そこに泊まるのはちょっと・・・ 

2005年03月15日(火) 19時51分
先日の両親通しの顔合わせで
我両親が
「結納は是非そちらに行ってやりたいですね〜」
とか言ってしまったところから
話がはじまります。

彼の実家は
家から車で朝から夕方まで走ってやっと辿り着くくらい
とぉぉぉーいのです。

私もそっちに行くことには問題は無いわけですが。
しかし。
さっき判明した、彼の両親の予定が問題なのです。

・結納は彼の家でやる(←特に問題なし)
・我々(親子3人)が彼の実家に2泊くらいする
(↑3人で同じ部屋で寝るなんて真っ平ごめんだ。
しかも2泊なんて耐えられない・・・
更にそれが彼の両親の家だなんて・・・
もう一ついえば動物アレルギーなのに猫がいるし・・・)

ちなみに言うと、
彼の両親は人付き合いが大好きな
心の広そうな人達なので
彼の両親のことがどうのっていう論点ではない。
(ここ大事なとこね)

「向こうに行くって言ったって、
宿はやっぱ取るでしょ。これっておかしいのかね?」
と彼に聞いたら

「それは都会もんの考え方だよ」
といわれてしまいました。

えー、家も片田舎なもんで都会もんではないですが
家族の関係が冷え切っているところは
都会ナイズされてるようで。

ああぁぁっぁ
どうしよ。
我両親がちゃんと
「宿は別に用意します」ってしてくれればいいのだけど。

何も口だしできないからもどかしいよ。
(結納に関しては両親達に任せるって二人で決めてしまって、
しかも宣言もしてしまったからなのでした。しまった。)

彼の両親 

2005年03月13日(日) 19時46分
1月から悩みの種となっている”結婚”の話。
梅雨明けごろには決着をつけたいわけですが
今頃まだ両親同士の顔合わせをしていなかったわけです。

我両親も先週からなにやら準備をしていたようですが。
申し訳ないが、私はなにもしておりませんでした。
というか、
はっきり言って、私にとっての結婚って
別に大きなイベントでもなく。
いちおう書類出して彼と一緒に仲良く住めれば
それでいいやみたいな。
だから
親通しの顔合わせなんて
ぶっちゃけ、親同士でつつがなくやってくれれば
それでいいという感じなのです。

とりあえず
結納と式の話まで進んだのでよかったかと。

結納は嫁入りの儀式だし 

2005年03月10日(木) 19時58分

”嫁に行く”気はない
むろん
”婿を取る”気もない

つまり、
結婚に他する定義というか
感覚の問題なのだけれど。

結納なんて今まで遭遇したことのないイベントが
あることをつい最近認識した。

なんだろうか?とネットで調べてわかったのは
結納は嫁入りの儀式だということ

それじゃ、そんなことやる必要ないね。

ってことで両親にはやる気が無いことを伝える。

母親もどうやら、私にやる気がないことを見て
「いろいろ面倒くさいし、やらなくてもいいんじゃない」
と概ね賛成をした。
ただ記念品の交換(婚約指輪の類)はやったほうがいい
とも言われたが。
(「こんな時にしか、高価なものを買ってもらえないよ〜」
だって。母らしい発想だ。私もそう思うし。)

ところが、父が
「ちゃんとけじめをつけないと」
とか言い出したわけで。
「周りの人に最近の傾向を聞いてくるから・・・
なんとかかんとか・・・」

そもそも4月には入籍するつもりだったから
結納(婚約)する必要もなかったし。
2ヵ月後には入籍しちゃうのに、あえて
婚約宣言をする必要もないでしょ。

結局、式の前に入籍することも納得してなかったから
入籍までの期間が延びて結納が必要な理由が増えてしまった
わけです。

昔の人っていうのはどうしてこうも
くだらない慣行にこだわるのでしょう。
入籍は式と一緒だとか、
結納しろとか。

もっと実利的に考えればいいのに。
この不景気な時代に無駄な金と時間を使って
誰が喜ぶっていうのかしら。


彼も私も結納に必要性は見出せなかったわけですが
この件は両親達の判断にゆだねることで
決着しました。

結局やることになるんだろうなぁ。

氏を残す意味? 

2005年03月05日(土) 19時56分
両親からまたもやおかしな発言があった。
それは・・・
1.今の私の苗字を彼が名乗れないか?
2.墓を継いてでれないか?

え〜っと
この前婿をとるつもりはないと
おっしゃっていませんでしたか??
と心の中で叫びつつ
「名前を名乗ること=婿を取ること 
だと思っているから、婿を取らない=
苗字が変わるってことだとずっと思っていた」

と返事をすると

名前=婿ではなくて、
単純に名前を残したいだけなんだそうだ。


その理論も理解しがたいが、

そもそもあんた男兄弟いるじゃないですかー
(つまり父の弟達)

彼らが名前を奥さんの苗字にして
誰も今の苗字を名乗ってないのなら
その相談もわからんでもないが・・・

両親曰く
弟達は
苗字は残しているけど、実質婿に言ったようなものだから
だそうだ。

そんなの知るかっ。

そういう理由で墓も私以外に誰も管理する人がいない
ということだ。

墓も名前も父の弟達にゆだねて
それから私に回ってくるのは当然の流れだが
彼はもうあたかもいないような扱いで
まるで私しかいないようなことを言っている両親には
はっきり言って絶望です。

外面ばかり気にする人生を送ってきたから
そうゆう大事なときに、親類と縁が繋がらないんじゃ
ないかしら?

私は絶対そうならないように気をつけようぅっと。

ちなみに、我が家は名家でも商売人でもありません・・・

指輪は必要か? 

2005年03月01日(火) 19時54分
去年のクリスマスにプレゼントを何にするか
決めあぐねていたときに彼が一言。
「 婚約指輪も兼ねて、指輪なんかどぉお?」
まあ、そんな気の利いた物をプレゼントしてくれる
気持ちがあったなんて、案外いろいろ考えていたのね♪
と、ちょっと喜んだりもしました。が。がしかし。
如何せん装飾物は苦手な上に、
婚約指輪なんて6桁くらい出さないと買えないだろうと。
私の脳内電卓が激しく動いて・・・・
チィン
結論:必要なし!!

そういうわけで一度はなしになったのでした。
もちろん結婚指輪は買うだろうしね。
(指輪なんて2つも持ってたってどうせ使う暇ないしと思ってね。
宝の持ち腐れってやつですよ。)

ところが、先日彼がいとこの結婚式から帰ってきて
「やっぱり婚約指輪は絶対買う!!」
と宣言したのでびっくり。
どうやら、彼のお姉さんにそそのかされた?
おっと人聞きが悪いこと言ってしまった。
彼のお姉さんがその式に出席した時に
婚約指輪をしているのを見て
やっぱりこうゆう時につけられるから
あったほうがいいーと思ったそうだ。

え?
ええ?
ええええぇぇぇ???
(ちょっと怒り)

でも、ここでくれるって言ってる人に
嫌だって言うのもなんだかおかしな話だし
あんまり駄々をこねると
喧嘩の原因になってしまうので
折れることにしました。

結局、指輪も人並みになるんだね・・・
人並みが嫌いなのになぁ。

お返し品どうしよぉ。
また悩みの種が増えてしまったよ。

あの大地震から 

2005年01月17日(月) 22時05分
10年。
その日は、高校の2年生でした。
神戸への修学旅行を控えた私は、
「なーんだ、異人館いけなくなっちゃった。」
とのんきなことを言っていたことを覚えています。
そう、早朝に起こったその地震の大きさを知らずに
学校に行ったのでした。

日を追うごとに伝わるその恐ろしい光景に
不安と哀しさを感じつつ
でも、心のどこかで、
”異国の出来事”のような感覚でした。

正直いえば
去年の中越大地震まで
”他人事じゃない。”
とは思えなかった。

朋のいるその地に
地震が襲ってはじめて
本当に怖いと思いました。
幸い友人たちは皆無事です。

これを機に防災グッズの準備をしようと思います。

ちなみに↓のサイトすごく参考になると思いました。

防災グッズ体験レポート

ばちがあたるぞ 

2005年01月03日(月) 11時48分
初詣で偽札を使うか・・・
”神を冒瀆する”なんて心が無いのでしょうね。
私だって、無宗教者ですが
日本人が古代から受け継いできた
すべえてのものにかみが宿る
っていう信念みたいなものは失くしてない
と思っています。

神をも畏れない人間が増えたということは
人の気持ちなど、命などなんとも思わない
恐ろしい人間がたくさんいるということと同じこと


謹賀新年 

2005年01月01日(土) 11時59分
あけましておめでとうございます

おめでたい元日から
「ぎっくり」しました。
腰を。
((((゜д゜;))))

痛いです。
まっすぐたてないです。

嗚呼、新年早々なんたることか。

今年はスポーツyearにするぞ〜と
意気込んでいましたが、
運動不足が早速露呈。

はい、がんばります

分煙という名の受動喫煙 

2004年12月21日(火) 21時26分
私はタバコがきらい
臭いがきらいというのもある
でも一番は喘息だから
ひどい時は他人の煙で胸が苦しくなる

ここのところは
たばこ嫌いに人にも優しい日本になってきたと思える。

でも、
分煙では受動喫煙を防ぐことができないことを
もっと考えてほしい

私の職場も喫煙スペース以外禁煙
しかし
簡単なパーテーションに区切られた
入り口近くの喫煙エリアからは
この時期2階の私のいるフロアまでタバコの臭いが流れてくる
煙は上にあがるのだか当然の結果

しかも寒いから換気されない
変える頃にはすっかり体中たばこくさくなっている

分煙の意味をもっと理解してほしい

空中分裂 

2004年12月18日(土) 21時42分
私が去年まで所属していた
水泳のサークルの解散が決定したそうです

ここ1年以上それぞれ不満を抱えていたのは事実で
私も不満があったから今年は退会していたわけです。

タイム至上主義&大会参加してなんぼの人と
楽しく泳ぎたい人と
仲間がほしい人と

確かにみんなのサークルに求める思いはいろいろ

それをどこまで許しあって、
そしてすこし我慢しあってやっていくのが
うまくいくこつだと思います

それをだれかが自分の信念だけを通そうとしたとき
崩壊してしまうのです

人は目に見える問題しか問題にしません

合同練習日に参加人数が減ってしまった
→やる気がない?

そんな単純な問題じゃない

誰かの言動が足を遠のかせたりもする
その逆もしかり

でもそこまでを考えようとしない
そして極論は解散

解散してしまえば簡単
でも今ま築いてきた目に見えない何かを
たくさん失ってしまったことがすごく残念です
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像juega ya
» 氏を残す意味? (2010年03月20日)
アイコン画像Alie
» 県マスターズ水泳大会 (2004年11月02日)
アイコン画像うな
» 県マスターズ水泳大会 (2004年11月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gmway
読者になる
Yapme!一覧
読者になる