F1カナダGP決勝、マクラーレンが2戦連続で1-2フィニッシュ。アロンソ3位、可夢偉はリタイア / 2010年06月14日(月)

 F1第8戦カナダGP決勝はマクラーレンのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインで2戦連続優勝を飾った。2位はジェンソン・バトンでマクラーレンが1-2。3位にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が入った。BMWザウバーの小林可夢偉はリタイアに終わっている。

 決勝を前に予選2位のマーク・ウエーバー(レッドブル)がギヤボックス交換で7番手にドロップしたため、代わってフロントロウにはチームメイトのセバスチャン・ベッテルが着くことになった。決勝のスタートは現地時間の午後0時。心配されていた天候は前日までの曇り空がうそのように晴れ上がり絶好のレース日和となった。気温は25度、路面温度は38度、湿度は46%というコンディション。ポールのハミルトンは予選Q3で履いたスーパーソフトタイヤを装着、一方のベッテルはミディアムタイヤを装着しており、タイヤの耐久性が序盤の注目ポイントに挙げられている。

 レースは上位勢がほぼ無難なスタートをきるなか、2コーナーでエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)とフェリペ・マッサ(フェラーリ)が交錯してそれぞれポジションをダウン。マッサは緊急ピットインを行う。後方でも、後にジャンプスタートが判明したビタリー・ペトロフ(ルノー)がスタート直後にペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)を巻き込んでスピンした。
 BMWザウバーのもう一台、小林可夢偉は先の混乱をうまくかわして10番手まで順位を上げていたが、オープニングの最終コーナーでニコ・ヒュルケンベルグ(ウイリアムズ)と争った末に縁石に大きく乗り上げアウト側の壁に接触するとその先のストレートでマシンを止めた。

 序盤はハミルトンがレースをリードするが、マクラーレンやフェラーリなどスーパーソフトを履くマシンは10周もたたずにタイムが頭打ちとなり、やがてミディアムタイヤを履くレッドブル勢やロバート・クビカ(ルノー)らがペースを上げてくる。
 5周目、5番手に順位を上げていたウエーバーがバトンをかわして4番手に浮上し、7周目には先頭のハミルトン以下の4台が早くも連なる状態になってしまう。するとこの周の終わりでハミルトンとアロンソがピットイン。それぞれミディアムタイヤに交換した2台はピットアウトの攻防でアロンソが前に出た。一方、スタートからミディアムタイヤを履くレッドブル勢はウエーバーが13周目、翌周にベッテルがピット作業を行ったが、ウエーバーが引き続きミディアムタイヤを選択したのに対し、ベッテルはここでスーパーソフトを装着した。

 ほぼすべてのマシンが1回目のピットを終えた段階の順位はハミルトン、アロンソ、バトン、ベッテル、ウエーバー、クビカというオーダー。トップ争いはハミルトンが15周目の最終コーナーでアロンソをパスしている。
 その後、上位勢はほぼ1秒前後の間隔を保ってレースを進めていき、トップのハミルトンと5番手ウエーバーまではおよそ6秒。一方、6番手のクビカ以降はハミルトンからすでに10秒以上も離されトップ争いからは一歩後退するかたちとなっている。

 26周目、トップのハミルトンが2回目のピットインに向かう。するとライバル勢もほぼ同じタイミングで2回目のタイヤ交換を始めていった。上位勢では27周目に3番手バトンと4番手のベッテルが入り、バトンはチームメイトと同じく引き続きミディアムタイヤを装着。ベッテルもスーパーソフトからミディアムに戻した。2番手のアロンソは28周目に入り、こちらもタイヤをミディアムとしている。

 一方これで暫定ながらトップに立ったウエーバーはこのタイミングではピットインを行わずにそのままレースを続行。この時、上位勢ではウエーバーだけがグリップの耐久性に不安のあるスーパーソフトを残している状態だ。
 それでもウエーバーは後方を走るハミルトンとのギャップを徐々に広げると、35周目過ぎにはその差を12秒近くと意地を見せた。しかしそれ以降は逆にリードタイムを失っていき、ピットインのタイミングを逸したウエーバーは50周目に後続のハミルトンらにのみ込まれる形でようやく2回目のピットインを行った。

 レースはこれでハミルトン、アロンソ、バトンのオーダーとなり4番手にベッテルがつける。その中、トップ3と同じミディアムタイヤを履くベッテルだけはライバルから徐々に遅れだし、50周目以降はその差が5秒以上に広がる。また6番手まで順位を下げたウエーバーはピットアウトした段階でトップから15秒以上も離され、レッドブル勢はこの時点で優勝争いから脱落するかたちとなった。

 ハミルトン、アロンソ、バトンの3人に絞られた争いはハミルトンがリードを保ち終盤へ。すると56周目にバトンがアロンソをかわして2番手に浮上、これでマクラーレンは1-2態勢を築く。レースは結局ハミルトンがそのままトップでチェッカーを受け、2位バトンと共にマクラーレンが2戦連続で1-2フィニッシュ。アロンソが3位に入り、カナダはひさびさにレッドブルのいない表彰台となった。

 以下ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、クビカ、セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)、スーティルがポイントを獲得。メルセデスのシューマッハーは終盤までポイント圏内にいたものの、最終ラップでフォース・インディア勢に立て続けにオーバーテイクされ、11位でレースを終えている。

[オートスポーツweb 2010年6月14日] 6月14日5時49分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000001-rcg-moto
 
   
Posted at 14:38/ この記事のURL
<自転車>アジア杯エリート男子ケイリンで深谷知広は4位 / 2010年06月14日(月)
 ACCトラックアジアカップ2010日本ラウンドは6月14日に北海道の函館競輪場で最終日を迎え、エリート男子ケイリンで深谷知広(20=JPCA・愛知)が4位になった。

 エリート女子は石井寛子(24=スーパーKアスリートラボ)が4位、前田佳代乃(19=鹿屋体育大)が6位。ジュニア男子は伊藤裕貴(18=日本競輪学校)が優勝、木村弘(18=日本競輪学校)が2位。ジュニア女子は中村妃智(17=千葉・千葉経済大附属高)が優勝、岩田知夏(17=京都・北桑田高)が3位。

【6月14日13時55分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000002-cyc-spo
 
   
Posted at 14:36/ この記事のURL
<上海国際映画祭>常盤貴子にトンデモ質問=開幕式の爆笑記者会見 / 2010年06月14日(月)
2010年6月12日、第13回上海国際映画祭が開幕した。記者会見は決まり切った会話が繰り返されるのかと思いきや、意外にもリュック・ベッソン監督や常盤貴子さんなど著名映画関係者が記者やファンと丁々発止のやりとり。会場は爆笑に包まれた。13日、信息時報が伝えた。

リュック・ベッソン監督は新作「アデル/ファラオと復活の秘薬」をひっさげて登場した。ある記者が監督を尊敬している、作品はすべて見て強く影響を受けたと述べると、「私の映画は全作品が中国で上映されたわけじゃないんだが。驚くべきことに君は全部を見たんだね」と、海賊版ネタで記者いじり。

【その他の写真】

映画「引き出しの中のラブレター」に主演した、「日本ドラマの女王」常盤貴子さん。肩を露わにしたワンピースで登場した。健康的であり、かつセクシーさもある見事なファッションで、無数のフラッシュを浴びていた。中国語や英語でポーズを要求する声が飛び交う中、突然聞こえたのが「アニョハセヨ」との韓国語。周囲は笑いに包まれた。

さらに記者会見ではトンデモ質問も浴びせられた。日本のAV女優・蒼井そらさんのファンと思われる人物が、「あなたと蒼井そらさん、どちらの人気が高いのでしょうか?」と発言。担当の通訳が訳せずにうろたえる中、取材陣は大爆笑。観客から「蒼井そらさん」と助け船が出されると、ようやく事情が分かった常磐さんは笑いながら「彼女の人気のほうが高いんじゃないかな」と大人の回答を見せた。(翻訳・編集/KT)

【6月14日13時11分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000010-rcdc-ent
 
   
Posted at 14:35/ この記事のURL
ジョン・トラヴォルタ、一家で南アを訪問、マンデラ・チルドレン基金に寄付 / 2010年06月14日(月)
現在南アフリカに滞在中のジョン・トラヴォルタ&ケリー・プレストン夫妻が、ネルソン・マンデラ・チルドレン基金に7万ランド(約910万ドル)を寄付した。

【関連写真】この記事のほかの写真


ジョン・トラヴォルタはオーストラリアのカンタス航空のスポークスマンを務めており、W杯出場のオーストラリア・チームの応援のために夫妻は娘のエラも連れて南アフリカを訪問中。一家は同基金が支援している子供たちと面会した。

支援を受けているのはストリート・チルドレンや難民の子供たち。基金では彼らのための児童病院をヨハネスブルグに建設することを計画中だ。子供たちはトラヴォルタ一家にドラム・コンサートや詩の朗読を披露し、トラヴォルタは子供たちと一緒にダンスしたという。トラヴォルタは「子供たちのおかげで謙虚でい続けられ、地に足をつけていられるのです」と、家族で暮らす大切さを語り、ほかのスターたちに向けてマンデラ・チルドレン基金への支援を訴えた。

(text:Yuki Tominaga)

© Splash/AFLO


【関連作品情報】
パリより愛をこめて
 2010年5月15日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開
 © 2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD

【関連ニュース記事】
47歳の夫人がおめでたか? トラヴォルタ夫妻が「新しい家族が増えます」と発表
ジョナサン・リス=マイヤーズが空港で泥酔、UA機から搭乗を拒否される
杉本彩 玉置&青田は「結婚する必要はないんじゃない?」
シャンゼリゼにレッドカーペット! J・トラヴォルタが最新作パリ・プレミアに登場! 6月14日12時0分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000001-cine-movi
 
   
Posted at 14:33/ この記事のURL
売買代金トップのホンダが反発、外国人が買い戻す / 2010年06月14日(月)
 東証1部の売買代金トップはホンダ <7267> 。ホンダは「窓」を空けて急伸。4月27日の直近高値3350円から6月11日の年初来安値2572円までの下落率は23.2%に達しており、全体の地合い好転や円安から買い戻しが活発化している。

 自動車株全般に外国人から買い戻しが流入しているが、特に活発なのがホンダ。(編集担当:山田一)

【6月14日14時26分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000058-scn-biz
 
   
Posted at 14:31/ この記事のURL
和服の似合う街に 鎌倉で着物ショー / 2010年06月14日(月)
 「古都鎌倉を着物の似合う街に」と北鎌倉の建長寺で12日、着物ショー「彩りの鎌倉・美しい着物」(神奈川県鎌倉市観光協会主催、産経新聞社、フジサンケイビジネスアイなど後援)が開かれ、新緑の名刹(めいさつ)に映える和の装いが訪れた人たちを魅了した。

 建長寺應真閣の120畳の大広間にアジサイやハスをイメージした行灯(あんどん)が浮かびあがり、モデル役には現役、歴代のミス鎌倉も登場した。鎌倉市観光協会では、自然と歴史に包まれた鎌倉の魅力を知ってもらうため、今後も着物の似合う街をコンセプトにした催しを企画していくという。 6月14日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100613-00000004-fsi-bus_all
 
   
Posted at 14:30/ この記事のURL
中朝、初の映画共同制作で合意=朝鮮戦争が題材―中国メディア / 2010年06月14日(月)
2010年6月13日、在北朝鮮中国大使館ウェブサイトによると、中国人民志願軍の朝鮮戦争参戦60周年を記念して、中国と北朝鮮は初の合作映画を制作するという。中国新聞網が伝えた。

今月4日、北朝鮮の国家映画委員会の招聘を受け、中国映画プロデューサー協会の李水合(リー・シュイホー)副理事長ら4人が北朝鮮を訪問した。シナリオや協力方法などについて協議し最終的に合意、年内にも高水準かつ特色ある合作映画を制作することで合意した。

【その他の写真】

8日、劉洪才(リウ・ホンツァイ)駐北朝鮮中国大使は4人と会見、協議の進展について説明を受けた。劉大使は4人の中朝の文化交流を思う気持ちと、両国映画分野の協力推進に感謝の言葉を述べた。(翻訳・編集/KT)

【6月14日13時30分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000011-rcdc-cn
 
   
Posted at 14:28/ この記事のURL
南アの友人との再会心待ち、小2男児がW杯舞台に/川崎 / 2010年06月14日(月)
 川崎市立宮前平小学校2年の森清志郎君が19日、サッカーワールドカップ(W杯)のピッチに立つ。日本代表選手と手をつないで入場する「エスコートキッズ」に県内で唯一選ばれ、日本の1次リーグ第2戦のオランダ戦に“出場”する。決戦の地は、半年前に南アフリカに引っ越した親友と再会を約束した舞台。「夢はサッカー選手」という8歳は、共にボールをけった仲間と叫ぶ。「ガンバレ、ニッポン!」―。

 サムライブルーに染まったスタジアム。響き渡る「ニッポン」コール。目の前を駆け抜ける代表選手は、テレビで見るより何倍も大きく見えた。「すごい」。W杯前、国内最後の強化試合となった5月24日の日韓戦。0―2の惨敗にもかかわらず、少年は興奮していた。

 大のサッカー好き。2歳からボールをけり始め、幼稚園時代に地域の少年チームに所属。「ドリブルで突破して、思い切りシュートするのが楽しい」。最近はもっぱら、テレビで見たアルゼンチン代表エースのメッシ選手をまねする日々だ。

 親友の鈴木勇人君(8)ともピッチで出会った。「僕がパスしたら勇人君がシュート。一緒にゴールを狙うんだ」。息の合った“2トップ”。昨年12月、父親の仕事の関係でヨハネスブルクへ引っ越した鈴木君と交わした別れの言葉は「ワールドカップで会おうね」だった。

 2月、日本マクドナルドが6〜10歳の男女を対象にしたエスコートキッズを募集していることを知ると、即座に応募した。作文に「もし南アフリカへいけたらようちえんのときにいっしょにサッカーをした、はやとくんにあいたいです」と熱い思いをつづり、応募約1万通の中から切符をつかみ取った。

 世界各国のトップが集まるサッカーの祭典。2人にとっては、あこがれの舞台だ。「きっとすごい選手がいっぱいいると思う。楽しみで眠れない」と声を弾ませる。日本が戦うオランダは強敵だ。それでも、「韓国戦で何度も突破しようとした本田選手、ゴールを何度もしようとした森本選手」は頑張ってくれると信じている。当日は、親友と応援するつもりだ。

 もちろん、“本業”も忘れていない。「でかい大会だからちょっとドキドキするけど、選手と一緒に歩けるのはすごく楽しみ。できたら(中村)俊輔選手か本田選手か森本選手と手をつなぎたい」。緊張している選手を、堂々とエスコートしてみせる。

【6月14日14時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000005-kana-l14
 
   
Posted at 14:26/ この記事のURL
ネット情報すべて解析する技術 利用者から「使用やめろ」の大合唱 / 2010年06月14日(月)
 ネットにつなぐたびに、自分の閲覧したウェブサイトや購入した物品の情報が、知らないうちにネット接続業者(ISP)に解析される――。この「ディープ・パケット・インスペクション」(DPI)という技術を用いた広告の配信が、物議をかもしている。

 DPIが認められると、たとえ利用者本人が知られたくないような情報でも、ネット接続すればISPが把握、蓄積することになる。総務省はDPIを検討し、提言をまとめたが、利用者側からは「やめてほしい」との声があがっている。

■知られたくない情報も解析される恐れ

 「Amazon」のようなショッピングサイトを訪れると、自分で検索したわけでもないのに「あなたにおすすめの商品はこれです」と表示されることがある。代表的なものが「行動ターゲティング広告」。サイトにアクセスした利用者に、サイト側で「クッキー」という技術を使って識別番号を付ける。以後、同じ利用者がアクセスするたびに、そこで検索や購入した商品の情報を蓄積していき、それを基にして本人の好みに合った「おすすめ商品」を提示するという仕組みだ。

 これは特定のサイト上での行動履歴に限られる。一方DPIは、ネット上の利用者から伝送されるパケット(小さいデータの塊)をISPが解析、蓄積する。技術的には、閲覧したサイトや電子メールの中身などを解析することが可能だ。サイト単位ではなく、ネット通信中のさまざまな「振る舞い」を記録されるので、そこで得られた情報を言わば「ネット横断的」に広告へと応用できる。例えば、初めて訪れたサイトでも自分の「おすすめ」が表示されることも考えられる。

 だが、必ずしも見られたくない情報をISPに握られ、広告に利用されることに嫌悪感を示す人も少なくない。2ちゃんねるを見ると、

  「契約してるプロバイダがこれやったら即刻変えるわ」
  「当然のように悪用され、尚かつ情報のだだ漏れが起こるな」
  「通話先の人が録音するのと、途中で盗聴して録音するのの違い 電話において前者は合法、後者は違法」

など、DPIに反対する声で溢れた。

■「容認した事実はありません」と総務省

 総務省は、DPIを含む新しい情報通信技術に関するサービスの諸問題を検討するため、研究会を開催。2010年5月26日に「第二次提言」をまとめ、公表した。DPIについては、「今後の展開が期待される技術」としながらも、通信の秘密の保護との関連について検討。通信の秘密は憲法第21条で保護されており、電気通信事業法第4条第1項で「電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない」と規定している。提言によると、DPI技術を活用した行動ターゲティング広告の実施は、利用者の同意を得ない限りは通信の秘密の侵害に該当するという。具体的には、ISPがパケットを解析するのは、通信当事者以外の第三者が積極的意志をもって通信の秘密を知りえる状態に置く「知得」に、また解析結果を広告配信に利用するのは、発信者や受信者の意思に反して自己または他人の利益のために用いる「窃用」にあたるためだ。

 だが通信の秘密は、通信当事者の同意があれば侵害とはならない、とも書かれていた。こうなると、同意があればDPI技術を利用してよいと読み取れなくもない。総務省はDPIによる行動ターゲティング広告を容認したのだろうか。総務省消費者行政課に取材すると、「そのような事実はありません」と明確に否定した。

 同課によると、そもそも「提言」は、DPIの課題を研究会で検討した内容を整理したものに過ぎず、この段階で「容認した」という類のものではない。それを踏まえたうえで、「同意」の内容について大変厳しい解釈を示していると主張する。例えばサイト上での周知だけ、契約約款に規定を設けるだけでは「同意あり」とはみなさないという。一方で、ISPと新規契約する際の契約書に、「行動ターゲティング広告への利用を目的として、DPI技術を使って通信情報を取得することに同意する」という欄を設けた場合は、「個別かつ明確な同意」として認められるという。仮に同意した後でも、「やはりDPIの使用はやめてほしい」となれば簡単に中止を求められる「オプトアウト」の機会を提供するよう、ISPに求めるとしている。これらは、「一部の法学者から『厳しすぎる』との声があったほど」(消費者行政課)高いハードルだという。

 原口一博総務大臣は6月1日の記者会見で、「いかなる状況についても、通信の秘密が侵害されてはならない」と強調。消費者行政課でも、提言は解釈を示したもので、今後さらに慎重に検討を重ねていきたいと繰り返した。総務省へのパブリックコメントも、DPIの使用に反対する意見が多く寄せられたようで、今後も論議が続きそうだ。


■6月5日18時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000003-jct-sci
 
   
Posted at 14:24/ この記事のURL
Google、リスティングサービスの「タグ」をモバイル検索結果にも表示 / 2010年06月14日(月)
 米Googleは6月10日(現地時間)、地域事業主向けリスティングサービス「Google Places」の機能強化と新機能追加を発表した。

 広告機能「Tags」がモバイルでの検索結果にも表示されるようになった。Tagsは4月に追加された機能で、Google検索およびGoogle Mapsでの検索結果に表示される店舗のマーカーに、クーポンやメニューなどの付加情報を含めた黄色いタグを付けられるというものだ。月額25ドルで、米国全土で利用できる。

 新機能の「Posts」はタグの一種で、事業主が随時内容を更新できる。特別割引やタイムサービスなどの告知をするのに役立つとしている。【佐藤由紀子】 6月14日14時13分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000049-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 14:22/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!