その清らかな

June 02 [Tue], 2015, 18:19
それはそっとたゆうからのさざ波、くるくる外拡張に広まってまだ十分品賞、それは突然のことになったはね上げた小水疱。あなたはサプライズの観覧小水疱が流れる時、それは突然そっと静かなない速いのバースト、またサークルのように想像のさざ波……
あなたはよく耳を傾けて、それが軽快に密ターンの声、まるでよう者、しなやかな指で器用に、勝手には首を、美しい曲。つぶやくの小さいツバメさえも放棄し巢を作り、ひらひらと飛び雨の中で楽曲を聴いた肉感的;それは飛んで飛んで、跳び回るのも倒れないスズメ不器用で、それはきわめて霊のこの雨のリズムに従って、キュートなダンス。その麻褐色のハエが舞う中も抖出何滴じめじめして、きらきらの小さな水玉だろう。

この綿の雨には雨の中で散歩者の最高のプレゼント。それが細く湿っぽい、別の景色。だから爱雨の人が傘を打つことができて、雨の中で思うままに歩いて停止、思いきり観賞、吟味。彼らは話したり、笑ったり、ほとんど挪動何歩は止まり、点々を指しているまたは木の上に、彼らを見つけた観賞雨の景色に値する。
私は思わず傘を挙げて、歩いて魅惑のしめやかな小雨の中、花壇の間に見とれ。今、花壇が香りで美しいコウシンバラの世界。
最初は私は推測して、きっとたくさんの花が咲くように雨が襲い、剛は一に散るあの柔らかな花びら?しかし、私が知っている自分に入ってみたら、余計な心配。その花:赤より艷、黄のもっと甘やかして、紫のもっと新鮮……雨の潤いは時々、微笑んで頷いて、まるで感謝雨の水。
私にもっと大きな驚きで令は、1本の赤い桃の花のコウシンバラの側で、意外にも1叢小刻みな知らない白花が輝いて。その清らかな清潔、裏返して近くのコウシンバラボーナスのように火焰。それは劣等感のない虚栄、媚びない。それが争芳斗艳たコウシンバラ存分に咲くそば。立ち止まるかもしれない人、人がいるかもしれない、それの隣に賞月季花、それに対して目も皮肉皮肉。しかし、それはなんですか?それは自分の命が盛んでいい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:goalisaac
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/goalisaac/index1_0.rdf