コントロールとパンチ

March 29 [Fri], 2013, 23:32
○コントロール
オリエンテーリングでは通過ポイントには標識が置かれている。通過ポイントのことをコントロールという。標識は、ルール上はコントロール・フラッグというが、単に「フラッグ」あるいは「ポスト」といわれることも多い。 日本では、一般的に、SILVA社・SUUNTO社・noname社の物が使われている。

コントロール・フラッグは、多くの場合正三角形を底面とした三角柱であり、側面の四角形が白・オレンジで塗り分けられ、底面は上下とも空洞になっている場合がほとんどである。材質は、強度と持ち運びのしやすさの問題から多くの場合合成繊維であるが、パーク・オリエンテーリングでは紙製の簡易的なものを用いることもある。またパーマネントコース(後述)ではコントロールが常に設置されたままのため、金属製のものが用いられている。

○パンチ
各コントロールには、フラッグに加え、競技者がそこに到達したことを証明するための器具が設置されている。コントロールに到達したことの証明方法としては、そのコントロールに設置されているパンチを記録用紙(コントロールカード、CC)に押すことが一般的である。ここでいうパンチとは、丸い穴を開けるためのものではなく、1cm角程度の範囲に数本から十数本程度の針がついており、これを押すことによって針がどのように並んでいるかを紙に記録することができる器具である。針の並び方がコントロール毎に異なるため、競技者がゴールに到着した後にコントロールカードに押された穴の形状を確認することで全コントロールを通過したかどうかが確認できる。

1990年代後半からは、コントロール通過の際の証明をパンチとCCに変わって電子的な記録装置(電子パンチ)によって行うことが一般的となる。これにより、競技大会の運営者がコントロール通過の確認や競技記録の速報が容易になるとともに、競技者の側でもコントロール間をどのようなラップタイムで通過したかといった競技内容の把握が可能になる利点がある。

また、コントロールに書かれている文字を記録用紙に書き込み、ゴールに着いた後答えあわせをするという方法が取られることもある。野外活動センターなどの常設のオリエンテーリングコース(パーマネントコース)には専用のコントロールが設置されていて、アルファベット文字の標識が掲げられている場合が多い。

参照元:Wikipedia「オリエンテーリング

[PR]利用者からの人気の高いエステサロン

ユニフォーム

March 29 [Fri], 2013, 23:31
オリエンテーリング用のユニフォームには、軽く通気性がよく、競技中に遭難した場合でも発見がしやすいようにカラフルな衣装が用いられる。 日本では、ノルウェーのTRIMTEX社製のユニフォームが圧倒的なシェアを占めていることから、ユニフォームのことは一般的にトリムと呼ぶ。海外ではO-Suitと呼ばれている。スプリントやミドルでは、陸上競技の長距離選手のようなウェア(ランニングパンツ等)で走る選手もいるが、走りやすい反面、草や木の枝で負傷する可能性は高くなると思われる。

参照元:Wikipedia「オリエンテーリング

地図の作成

March 29 [Fri], 2013, 23:31
地図の作成は、主にオリエンテーリング大会の大会実行委員会により行われ、その過程は調査と呼ばれている。 一般に調査の前に使用する土地の使用許可をとる。交渉する相手は土地の所有者により様々である。 調査は大きく分けて三段階に分けて実施される。

・0次調査 - テレインの下見。テレインが藪過ぎないか、危険なところはないかなどを調べる。
・1次調査 - 土地調査図などを原図とし、実際のテレインと照らし合わせて等高線、道などを書いてゆく。
・2次調査 - テレインの植生を調査する。植生は季節により変動するため、大会の直前に行われる。

かつては、地図調査者の調査したデータは作図者に集められ、5色(黒、茶、青、緑、黄)に分けてトレーシングフィルムに作図された。作図には、製図用のペンや市販のスクリーントーンが用いられた。作成したフィルムは印刷業者に持ち込まれ、活字を載せて印刷される。印刷用の版を作成するのに費用がかかるため、一度に多数(数千枚)の地図を印刷することが多く、地図の更新・追加印刷はあまり手軽ではなかった。

1990年代後半ごろからパソコンによる作図が普及してきた。当初は汎用の作図ソフトが用いられたが、2007年現在ではOCADという地図編集ソフトが使われることが圧倒的に多い。作成したデータは、印刷業者に持ち込んで印刷することもあるし、市販のカラープリンタで印刷されることもある。大量に印刷する場合は前者の方がコストも安く印刷も高品質であるが、多種類の地図を少数印刷する場合には後者の方が有利である。これらの技術の普及により、地図の更新・印刷は手軽なものとなっている。

参照元:Wikipedia「オリエンテーリング
P R
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gn6k8zdp/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる