2008年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる
2月になりましたが / 2008年02月01日(金)
明けましておめでとうございます

今年もゴッデスと渥美エナをよろしくお願いします
 
   
Posted at 01:12/ この記事のURL
コメント(10)
お久しぶりです / 2007年08月24日(金)
この世界からずいぶん離れていました。そして原作からも。
まだ戻ってこれそうにはありませんが、サーバーの更新料は払いました。
早く戻ってきたい、ほんとうにそう思っています。
いいわけするのは好きじゃないけれど、今、佳境なのです。
 
   
Posted at 17:16/ この記事のURL
コメント(0)
乾燥 / 2007年04月21日(土)
最近目がものすごく乾く。
これはお気に入りの目薬たち。
コンタクトレンズ用とそうじゃないやつ。
 
   
Posted at 20:22/ この記事のURL
コメント(0)
ここらで / 2007年04月08日(日)
生存確認しとかないとね。生きてますよー。ていうかやっぱり四月は香ばしい季節ですね!好きだよこの雰囲気!にゃー
 
   
Posted at 12:15/ この記事のURL
コメント(0)
 / 2007年03月23日(金)
パソコンつけてるのに創作活動できない寂しさ。メールやメッセのお返事はもう少しお待ちください。すみません。
 
   
Posted at 23:25/ この記事のURL
コメント(0)
プチ / 2007年03月19日(月)
プキャンペーン中です。なんとなくスキン変えてみました。なかなかしっくり来るスキンが少ないところがさすがヤプログ!って感じ(笑)場所変えようかな。そして自分でデザインしたい!(まぁ時間が出来たらですけどね)今日はリンクの整理をしました。減らしただけですけど。このサイトの雰囲気も考えて、ね。昔に書いた恥ずかしい小説も外そうかと思ったんだけど、それが無くなったらこのサイトはますますスカスカになるので思いとどまりました(笑)

みなさんには関係ない話かもしれませんが、多分この一年は今までの人生の中で一番がんばらなきゃいけないときだと思うので。もうひたすら突き進むしかないです。いつもに比べて研究室と家にいる時間が多いインドア娘になることは確定しているので、合間をぬってこのサイトにも手をつけていけたらいいな。下手に外へ出てアルコールにまみれてるよりもサイトのこと考えられる(かも知れない!ので。

あーーなんか文章が支離滅裂だ!!・・・ではこの辺で失礼します。
 
   
Posted at 23:45/ この記事のURL
コメント(0)
あげたどー / 2007年03月09日(金)
すっごい久しぶりの更新。思ったより早く書きおわった!笑。短いですけどね。主人公が支離滅裂でメンヘラーなのは御愛嬌。こういう独白みたいな小説書いてるといっつも思うんですけど、人間っていろいろな感情がいっきに湧き上がってきたりするじゃないですか?そういうのって書くの難しいですよね。まぁ私に文才がないだけか!はは!

 
   
Posted at 00:17/ この記事のURL
コメント(0)
どんだけ / 2007年03月07日(水)
どんだけ放置なんだよ自分。まぁこのままの生活で果たして嫁に行ける日はくるのだろうか。院まで行った女ってきもすぎる。しかも理系。あーもう。どこで選択を間違えたのかしら。
某サイトさんの100話を軽く超える連載が完結されたのを見て胸が痛くなりました。そしてコメントを残したらその人にも久しぶりって!もう笑うしかないね!!たしかに最近の「渥美エナ」は死んでるけど!!

来週には何かアップできたらいいな。きっとひと段落するから。
 
   
Posted at 00:09/ この記事のURL
コメント(0)
YOU KNOW!! / 2007年02月09日(金)
I KNOW!!
 
   
Posted at 07:37/ この記事のURL
コメント(0)
 / 2007年01月25日(木)
今日は飲み会で適当に隣の男の話に相槌をうちながら、彼氏のことを考えて、それから高校生の時自分が犯した小さな罪を思いだしました。本当に小さくて軽いものだったけれど、今まで私が犯した罪の中で一番思い出深いもの。おそらく一生忘れることのできない思い出。この話は、またこんどゆっくりブログで書きたいと思います。

それにしても、人生を上手く生きていくっていうのはどういうことなのでしょうか。今日知り合ったあの隣の男は、彼氏は、友達は、自分が上手く生きているつもりなのでしょうか。彼は隣の女があの薄暗い音の大きな場所で自分の犯した罪について考えているなんで気づきもしない。

今まで見えないふりを続けていたものに、そろそろ向かいあわなければならないのかも知れません。
 
   
Posted at 23:18/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!