世代と時代と

January 26 [Thu], 2012, 13:30
浜松情報サイトはまぞうブログからの転載日の日曜日620ごろ袋井駅3番線ホーム日も昇る前、新大阪行きハードSMの新幹線に乗るべく、JR東海道本線で浜松を目指す。
大阪で開かれる大阪府療術師会の月例会に参加するためだ。
この時期は名古屋米原間で雪が降り、減速運転を実施するため多少遅れるものだが、幸いなことに昨日は雪がなく、時間通りに到着した。
さすが日本の新幹線、ありがたいことだ。
大阪療術のHPです。
研修生募集してます。
この日集まったのは約40人。
私より年下はなく、全て年上の方達だ。
世代最年少が言うのも変だがの差を肌で感じたのは、会が終了した後だった。
終わり際、大正一桁生まれの先生と握手をする機会を得る。
確かあの会場で最年長の方だったはず。
先生若い人が増えてくれてうれしいよ。
幾つだね自分はい、25です。
先生おおお、25歳。
そうか、25か。
先生私が25歳の時は、戦争が終わった年だよ。
世代を感じる、というレベルを超えている。
どう返事をしたらいいのか分からなかった。
マトモな返事ができず、ただ最後にお疲れ様ですと、言葉に出すのがやっとだった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gmte5g8rvh
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gmte5g8rvh/index1_0.rdf