RMR足もみローラーの特徴!?

August 28 [Tue], 2012, 21:41
★RMR足もみローラーの特徴

・安全である。(副作用がない)
・簡単である。
・効果が早い。(即効性がある)

子供からお年寄りまで、特に技術や体力を必要としません。
日本での普及台数はすでに百数十万台に達して海外への輸出も盛んです。

足揉みは、毎日続けることで絶大な効果が得られます。
RMR足療ローラーは、効果的に時間をかけずに揉むことができます。

毎日のセルフケア(足もみ)が大切です。
老廃物や毒素を毎日出すためにもRMR足療ローラーで血液循環を良くしましょう!

RMR足もみローラーの効果 パート2

August 26 [Sun], 2012, 8:25
RMR足もみローラーには美脚効果もあります!!

★美脚効果のメカニズム
------------------------------------------------------------------------
●反射区を刺激すると内分泌器官が活性化し、ホルモンバランスが整い、
 新陳代謝が良くなり、むくみがとれ、肌がきれになります!!

●脊柱や股関節、膝などの骨格に関連する反射区を刺激することにより、
 各関節が柔軟になり、この状態で簡単なストレッチをしたり、
 歩き方に注意することによって、容易にO脚など骨格の問題を
 解決することができます!

●消化器官を刺激することにより、便秘が解消されますので、
 便秘による下半身のむくみがとれ、無駄な脂肪が解消されます!

●排泄器官が強化されますので、むくみが解消し、
 老廃物の排出が促されますので足首などがひきしまります。

●体温が上がりますので、脂肪が燃焼しやすくなります。

●血行が良くなり、リンパの流れも良くなり、
 むくみが解消され皮下脂肪の蓄積を予防できます。
 (むくみは脂肪になります)

●血液循環が良くなり末端まで血液が流れますので、
 角質を防ぎ、柔らかな足にします。

●皮下の老廃物が取り除かれ、水虫などの皮膚病も改善され、
 感染しにくい健康な足になります。
------------------------------------------------------------------------

「健康」プラス「美脚効果」で今かなり需要が高まっているようです。


RMR足もみローラーは継続が大事!?

August 25 [Sat], 2012, 23:58
結局、継続することが一番大事です!!

足揉みは、毎日続けることで絶大な効果が得られます。

RMR足療ローラーは、効果的に時間をかけずに揉むことが
できますので毎日継続することが苦になる心配はありません。

毎日のセルフケア(足もみ)が大切です。

老廃物や毒素を毎日出すためにもRMR足療ローラーで
日々血液循環を良くしましょう!!

RMR足もみローラーの効果とは!?

August 25 [Sat], 2012, 22:27
RMR足もみローラーを使うとどんな効果が生まれるのか?

★★★ 効果 ★★★
-------------------------------------------------------------------------
●足を刺激することにより、血液循環を良くし、新陳代謝が促進されます。

●足の反射区を刺激することによって、各器官の働きが活性化され、
 正常になり、全体的に調節されます。

●ホルモンバランスを整えます。全身の緊張をほぐし、
 リラックスさせる効果があります。
-------------------------------------------------------------------------

毎日継続してRMR足もみローラーで足をケアすることが重要ですよ!!

RMR足療ローラーのご紹介!!

August 25 [Sat], 2012, 20:02
毎朝、足に刺激を与えることは、自然治癒力アップの効果が絶大です。

若石リフレクソロジーの理論に基づきオリジナル設計された
このローラーなら、第2の心臓ともいわれる足裏、
ふくらはぎはもちろん、膝裏、太腿、臀部、鼠ケイ部・・・、
全てのセルフケアが、プロの手もみ感覚で手軽に行えます。

また、安全・操作性も重視し、高性能・耐久性アップも
しっかり図られています!

テレビを観ながらでも、本を読みながらでも、
気軽に毎日続けられるこのローラーは、
健康へのパートナーとして最適ですよ!!

今なら以下のキャンペーンも実施中です!!

===========================
★プレゼントキャンペーン期間6/16〜8/31まで
★プレゼント3点セット実施中
 (RMRローラ使い方DVD、反射区図表、RMRテキストブック)
===========================