他界)には、クリスマスカードに一筆書くことで済まそう。




なんだか気疲れした。

29 

2007年12月04日(火) 15時57分
出血やら何やらで、毎度お騒がせしていますスミですが
今日の診察で、3.6cm(多分)に大きくなった宇宙人みたいな顔の人を
子宮内で確認できました。
心臓も元気に動いてました。
目もあるそうです。>また分からなかったが

子宮内に、まだ少しの出血が見られるみたいです。
心配されるほどのものではないそうですが
一応、前回と同じ流産防止のお薬2種もらって帰ってきました。



以上です。
いつも心配かけてゴメンナサイ。

29 

2007年11月29日(木) 15時57分
亭主関白なのね、うち。
古いタイプの。

家の事は一切しない、って人。

で、アタシも外で働いてないし、家の事はアタシの仕事だって思ってるから
(そうじゃないと専業主婦という立場が辛くなる)
家の事、その他雑用はアタシにお任せ!っていうのを10年ほど続けてきた。

でも昨日はとにかく、アタシは寝てるからね!と宣言して朝のお見送りも無し。
お買い物だけ頼んで、あとは、ちょっとご飯作るぐらいなら起きてもいいかって思ってたの。
で、仕事を早く切り上げて6時前には帰宅したみたい。>寝てて気がつかなかった

目覚めてみると、朝使った食器が洗ってあった。

今までだったら、使用済み食器が何日分も置いてあったって、それを洗おう
っていう気持ちにすらなってなかったと思うのに(思いつかないみたいね)
何年ぶりかでお茶碗洗った、とか満足そうな笑顔で言われて
アタシはもう消え入りたいぐらい恥ずかしかった。
なんちゅーことを夫にやらせてしまったのか、と自己嫌悪。

あと何でも言ってよ。今日はそのために早く帰ってきたんだからね。とか言われて
いくら妊婦でも、夫にこういう発言をさせてしまうのが恥と思ってしまう。

主婦に妙に凝り固まったプライド(と言えるのか?)を持ってるアタシ。

子供産まれたら、そんなこと言ってらんないよ。
ダンナさんの協力がなければ無理だよ。って言われる。

まずはアタシの意識改革から始めないと、精神的に追いこまれてしまうかも。

27 

2007年11月27日(火) 15時54分
今朝、めざましテレビを見ていて(いつも見ないけど)
年の差婚が増えてます、みたいな情報をやっていて
何組かの年の差カップルを取材していました。


奥さま21歳、ご主人30代半ばだったと思う。
その奥さまは妊婦さんでした。
家事をしている様子を後ろから撮されていたのですが
おばあちゃんかと見間違った。

まんまるの背中というか腰というか、全体的にまんまる。
着ているセーターも、微妙。


妊婦になるとあんな醜い姿になるの〜〜〜!!!!!!!!!!

と、朝からいやーな気分になってしまった。
多分ね、その人はもう臨月近かったんだと思う。
でも…でもさ…。

キミは大丈夫だよ、きっと。

という何の根拠もない夫の言葉。


美しい妊婦でいたい、と改めて思った朝でした。


土曜日にも、TVを見ていてそう思ったことがあったのよね。
関西ローカルの女子アナで、妊婦さんがいるんだけど
その人を久しぶりに見て愕然とした。

太ってるし、ヘアスタイルも変。
今までは可愛くウェーブがかってたのに、アゴのラインでばちっとカットしてあって
前髪無いから、耳にかけてるの。

多少太るのは仕方がないにしろ、そのヘアスタイルとか立ち姿(←足広げて仁王立ちっぽい)
に幻滅………。

妊婦はみんなあぁなるもんですか。
アタシも嫌だと思いつつ、あんな醜い生き物になるんですか。

と、マタニティブルー。

でも松嶋菜々子は、臨月でも美しかったはず。
アタシも頑張る。>上、見過ぎ

26 

2007年11月20日(火) 15時52分
朝、またいつものように少量の茶色のおりものが出たので
病院に電話をして、先生の指示を仰ぐつもりだったが
受付の人がとても心配してくれて、予約無しでも来て下さいとのことで
急遽、診てもらいに行ってきました。

準備して出掛けようとしたら、たらーっと流れる感覚があり
トイレに行ってみると、ポトポトポトっと結構な出血量
ナプキンしないとダメなぐらい過去最高の量で慌てた。


病院に向かいつつ、これが噂の切迫流産かと緊急入院を覚悟したアタシ。
一番心配なのが、ちろいっちゃん。
友達に電話して病院まで来てもらって、ウチのカギを渡して家に入ってもらって…
とか、そんなことばっかり頭の中をグルグル。


で、結局「絨毛性の出血」とのことでした。
赤ちゃんも1週間前より大きくなって2頭身になっていて
心臓もぴこぴこ動いてました。
院長先生的には、全く心配してない様子。
でも止血のお薬と張り止めのお薬が処方されました。

これで止まると思うけど、万が一、止まらなかったらまた来て。
それと、この薬を飲んだからって絶対流産しないって事じゃないからな、
気ぃつけて。
と言われて帰ってきました。

それなのに、母子手帳もらうための用紙をくれたりとか
予定日を教えてくれたりとか、もうワケわかめ。






聞きたい?予定日。>ナゾ




6/27だって。
Tさんのオペラ@神戸は、6/9かららしいから、ギリギリ行けるかな!?

アタシと誕生月が同じ。
6月生まれって嫌いだったのに…子も同じなんて…すまん我が子。

25 

2007年11月18日(日) 15時51分
血、出た。

出たり止まったり。
オリモノが茶色っぽくなる時もあるし、普通の赤い血の時もある。
でもどっちも流れ出る感じではなく、トイレに行った時気がつくぐらい。

昨日、気分も良かったし天気も良かったし
久しぶりに、ちろいちの散歩に行ったの。
それが悪かったのでしょうか。

でもお仕事してる人とか、普通に活動するよねえ。

別に、ちろいちと一緒にダッシュしたとかじゃないのに
ちょっと歩いたり階段上り下りしただけで、出血する?


一応、また安静にするつもりだけど。
病院に連絡する必要ってあるんだろうか。
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事