生命の一部として実感する瞬間

March 28 [Mon], 2016, 10:13
一般に、地方で働くということは、田舎暮らしを連想することが多いとされている方もいるかと思います。その田舎暮らしに憧れて、都会から単身で地方に移り住むというケースもあるかと思います。変化の著しい都会暮らしから一転して、流れる時間がのどかに感じる田舎の風景に、心を癒されたいと願うようになることも珍しくないのでしょう。故に、定年退職をされた方にしても、長年の都会暮らしから地方の田舎に引っ越して余生を楽しむことがあるくらいなのです。

中には、ITの仕事の関係で移り住むようになった地方の風景に想いを馳せている方がいることも考えられます。新たな土地での風景の中で、移り住む前の自分の住んでいた見慣れた風景を回想していき、ITの業務の性質上、様々な変化の大きさに我が身を鼓舞していったなどの感慨にふけているのではないでしょうか。

そうしたことから、都会の日常そのものが、ITに対応させていくための習慣を身につけさせたと言えるのかもしれません。言い換えれば、スピードの求められるIT社会ということを、都会の変化に富んだ日常が気づかせてくれたとも言えるのかと思います。そうしたことを、地方に移り住んだからこそ考えさせられる部分として、自分の意識に深く刻みつけようとしているのを感じさせられるのです。

また、地方での伸び伸びとした環境でのIT業務は、都会での対応力と違った新たな順応力を喚起させていくのです。それは、田舎の風景が、大自然の風景を思い起こさせていくために、その大自然に身を委ねていく安心感を呼び起こしていくからなのです。
その、都会とは一味違った環境の中で働くためには、ある程度の言語スキルや柔軟性があれば叶うのでないかと思うのです。ネット上では、地域別に案件を探し出せるものもあるようですね。⇒http://javahawks.org/
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!新着
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gn4o76g4n2fwq/index1_0.rdf