川端康成 

2005年11月02日(水) 0時18分
先日街へ遊びに行った時の事。
第二の心でもある携帯を忘れてしまい、
カフェに入る時に手持ちぶさただったので近くの本屋で「雪国」を買って読んでいた。

本は結構読むほうなのだが、
今まで避けていた訳でもなく川端康成に手を出した事がなかった。

そこでちょっとした冒険心を携えて買ってみたのだが、

…面白い。

計算された文体なのか、すらすらと読める。
描写を敢えて不透明にした部分に艶やかさを感じたり、
何というか、時間の流れがとてつもなく不規則な感覚を受けた。

突然場面が一年後、二年後になるからだけでなく、
書き込むところの描写が事細かで、
特に最後ほうのキネマ館の場面。
一秒がどこまで延長されるのか、と。
時が止まっているような印象だった。

確かに、名作。

川端ファンに言わせれば、伊豆の踊子等々必見であるが、
「古都」を読め。と言われた。
次の散策の機会にちょっと立ち止まって見てみようと思う。



雪国

http://www.bunkooff.co.jp/product_info.php/products_id/00310813/

Nothing means 3W with empty body 

2005年11月01日(火) 23時59分
鐘と変換する為に「かね」と打った時点で「金の切れ目が縁の切れ目」と出てくるパソコンに乾杯。もとい完敗。

お前のほうが世渡りが上手だよ。

そしたら「上手の手から水が漏れる」
と変換してくれる。

人情味溢れるお言葉です。

えっと。初めまして。GOと申します。
詰まらない人生を楽しんで生きてますよ。

性格は短気かつ気長、人見知りの寂しがりや、恋愛好きの女嫌い。と
あ、男を好きな訳じゃないんで。
まぁ、そんな二面性を内に秘めて押し込んでますよ。

自分の事でいっぱいいっぱいです。

ところで、誰か見るのかな。これ。


まぁ、いっか。
見たら何か書いてくれたら。
凄い喜びますよ。

そうそう、ipod nano が欲しくて、
ブログを作った訳ですよ。

なんと不純な動機かと。

って訳で、ipod の用を済ましてきますね。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:go092
読者になる
Yapme!一覧
読者になる