【 更新情報 】

スポンサード リンク

お香典の金額のこと

お香典の金額はどうしたらという悩みは法事法要のたびについてまわります。特に亡くなった人の親戚縁者となると、その他の人との関係でいくら包むのが適正なのか分からないときはあります。兄弟の関係、長男や次男、本家と分家など様々なことがあります。

ご親族や地域の慣習があれば別ですが、概ねこのくらいというものは、調査や統計ではあるようで、調べてみると基本的には、ご両親であったりご兄弟であったりすると5万円から10万円の間というのがあります。これとてかなり幅があります。

また、祖父母であれば1万円から5万円の間が多いそうです。これも一緒に住んでいたといないとではまた異なるのかもしれません。叔父叔母の場合には1万円からというところのようです。あと一般的には知人の類では5千円から1万円というところでしょうか。


いずれにしても血縁関係にあるかそうでないかによって大きく分かれるようです。血縁関係でなくとも相当な濃い関係であれば同様に扱うのかも知れませんが、一応の目安にはなります。お香典は故人の供養のためのものですから、金額も大事ですが、真心も大事というところでしょうか。

香典袋の書き方とご仏前

ご仏前などお香典袋には書き方があります。水引きの上にはご仏前と書き、水引の下には自分の姓と名前を書きます。その時このような弔事や仏事では薄墨を使用してください。通常の墨を使用するのは礼を欠きマナーにそぐいません。

薄墨を使うのは、悲しみにくれていますということを表します。最近では市販のペンもありますから書きやすくなっています。お香典袋ご仏前の裏には金額を記し、あわせて姓名と住所を書きます。中袋のあるご仏前であれば、その中袋にも金額と姓名住所を書きます。

施主の側がご仏前の金額等の整理をするためにきちんと書いてあげるのが親切となります。ご仏前の書き方では複数の場合の連名で書く方法や、代表者のみ書く場合など特別なことはありません。

また漢数字や旧数字の書き方についても特別なことはありません。3名までは連名で書く目上の人は右から、四人以上のときは代表者の姓名と外一同というご仏前の書き方。団体名だけを記してご仏前に捧げるとしても問題はありません。

ご仏前と浄土真宗と宗教

法事などでその家が浄土真宗の場合には、お香典は法事法要に関わらずにご仏前というお香典の表書きの書き方をします。一般的なご霊前は通用しませんので注意が必要です。何故浄土真宗ではご霊前ではなくはじめから法事などではご仏前というのか。


それは浄土真宗の考え方に人は亡くなってすぐに仏様になるということからきています。葬儀から法要法事のあり方やこのような表書きなどなど浄土真宗は、日本の仏教の慣習と異なる歩みをしているようです。いずれにしても法事の施主の家の宗教宗派を知って上で、法事などでご仏前などお香典やお供物を持参したほうがよさそうです。


ご仏前やあるいはご霊前以外でも宗教によって書き方はありますが、お香典やご香料であれば日本の仏教の場合には全般的に通用します。宗教でも神式の法事などの場合には御玉串料 御榊料など、そうしてキリスト教になるとお花料ということで、仏教でもお香典あるいはご仏前と同様の表書きの意味となります。

お香典をご仏前とするとき

ご仏前はどの様な時にお香典に書いたらよいか、気になるところです。ご仏前は四十九日の法事を過ぎた法要法事の際のお香典の表書きの書き方です。お香典だけではなくお供え物でも、その時にはご仏前とします。

例えば一周忌法要法事で、お酒をお供え物としてご仏前に捧げる場合でも 表書きの書き方はご仏前です。何故四十九日法事以前はご仏前ではないのか。それは故人が霊の状態で存在していると考えられているからです。亡くなって49日間は霊となっています。

亡くなってから七日ごとに忌み日があってそこで昔は、七日ごとに法事をしていました。それは死者は七日ごと生前の行いの審判を受ける事になっていて、従って七日ごとのその日に供養をして仏様になるように供養する訳です。

その間は故人は霊の状態ですから、その御前ということでご霊前という事になったんのでは無いでしょうか。そうして四十九日を過ぎて仏様になってお香典の表書きはご仏前に変わることになります。

ご仏前という書き方

ご仏前と不祝儀袋の表書きの書き方をするのかあるいはご霊前という書き方をするのが、迷う場合もありますね。ご仏前というと文字通り仏様の前というわけですが、実はお香典の表書きの問題です。お香典とは、亡くなった人に対してお線香やお花を供養する慣わしから始まっているようです。


亡くなった人に追善供養やお供物による供養をするとき故人は食べることができません。従って香りを供養するというところからお香を捧げました。またお供物としてお花を捧げるのも香りに関係しているようです。


それが香典やお供物のお花になったように思われます。それがお香典になりお金でそのお線香代やお花、あるいはお供物をまかなっていただくというところからきているようです。故人にささげるお供え物でありそれによって亡くなった人の霊を慰めるというものです。


お香典をお香典袋に入れて、表書きはご仏前あるいはご霊前という書き方のどちらかが一般的な不祝儀袋の表書きです。宗教によってあるいは宗派によってもこの書き方は様々ありますが、法要などで喪家の宗教がわからない場合にはご霊前、仏教であれば仏前という書き方をしていれば通用します。但し宗派にもよります
P R