いつもと気分と具を変えて塩焼きそばを作りました

December 01 [Tue], 2015, 11:26
"焼きそばの賞味期限がもうすぐだったので、今日のご飯は焼きそばです。
焼きそばの具と言ったら、いつもキャベツと豚肉ですが、今日はキャベツがなかったので、お肉の方も変えてみて、いつもと違うような感じにしようと思います。

何を使ってみようかと思ったのですが、ウスターソースと合いそうな食材がそれこそ豚肉・キャベツと小麦粉くらいしか思い浮かばなかったので、ソースじゃなくて塩焼きそばにしてみることに。
塩コショウなら相性が悪い食材のほうが少ないと思うので、まあ食材選び時点での失敗もないはず。

とりあえず肉類が豚と鶏しかなかったので、いつも使う具を使わないって決めた以上、お肉は鶏肉に。
そして鶏肉ときたら、相性のいい長ネギの出番。
あとは人参と、適当にシメジでも。
http://www.kubokawa-marine.com/

鶏肉は細切りにして、長ネギは適当な長さに切ってから縦に割ります。
人参は太めの千切り器にかけて、シメジは石突きをとってほぐすだけ。。

予め鶏肉と人参だけ先に炒めてから、電子レンジで温めた焼きそばの麺を入れて、水を少しかけて麺をほぐしながら他の材料を入れて、塩コショウで味付けして完成。
調理に特別なことはありません。

食べてみると、見事に味がダマになってます。
麺をほぐすための水で、塩コショウが固まっちゃいましたかね。
ウスターソースと違って、味の濃い部分薄い部分が視覚的にわかりにくいのも敗因の一つな気がします。

具自体はそれほど悪くないですが、単純に味付けで失敗するなんともお粗末な結果に。
次に焼きそばを作るときには、大人しく付属のソース使って豚肉とキャベツ使おうと思います。"

「京都まで琳派の展覧会に行ってきました」

December 01 [Tue], 2015, 11:25
現在京都国立博物館で「琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る」という展覧会が開かれていて、その中でも有名な 俵屋宗達筆の「風神雷神図屏風」が公開されるということもあり行ってきました。行ったのは比較的空いている時間なので、並ばずに館内に入れましたが、中は人がいっぱいで見るのは正直言って疲れましたが、琳派の流麗な日本美を追求した作品はどれも素晴らしかったです。そして、お楽しみの「風神雷神図屏風」は最後の部屋に展示されていましたが、近くで見ると躍動感があって興奮させられ、京都まで行く価値のある展覧会でした。

現場見ちゃうと値切れません。

December 01 [Tue], 2015, 11:25
どうしても予定をずらせない屋外現場での用事がありました。
自治会やいろんなグループが集会や○○教室で使っている、自治会館みたいな小さな建物の
エアコン交換工事の立ち会いです。
約束の時間に会館に行ってみるとすでに業者の方が来られてて、準備を始めていました。
私は室内で待機するだけで雨には濡れないけれど、工事の人はすでに合羽も濡れてびちょびちょ。
こんな雨の中大変だなぁと思っていると、一人の方が合羽も脱ぎ出しちゃいました。
どうも合羽着てると作業性が悪いみたい。
それでビニールジャンパーだけで雨の中作業してるんだけど、なんだか申し訳ない気持ちになっちゃいました。
工事を申し込みに行った人によると、「こんな地域の会館だから安くして」って言って安くしてもらった、みたいに言ってたけれど
こんなの見てたら、値切れないよなぁ、なんて思っちゃいました。

またランクインしたけど今月は頑張らない

December 01 [Tue], 2015, 11:25
クラウドソーシングの仕事のタスク作業のライティング部門というのに最近よくランクインするようになり、
今週もまたランクインしていました。

でも順位は十位台の後半で最近はブログをたくさん書けていてもそれは毎日ではないので、
先月のようにブログたくさん書いてベスト10入りを目指すということは今月はしません。

書けたら書けたでいいですけどそこまで頑張らなくてもよく、
今月は自分のペースで書いていきます。
書いた結果来週上位に入ったら頑張ってしまうかもしれませんが。

自転車を処分したいけどできない理由

November 06 [Fri], 2015, 13:50
一時期子どもと一緒に自転車で習い事に行っていたので大人の自転車も買ったんですが、実はもう何年も使っていません。
もともと私は徒歩派でしたし、メタボ夫は徒歩10分のところでも自動車で行くヒトです。
自転車は子どもしか使わないんですよね。
だから本当は処分してしまいたいんですがしていません。
理由は駐輪場の権利です。
うちの集合住宅の駐輪場は抽選制、新築当初のみ1世帯1か所権利を借りることができました。
自転車を手放してしまうとその権利を手放すことになってしまうんです。
そうすると、もしまた自転車が欲しくなった時、駐輪場の空き待ちになってしまいます。
現段階で待っている家庭は大勢いて、外で有料駐輪場を借りている人までいるんです。
だから安易に自転車を手放したくないなあというのが本音なんですよね。
そのうち子どもがもう少し大きくなったら大人自転車に乗るかもしれないので、様子を見ようと思います。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/go3xg6y/index1_0.rdf