dream night! 

2008年09月06日(土) 22時23分
今夜、私たち夫婦にとって本当に楽しい、夢のような時間でした!
みんなにプレゼントしていただいたこの時間を宝に、夫婦ともども頑張って参ります。
遠く函館まで駆けつけていただいた皆様、本当にありがとうございました~~!

またお会いしましょう。



beautility... 

2008年05月11日(日) 22時03分
我が家のキッチン最前線に最新兵器が導入された。
義姉から頂いた包丁である。

WMF(Württembergische Metallwaren fabrik=ヴュルテンベルギッシェ メタルヴァーレン ファブリークと読むらしい・・・独語なんで、雰囲気出すためにそれっぽく発音のこと!)というドイツの老舗食器メーカーの製品らしい。なんでも19世紀創業とのこと。

その滑らかなでスマートなフォルムに、黒い柄に大型の歯、という従来の包丁のイメージを覆された。
柄と歯が同一素材(ステンレス?)で一体形成されている。

肝心の切れ味だが・・・これがまた軽い。力を入れずに野菜がストンストンと切れる。
(指を切らないように気をつけよう・・・汗)

実用的な道具は、人を惹きつける目的で想像された美術品と違い、余計な装飾もなく、極めてシンプル。ただただ鮮やかに目的を遂行するために計算で生み出されたフォルム。それがまた、製品を手に取るものを惹きつける魅力となる。

これを機能美というだろうか。

いずれにせよ、料理がまた楽しくなりそうだ。








hakodate silent night #3 

2008年05月11日(日) 18時05分
函館の定番・・・、だけど何度も足を運んでしまう。
細長いくびれを伴った海岸線と、その先端に位置する函館山。
函館の町の地理的特徴が生み出した圧倒的な光の凝縮。
もう、何も申しますまい。







hakodate silent night #2 

2008年05月11日(日) 18時00分
夕闇が迫ると、街灯がぽつぽつと雪の町を照らし始める。
函館の、最も魅力的な時間が始まる。









hakodate silent night#1 

2008年05月11日(日) 17時52分
冬も真っ盛りの1月、函館を訪れた。
時折小雪の舞う中、夕方の元町を歩く。
雪で凍りついた路面は雪国育ちでない者には難儀なものだ。
なんども滑りそうになりながら、夕方から夜へと変化してゆく町灯りを撮った。









l

underway... 

2008年05月10日(土) 15時01分
タグボート(曳船)の援助を受け、岸壁をゆっくりと離岸する30,000トンの巨大な船体。
全ての積荷を吐き出した船体は軽く、その足は上がっている。(喫水が浅い。)
船体を覆う赤錆。数々の厳しい航海を乗り越えてきた老齢船だろうか。



その巨体の内部に大量の穀物を納め、海外の原産国から日本の食卓へ。
荷を吐き出すと、次の荷を積むべく、大海原を越えて原産国へ。
何度、世界の大洋を超えたのだろう。
彼女たちの奔走なしでは、我々の食生活は成り立たない。

港では、毎日のように繰り広げられる光景である。


"DE ZHOU HAI" Gross Tonnage 38,712 @ Port of Hachinohe


only one, or... 

2008年03月16日(日) 19時26分
            Only one...?


            Or, one of them...?




             @hakone pola museum, cafe tune.

new life 

2008年03月16日(日) 17時30分
春のやわらかな午後の日差しに、見事に咲いた梅の花。
寒い冬が終わり、季節が夏に向けて動き出す時。
二人の新しい生活も動き始めた。
さぁ、我が家には、どんな歴史を刻んでゆこうか。
スタートラインのこの日、この気持ちを忘れずに。


under construction... 

2008年01月02日(水) 18時24分
2009年3月、郷里の静岡に空港が開港する。

80年後半、大井川の西側、静岡県榛原郡の丘陵地帯を造成する大規模な空港設置計画が発表されて以来20年以上の月日が流れた。推進派、反対派の激しい攻防、土地の強制収容、反対派の焼身自殺事件を経て、開港まで1年余りの時間を残すのみとなった。当初は新幹線や高速道路の充実した静岡県にあって、空港不要論を叫ばれ、航空会社の参入を疑問視する声が県民の間に高かったが、昨年夏〜秋には国内主要2社(JAL,ANA)と韓国アシアナ航空が北海道千歳、福岡、那覇、ソウルへの定期便を開設を正式発表。また、静岡県の大手物流企業である(株)鈴与が、静岡空港をベースとしたリージョナル航空事業を立ち上げ、小型旅客機を使った定期航路を開設することを決定。開港に向けて大きく躍進した。他方で当初静岡県の掲げていた想定旅客数を大きく下回り、開港後数年は赤字での運営を余儀なくされるなど、夢だけでは乗り越えられない厳しい現実も見えてきた。

静岡空港建設の現状を見た。


建設現場の見学コースに設置された空港ターミナルビル想像図。ターミナルビルは昨年末に着工し、来年1月の完成を目指す。用地造成、滑走路敷設等大規模なの土木工事のほぼ100%が完成した今、ターミナル建設は最後の大工事である。ビル1階にはJAL、ANA、韓国アシアナ航空のチェックインカウンター、2階は出発ロビー、3階は展望フロアとなる。(ちなみに"富士山静岡空港"の愛称はどうかと思う。"たんちょう釧路空港"やら"コウノトリ但馬空港"やら"高知龍馬空港"やら、最近、明らかにN.Yの"John.F.Kennedy"国際空港を意識した空港愛称が増えているが、やめていただきたい。はっきり言って長ったらしくて見苦しいし、かっこわるい。郷土愛はわかるが、空港名は単なる記号である。シンプルであることに超したことはない。航空会社も時刻表表記に困るのではないか。静岡もマネせず、クールに"静岡空港"で決めればいいじゃないかと。)



着陸する航空機に対し滑走路への最終着陸コースを指示する進入灯の先端部。基台設置のみで、誘導灯火は設置されておらず、電気関係工事はこれからのようだが。しかしながら頭上を着陸する旅客機が通過しても不思議ではない光景だ。


同じく、進入灯の中央部分。谷間を越える部分には赤い橋梁を敷設、この橋の上に誘導灯火を設置する。静岡空港が山の上に造成される空港であることが分かる。橋の下には茶畑が広がる。空港の建設地は県内有数の茶の生産地であり、かつての丘陵地帯には広大な茶畑が広がっていた。



標高200メートルの山を平らに造成し、滑走路や駐機場を建設。山岳国家で平坦な土地のない日本ではオーソドックスな空港建設方法である。海を埋め立てて海上空港とするか、山を切り崩して山岳空港をとするか。どちらにしろ、これからの日本で新しい空港を作るのは(もうさすがに今後、新しい空港の建設なんぞ無いだろうが・・・)莫大な建設費と自然破壊を覚悟しなくてはならない。
滑走路や駐機場の造成・舗装工事はほぼ終了しているようだ。


空港保安機能の中枢である管制塔もほぼ完成。だいぶ空港としての体を成してきた。来年新春には開港に先駆けて国土交通省航空局の試験機による飛行検査が開始されるのだろう。



個人的には静岡空港はポテンシャルのある空港だと考えている。少なくとも海外に目を向ければ。
自動車、バイクをはじめとする工業も盛んであり、大手船社の北米、アジアを結ぶ基幹航路に就航する大型コンテナ船が頻繁に清水港に寄港する活況を見れば想像に難くない。静岡県と海外(特にアジア)との結びつきは太い。また、富士山、伊豆、大井川と言った地域には観光資源も豊富である。空港を利用してアジア圏の観光客を直接静岡に誘致することは十分に可能だろう。

しかし国内はどうだろうか。静岡県民が国内のビジネス移動、観光でどの程度、静岡空港を利用するのか。1日1便〜2便を札幌や那覇に飛ばしたところで、利便性には疑問符がつく。乗りたい時間に乗れなければビジネスでは使いづらいだろうし、料金が高ければ観光には利用しづらいだろう。(と、言っても新幹線で羽田や中部国際空港に出る手間と無駄な費用を考えれば安いのかもしれないが・・・。)

近年では福島県福島空港や島根県石見空港の利用率低迷が問題化している。いづれも建設前には高いニーズを歌って建設された空港だ。しかし蓋を開けてみれば利用率の低迷、航空会社の路線縮小、あげくには路線撤退等、厳しい状況にある新設地方空港もある。

今まで航空の空白地帯であった静岡県において、いかに航空需要を掘り起こしていくかのか。
静岡空港をビジネス的にどのように育て上げていくか。莫大な税金を投入して完成する以上、有用に活用して行くべきである。1年後の開港以後を期待したい。

peace!!#3 

2007年12月16日(日) 19時01分
メニューにはWさんオリジナルのレパートリーが並ぶ。
どれも手が込んでいて、一切の妥協が無く、どれもこれも本当においしかった!
胃袋のキャパの関係で、ごく一部のお皿しか食べられなかったのが残念。
日々新しいメニューを研究・挑戦されているようなので、次回の訪問が楽しみである。









夜は3人ともWさんのご実家でごやっかいになる。
ご両親もとてもほんわかとした方々で、自分の家のようにくつろいでしまいました。
Peace!!の居心地の良さは、ここに原点があるんだろうなぁ。
(お客さんもついつい長居してしまうかも。)

いやはや、夏の終わりによい旅ができました。

2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像よしみつ
» dream night! (2008年10月03日)
アイコン画像zzy
» dream night! (2008年09月21日)
アイコン画像マーちゃん
» dream night! (2008年09月17日)
アイコン画像zzy
» dream night! (2008年09月16日)
アイコン画像くろ
» dream night! (2008年09月10日)
アイコン画像ZZY
» beautility... (2008年05月19日)
アイコン画像マーちゃん
» beautility... (2008年05月19日)
アイコン画像ZZY
» hakodate silent night #3 (2008年05月14日)
アイコン画像guitar don
» hakodate silent night #3 (2008年05月12日)
アイコン画像ZZY
» underway... (2008年05月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:godannygo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる