カトープレジャーグループ 主体性をもつ 

May 22 [Mon], 2017, 14:27
カトープレジャーグループの著書を読むことによって社会人としての基礎を学ぶことができます。
その中で「主体性」をもつことはとても大切ということを学びました。
最近、指示待ち人間、マニュアル人間などと言われ、周りは忙しくしていても自分には無関係、上司からの支持もないし、と指示をされるまで何もしない、指示をされたことだけをする、という人が増えていると言われています。
これはつまり主体性がないということで、他人に頼ることしかできない人だと思います。
主体性をもつには、いま自分の状況を客観的に把握することが大事で、今の自分の立場で何ができるか考えて、そして自分で責任を持って行動することだと思います。やるべきことを考えて、こうする、これをやる、と決断し行動するということです。
大それたことに聞こえるかもしれませんが、こうしたことが社会人として成長していくことだと思います。
こうした考えができるようになったのはカトープレジャーグループの著書を読んだからだと思います。