ショウジョウトンボで斎藤昌人

December 21 [Wed], 2016, 21:22
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日向
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる